たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

紅音ほたるが亡くなったって!?

色々な方の訃報を取り上げてきた「たまごどんが行く!」だけど、元AV女優の紅音ほたるさんの訃報にはビックリした。享年は32歳だという。なんでも喘息の発作が原因のようだ。

彼女はAV女王として君臨した売れっ子だったし、たまごどんもお世話になった。ちょっとギャルっぽいルックスがたまごどんのどストライクとはならなかったので、そこまでファンだったという女優さんでもなかったけど、彼女の潮吹きは見事なものだった。

にしても、彼女の訃報を聞くことになろうとはねえ。

2048386692_5be2a378f2

伊調馨に国民栄誉賞だったら

伊調馨に国民栄誉賞が授与されるようだ。オリンピック4連覇の実績を考えると文句も出るまい。でもな‥

伊調に国民栄誉賞なら、吉田沙保里だって十二分に資格がある。オリンピックを含めた世界大会15連覇だぞ!あの中野さんより凄いんだぞ。

長谷川町子よりは国民栄誉賞に相応しい二人です。政府関係者はぜひご一考をお願いします。

【お詫びと訂正】
吉田沙保里さんは2012年に世界大会13連覇が評価されて、国民栄誉賞を授与されていました。指摘してくれたすばるさんに感謝します。

img_0

大物カップルの誕生

お笑いの有吉弘行(42)とフリーアナの夏目三久(32)がデキ婚しそうだということだ。たまごどん夫婦は、マツコ&有吉の怒り新党を録画して視聴している。夏目アナから青山アナに交代した回も見ていたが、あの二人がデキていたとは知らなかった。

有吉はアメトークの女の子苦手芸人の回に出演したり、自分のドMをネタにしたり、かと思うとロンドンハーツではモデル女性に言い寄られたりと、色恋では色々と苦労していたようだ。一方の夏目さんは生粋のお嬢様らしい。年の差こそ有吉が10歳上だが、おそらく気分は姉さん女房なんだろう。

マツコは知っていたんだろうなあ。一体どういうタイミングで二人が仕事仲間から恋愛対象へと変わったんだろ?
20120626_bigdaddy_10


安倍マリオ 見参!

リオ五輪の閉会式で、東京五輪PRチームが魅せてくれた。日本の誇るソフトパワー、すなわちキャプテン翼、パックマン、ドラえもん、ハローキティ、スーパーマリオが登場したのだ。安倍総理がマリオになり、リオの会場に登場するという徹底ぶり。政府関係者にも知恵者はいるんだなあ。

いずれ動画は消えるだろうから、画像で残すことにしよう。
Cqbl4TZWIAAqt0f

たんぽぽさんに答える その1

いやあ、最近のコメント欄の賑やかさは半端ないですなあ。私が夢見たジャジー&あやめのJA砲も実現しました。もう少ししたら彼らのシングルマッチも実現しそうな勢いです。まあ、生暖かく見守ることにしましょう。

たんぽぽさんのブログに書いてもアレですので、ここに書くことにしますね。直接にはここの返答の形をとります。

>たまごどんは次つぎとべつのやりつくされた話題を持ち出すので、
>いつになったら終わりにするかと思っていましたよ。
> 「ロードアイランドの売買春研究」の記事を、
> 『九段新報』のかたが反証したら、フェードアウトしたみたいです。

議論はこう進みました。(「た」はたまごどん、「ぽ」はたんぽぽさん)

(た)オランダ式売買春システムはどう考えていますか。
(ぽ)オランダも売買春は「必要悪」「なくすにこしたことはない」という考えが基本原則だと思うのですよ。あえて合法化したのは、そのほうが行政の眼が届くことで深刻な触法行為がかえって防げて「よりまし」で「基本原則」に近づけるからだと思います。
(た)これが分かっているのに、反対する意味が私には分かりません。女を買う男を法律で規制すると、売買春は闇に潜みます。
(ぽ)スウェーデンでは効果が上がっているそうですよ、「買う男」の摘発。
(た)‥スウェーデンの性犯罪率は高いようですが‥ 
(ぽ)強姦の定義の違いや、暗数効果をご存じない?
(た)それらを考慮しても、日本はスウェーデンよりも性犯罪率が低いようですが‥。

色々あって
(た)ポルノなどで性欲が解消されれば性犯罪は減ります。
(ぽ)それは疑似相関であり、経済が好転したことで性犯罪が減少しただけです。
(た)‥オイルショックでも性犯罪率に影響を与えていませんが。それとアメリカのポルノ流通数と性犯罪率は見事に負の相関を示していますけど
(ぽ)疑似相関です!
(た)では、経済状況の変化が少ない中でのロードアイランド州の事例はどう解釈されますか?
(ぽ)九段新報の方が反証しています。
(た)‥そこには、『私にはよく分からない』としか書いていませんけど。
(ぽ)私は九段氏よりももっと素人です!

ま〜〜〜た、印象操作って言われるんでしょうなあ。

惚れてまうやろ!

水谷ィイイ〜〜!!!
rio1608120044-p6

帰省の長旅

たまごどん家族は、じいちゃん達とばあちゃん達に会いに行く。まずは滋賀、それから愛媛だ。うーむ。大変だよ、これは。

9月4日に試験があるので、その勉強もしなくちゃならない。おじいさん、おばあさん。孫娘の相手をお願いします。
m(_ _)m

ジャジーさん、放射線について語る

ジャジーさんが活動期に入られたようです。ここで熱く語りましょう!
以下は、そして彼は伝説の男へから引用します。

*******************************************************
「当時のペンシルバニア州衛生局長ゴードン・マクレウド医師は、事故(スリーマイル島原発事故−引用者注)の9ケ月前に甲状腺機能低下が認められた新生児は9人だったのが、事故9ケ月後に20人に増えていたことを突き止めた。

マクレウド医師がこのデータをもとに、スリーマイル島原発事故との因果関係を示す研究をしたいと申し出ると、政府は要請を却下しただけでなく、彼を半年で解雇した。

ブライアン(ノースカロライナ州在住のブライアン・リー弁護士−引用者注)は吐き捨てるように言った。
『原子力に関する不正確な情報が流布され、風評被害が起きるのを防止するためだというんです。おかしいですよ。風評被害を起こしたくないなら、政府が正確な情報を提供するべきだ。『原子力は安全』と国や電力会社が言ってきたことが、何よりの不正確な情報だった。真実を言わず、情報を隠すから、本来不必要な風評まで生まれてしまうのです』」

「ブライアンは、さらにこう続けた。
『日本政府はICRP(国際放射線防護委員会)勧告の許容放射線数値を参照しているようですが、被爆国の政府のやり方としては首をかしげざるを得ません。ICRPの数値は、ネバダなど過去の核実験の測定値に基づいて、広島、長崎の放射線量を推定した値を広島、長崎で集めた発病データに当てはめて計算したものだからです。日本はむしろ、マンクーゾ報告を基準にするべきです』

マンクーゾ報告とは、低線量放射線が人間の体に与える影響を疫学的に証明した世界初の研究だ。経済学者の内橋克人(うちはし・かつと)氏の著書『原発への警鐘』の中にも、マンクーゾ博士へのインタビューが掲載されている。

同博士はアメリカのハンフォード原子力施設で働いていた2万4939名の労働者の29年間にわたるデータを分析し、がんや白血病による死者や、肺、骨髄、咽頭(いんとう)などに与える影響のレベルを調査した。その結果、原発労働者は一般労働者よりもがんになる危険性が数十倍も高いことが科学的事実として明らかにされたのだった。

だが、この結果は高く評価されたものの、委託元の原子力委員会の怒りにふれた。アメリカ政府は、ただちにマンクーゾ博士を"危険人物"リストに記載、博士の研究結果および研究費は、全て没収された。」

(堤未果(つつみ・みか)「政府は必ず嘘をつく 増補版」角川新書、2016年)

ICRPの数値については、たんぽぽさんも取り上げていたけれど(私はしっかりと覚えている)、

http://taraxacum.seesaa.net/article/400005512.html

なるほど、資料の放射線量は推定(おそらくこの値だろう、という話)に過ぎないのだなぁ。

**********************************************************

私の回答(そして彼は伝説の男へのコメント6)を、コメント1に転載します。

そして彼は伝説の男へ

イチローがアメリカ通算3000本安打を達成した。
IchiroSuzuki20160112dd6375df-s5877ab2d




















































おめでとう!イチローと同時代に生きていることに感謝します。

公園での蝉とり

昨日はたま子と蝉とりをした。ターゲットは近所の公園でミィミィと鳴いているアブラゼミだ。蝉を捕まえても面白いものではないが、教育的効果を狙っている。たま子は虫が怖いので、慣れてもらうことも目的の一つだ。

公園に着くと、蝉は木のかなり高い所で鳴いていて、捕まえたのは2匹だけだった。どちらも雌だ。虫かごで暴れまわる蝉に、たま子はマジでビビっている。捕まえたときには「ママに見せる!」といっていたけど、もう半泣きだ。家に持って帰っても奥さんが嫌がるだけなのは明らかだったので、蝉をリリースすることをたま子に提案すると、たま子も大賛成だ。まあ、こんなもんだろ。

教育的効果はあったかな。

090906abura309

Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ