2019年11月19日

藤井聡太七段、タイトル挑戦なるか

一時のブームは去ったようだが、藤井聡太七段は今でもすごいペースで勝ち進んでいる。今日は王将戦挑戦者決定リーグの最終戦で、藤井聡太七段と広瀬竜王との対局の勝者が渡辺明王将に挑戦することになる。他の対局は一切関係なし。非常に分かりやすい構図だ。

藤井聡太七段が挑戦者になると、屋敷九段の持つ最年少タイトル戦挑戦者の記録を破ることになる。たまごどん的には藤井さんがなかなかタイトル挑戦者にならずにヤキモキしていたのだが、やっぱり彼は持っている男なのだ。

おっと、さっきのセリフは今日の対局で彼が広瀬竜王に勝ってからにしよう。広瀬竜王も実力者だし、何といっても彼は羽生さんの通算100期タイトルに待ったをかけた、空気をあえて読まない男だからな。
876cee6da98d4bb997fa919887408fa4





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 07:30|PermalinkComments(1)将棋 

2019年11月18日

最後の七五三

先週の日曜日に近所にある大宝神社に、七五三参りに行ってきた。

たまこはもう七歳なので、最後の七五三参りになる。お爺さんとお婆さん・両親に囲まれて、たま子は満足そうだ。たま子の晴れ着姿は富山のスタジオアリスで撮影しているので、今回はお参りだけだ。

と思っていたら、奥さんがお祓いを受けたいという。うーん、5千円かあ。お祓いに科学的根拠がないことを語ると後々厄介なことになることが分かるたまごどんは、やはり空気の読める男だ。お祓いに賛成する。順番が来て、宮司さんのお祓いの祝詞を目を瞑って聞く。なんかこれだけで寝ちゃいそうなんですが。

七五三参りの後は、引越しのときに散々お世話になったお義父さんとお義母さんを招待しての料理だ。美味しい松茸料理のコースである。

予約を入れているそのお店では料理がなかなか出ず、散々に待たされ、それで松茸料理が用意されていないことを聞かされた。こりゃ駄目だ、途中で退席することにした。二度と来ないよ、こんな店。

松茸の土瓶蒸しを食べたかったんだけどなあ。

IMG_20191119_002532








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月15日

なかなかにハードな仕事です

野洲に異動して2週間ほど経過したようだが、もうバリバリの新戦力扱いだ。まあ、今の年齢でお客さん扱いされても困るわけだけど。

この仕事は、今ままでやってきた経験が全て生かされているように思える。圧電薄膜の変位量測定、振動漏れのオシロ波形、作業標準書や加工基準書の作成、ゼロ欠陥を保証できないときの納品保証、測定機のNSA評価などなど。圧電の基礎理論や統計学、英語での会話なども入れておいていいかもしれない。

今はたまごどんの力が必要とされている。とにかく頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:14|PermalinkComments(0)仕事なり 

2019年11月11日

ペイペイにはチャージしてある

日本政府がキャッシュレス化に誘導しているので、たまごどん家も急速にキャッシュレスを進めている。もちろんペイペイもその対象だ。いつでもペイペイできるように、15000円ほどチャージした。


さて、何買おうかな。
たま子のクリスマスプレゼントについても、そろそろ探りを入れてみますかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月10日

吾妻ひでおの思い出

今日は吾妻ひでおの漫画について語ることにする。彼の漫画を最初に読んだのは少年チャンピオンのふたりと五人だったかなあ。がきデカとドカベン目当てでチャンピオンを読んだだけだし、なんと言ってもまだ思春期前だ。彼のゲイの描写も尖りすぎていたので、ゲイと言えばドリフでのオチに出てくる、男が好きな男という知識しかないたまごどんには猫に小判だった。

たまごどんの漫画遍歴には常に兄貴が関係する。たまごどんが中学くらいのときに、奴がスクラップ学園やけくそ天使を買ってきた。やけくそ天使は吾妻さんもノビノビと描いていたようで、オソソとかのアダルト用語はこの漫画で覚えた。とにかく可愛い女の子が描きたい!という吾妻先生は、週刊少年誌の連載には向いていなかったんじゃないかな。吾妻ひでお先生の功罪は、日本にロリコン文化を根付かせたことだろう。蛭児神建(ひるこがみ・けん)なんて、吾妻先生の漫画がなかったら絶対知っていないもんな。

TVアニメ化されたなな子SOSは、四国の民放の少なさのためにマトモに見ることが出来なかった。瀬戸内テレビのジャミジャミ画像を恨めしく思ったものだ。SF作家の新井素子の文に吾妻ひでお先生が絵をつけた、ひでおと素子の愛の交換日記は、たまごどんの愛読書となった。

自身のアル中やうつの経験を描いた失踪日記の前になるが、彼は真っ黒なウンコが出てきたという漫画を描いている。健康不安はだいぶ前から感じていたんだと思う。吾妻先生は結局酒によって命を落とすことになった。

今はただ安らかに。合掌。
9784835455631_1L
bookoffonline_0015014084




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 09:58|PermalinkComments(0)漫画 | 訃報

2019年11月08日

金曜日の歓迎会

本日はたまごどん他三名の歓迎会だった。

感想は‥
「何処でもいいけど、もっと分かりやすい会場を選んでくれぃ!!」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:58|PermalinkComments(2)

2019年11月07日

転校生になったたま子

たま子は今週の火曜日から転校生として登校している。今のところ大きな問題もなく、クラスメイトと仲良くしているようだ。自己紹介では「富山から来ました〇〇です。」と大きな声で言えたということなので、たまごどんも一安心である。

思い返せば、たまごどんも小学2年のときに転校している。すぐに友だちが出来て、草野球(ゴムボールとプラスチックバッドを使用する)に夢中になったものだ。彼女もまあ大丈夫だろう。彼女は彼女なりの社会関係を築いていて、ゆっくりとしかし着実に、大人になるための準備を進めているのだ。

中学生の頃のたまごどんは、「都会から転校してきたミステリアスな美少女」というシチュエーションにドキドキしたものだ。たま子には頑張って、そうした美少女になってほしいと思っている。
cff4baeece83586e470c8c1e333164bb

















おまけにもう一枚。「滝沢国電パンチ!」
108600

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月06日

田代まさしvs清水健太郎

田代まさしがまたまた‥逮捕された。もちろん覚醒剤でだ。
「おやおや、もうそんな時期かのう」
「本当に、月日の経つのは早いですねえ」

田代まさしの薬物逮捕は3回目になるそうだ。

======================
田代まさしはその後、覚醒剤使用が発覚で3回逮捕されています。
風呂場を覗いた軽犯罪法違反容疑、車の運転での業務上過失傷害および道路交通法違反容疑など。
その数なんと、合計7回も逮捕歴がありました!!
======================

清水健太郎はというと、4回の薬物逮捕のようだ。あと一回が大変だよなあ。なにせ彼が塀の中で過ごす時間は長いのだから。
CaSgYCRUcAAxvf4
medium




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:19|PermalinkComments(0)社会 | 小ネタ

個人事務所にこそプロが必要

チュートリアル徳井の脱税問題は、ここの記事だけで判断すると、税理士さんと徳井だけで申告しようとした結果らしい。解せないなあ。なぜ事務員を一人雇わないのだ?

彼は事務員の雇用をケチったばかりに、莫大な損失をしてしまった。節税目的の個人事務所自体は納得できるが、三年間の無申告というのはあまりに稚拙だわ。

教訓:自分で出来ないことについては出来る方を頼ろう。
img_5db309f539548




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 01:23|PermalinkComments(0)社会 | 芸能

2019年11月04日

ラグビーに魅せられた

毎日更新を目指すと言いながら、更新サボってんじゃないよぉ〜、と自分にツッコミつつ更新します。

たまごどんもご多分に漏れず、ラグビーのニワカファンになった。ラグビーを見る機会は正月の大学選手権と花園で、それもちゃんと見ているかというとそうでもない。屈強な男が転げ回るのが面白かったので見ていたようなものだ。アドバンテージや反則の種類が多く、リスタートのルール(攻撃側に選択肢がある)も複雑なので、全部を把握できていなかった。

今回のラグビーWCは、TV中継でのルール説明が丁寧でたまごどんは良く分かった。本戦トーナメントに入る頃には、これはオフサイドだなとか、スローフォワードだなとか反則の種類が分かるようになり、ウェールズだったらここでペナルティキックではなくスクラムを選択するだろうと予想したのが的中したりして、ゲームプランを楽しむことができるようになった。

将棋や碁、麻雀のような盤上ゲームでもそうだが、やっぱりゲームプランを理解できることがブレークスルーになるようだ。将棋だと、「穴熊でゼ(絶対に詰まない状況)を作ることで、相手玉に詰めろをかけて勝とうとしているな」と理解できると、将棋が面白くなると思う。碁だと、羽根直樹九段が周辺の石を捨て石にして、中央の大模様を地にして勝ったNHK杯戦がたまごどんのブレークスルーになった。

野球もサッカーもラグビーも、個々の技量とチームとしての戦略との融合が面白いと思います。
f_12844529



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 07:00|PermalinkComments(0)スポーツ 
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives