たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

鄭斗彦 元韓国国会議員の"自殺"に思う

鄭斗彦(チョン・ドゥオン)元議員が日韓問題を、「チキンゲームに進んではならないのに政界でチキンゲームにしきりに追い込もうとする人たちがいて心配」と話したのが12日のことだ。

彼の主張はたまごどんから見ても妥当なものだ。記事から引用しておく。

>鄭元議員は一部で提起されている日本製品不買運動は望ましい対応策ではないとも強調した。彼は「不買運動に反対する。反日感情やこうしたものをいま掲げる時ではない」とし、不買運動は実利的でもなく意味もないと主張した。鄭元議員は「話にならないのは韓国製品もみんな日本の機械で作り日本の設備で作る。国産品は日本を抜いたら作れない」と主張したりもした。

言っていることはその通りだ。彼は日韓の経済格差についてただ事実を言っただけなのだが、結論の決まっている韓国人には受け入れられない言説だったのだろう。16日に彼は自殺した。韓国内でどんな誹謗や脅迫があったのかは分からないが、言論の自由がない韓国社会を強く印象づける出来事だったと思う。いや待てよ、彼は本当に自殺だったのだろうか。金正男を殺した同胞の国のこともあるしな。

おっかない国です。

983100f4



トイ・ストーリー4を見た

家族三人でトイ・ストーリー4を見に行った。三連休のイベントとしては近場で手頃だし、なによりたま子が見たがっていたのだ。


toystory










この先はネタバレになるのかな。続きを読む

激動の韓国経済

日本が韓国を安保憂慮国とみなし、戦略物資であるフッ化水素の事実上の禁輸措置を行ってから、早くも2週間になろうとしている。国が傾くときはこの速度で進むものなのか。韓国の半導体工場は今月末にも停止しそうな勢いだ。

韓国もフッ化水素の横流しの事実を明らかにした。日本の経産省は激オコになったのだろう、韓国を世界最悪の安保憂慮国と指定した。いわゆる「り地域」指定だ。今の日本政府は実に頼もしい。これからどんな順番で、韓国制裁カードを切っていくんだろうか。とにかく、こんなに面白いことになろうとはねえ。

1562828512604

第14回ムラタイノベーターカップは中止だそうだ

夏の風物詩となっていたムラタイノベーターカップが、今年は中止になったそうだ。関西棋院の協力を受けて、子供たちに囲碁の楽しさを教えたイベントだっただけに、非常に残念である。できればたま子にも参加させてあげたかった。

このイベントは、村田製作所の取締役員に囲碁好きの方が居たこと、アマ本因坊を獲得した田中さんが社員に居たこと、碁のイベントに理解のある本社総務のメンバーが居たこと、その趣旨に賛同した多くのボランティア社員が居たこと、こうした要素が重なって、13回の歴史を刻むことが出来た。たまごどんは7回9回10回13回にボランティアとして参加した。こうして振り返ると、いい経験をさせてもらったように思う。

一企業が手弁当でこうした大会を続けるには、相当な幸運が必要だった。取締役員が定年を迎え、第1回大会を体当たりで企画された本社総務の女性が担当から降りた時点で、苦渋の決断を強いられる運命だったのかもしれない。たまごどんだってもう少し碁を強くなる予定だったのだが、人生は思い通りにいかないものなのだろう。欲を言えば、ムラタイノベーターカップ出身のプロ棋士を見てみたかったけどなあ。

画像は13回ムラタイノベーターカップのときの写真です。
DSC_0257

藤井猛九段がポケモンカードゲームで優勝!

2019年7月4日に行われた「ポケモンカード ミュウツーHR争奪戦」で、並居る強豪を破って藤井猛九段が優勝したという。将棋棋士が他のゲームに才能を見せることはままあることだ。羽生さんのチェス、森内九段のバックギャモンなど。碁については、碁のプロ棋士を真面目に目指した故真部一男将棋八段がいる。麻雀に至っては誰を挙げればいいのか悩むほどだ。まあ先崎九段かな。

にしてもポケモンカードとはねえ。しかも、創造派の藤井九段というのがなんとも面白い。藤井システムを無から練り上げ、角交換四間飛車や天野矢倉に工夫を凝らした藤井さんですよ。システムで竜王三連覇を果たした藤井九段ですよ。

藤井九段のポケモンカードは息子さんを師匠としているようで、2018年11月の企業対抗戦に出場してから本格的に練習しているという。参加者の横顔はここでわかる。ポケモンカードの元世界王者も参加している大会なので、甘いメンバーではなさそうだ。その中での優勝は凄い!対戦中の写真をみると、将棋の対局の雰囲気そのまんまだった。
藤井九段の息子さんと記念写真もあった。
3fc85030-s029033








「医者が教える最善の健康法」を読んだ

医者が教える最善の健康法(名取宏、内外出版社)を読み終えた。作者の肩書は内科医となっていて、NATROMさんの最新刊だ。この本は、医学的に効果があることがデータで示されている健康法について触れている。喫煙が非常に有害であること、がん検診が必ずしも効果を出さないこと、ためしてガッテン系の健康食品の効果が疑わしいことを説明している。

健康法に効果の有り無しをどうやったら言い切れるのか?その指針は疫学研究、コホート研究、ランダム化比較試験などのエビデンスだ。人類が辿り着いたこうした判断基準で、個々の健康法を判定しているのが、この本の最大の特徴だ。こうした視点は今までの健康法には無かったと思うので、ぜひ手にとってくれる人が増えるといいなと思っている。しかし、NATROMさんが印税生活でウハウハになるのもちょっと嫌かな。いかんいかん、ついたまごどんがピータンになってしまったわい。

この本でたまごどんが一番面白かった箇所は、「パラシュートに関する研究」だ。一種のパロディなのだが、エビデンスはよく考えないと何をしているのかわかなくなることを、この例は示している。

お薦めですよ。
D9OLuhAUIAE5gFc

韓国への制裁発動 その1(フッ化水素編)

G20が閉幕してから、色々な事が起こるな。日本政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミドや、半導体の製造過程で不可欠なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目の輸出規制を7月4日から強化することにした。徴用工訴訟の対抗措置だ。

==================================================
>政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」から韓国を除外する。7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。ホワイト国は安全保障上日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり、韓国は平成16年に指定された。

 輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。
===================================================

制裁内容とスケジュールはこうなっているらしい。
1.ポリイミドと高純度フッ化水素の輸出規制(7/1に詳細発表、7/4より変更)
2.ホワイト国からの除外(7/1から移行措置で8/1を目処に完全切り替え)

日本政府はG20を回答期限と考えていたようだ。仲裁委員会の設置に韓国が応じなかったので、対抗措置やむなしとの判断だろう。おそらくは韓国制裁についてG20参加国には話を通している。本日トランプ大統領が北朝鮮を電撃訪問して金正恩と米朝首脳会談を行ったのも、対抗措置について安倍総理から耳打ちされていたのかもな。アメリカはイランか北朝鮮かのどちらか一方に絞って対応したいのだろう。トランプ大統領の行動から読み解くと、アメリカの優先順位は1位がイラン、2位が北朝鮮の順番のようだ。

アメリカは北朝鮮と当面揉め事を起こさない保証を求めてイラン問題に注力できる言質をとり、北朝鮮は体制護持を求め、韓国は米朝首脳会談の仲介役ができたと喜び、日本は世界の注目を集めることなく、韓国への制裁措置を発動させることに成功した。おや?、こう書くと四ヶ国良しになってしまうな。


商業捕鯨の再開を祝う

日本の商業捕鯨が31年ぶりに再開されるそうだ。IWC脱退から関係者は大変だったろう。商業捕鯨はG20の閉幕を待っていたという。色々と気を遣わなくてはならないのね。

「鯨肉なぞ年寄りのノスタルジーだ」という声もあるそうだ。そうかいそうかい、じゃあお前は食べてくれるな。給食でクジラの竜田揚げを食べた世代のたまごどんは、鯨肉が好きなのだ。和歌山県太地町の声を探してみた。なんでも調査捕鯨では船上での血抜きが出来なかったらしく、商業捕鯨で更に美味い鯨肉が期待できるらしい。

もちろん反捕鯨団体が妨害する可能性もある。関係者の皆さん、頑張って鯨で盛り上げていきましょう。
美味しそうな鯨肉画像をつけておきます。

265728804_1

文在寅大統領と安倍首相の握手

G20で文在寅大統領と安倍首相の握手があった。時間は8秒だったそうだ。これで韓国とのG20関連行事はすべて終了したことになる。安倍総理、お疲れ様でした。

中央日報の記事を読むと、日韓首脳会談を熱望しているのがよく分かる。文在寅大統領曰く、「対話の扉は常に開いている。G20の機会を活用できるかどうかは日本にかかっている」んだそうだ。日本政府としては、徴用工問題で全く対応できていない韓国と話しても時間の無駄ということで、韓国とは公式会談も略式会談も行わない。

トランプ大統領とは2分間の首脳会談、安倍総理とは8秒間の握手。流石は外交の天才・文在寅大統領だ。コスパが良いね。
700046985HDK00046985HDK

















































握手後の硬い表情が共同通信で記事になっていました。
kyodo_kd-newspack-2019062901001518_0




長州力が引退したそうだ

長州力が6/26の後楽園ホールで引退式をした。ラストマッチは藤波らとの6人タッグマッチ。最後は真壁にフォールされたようだが、そのへんは引退式なのでどうでもいい。

長州力の事実上の引退は「ど真ん中」じゃないだろうか。大コケにコケたど真ん中で金銭トラブルを抱え、健介と絶縁する自体になった。最近はバラエティでよく見るようになったが、天龍よりは売れていないかな。

引退の10カウントなかったそうなので、復帰プランがあるのかもしれないが、もう67歳だしなあ。
Profile

たまごどん

Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ