たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

本四連絡橋は経済効果だけではない

少し前にJR四国の唯一の黒字路線は瀬戸大橋線のみというニュースを見た。たまごどんの地元は予讃線(高松〜松山)で、おそらくここがJR四国のドル箱なんだろうと思っていたが、予讃線ですら赤字なんだそうだ。うーむ、JRとしては、JR北海道の次に経営が危機的な状況なのかもしれないな。

瀬戸大橋が開通したのは1988年で、たまごどんが高校生の時だ。開通から1年後に、瀬戸大橋線の利用者数が思ったほど伸びてないという検証ニュースを見たことがある。その頃のたまごどんはマスコミを信頼していたので、世紀の大事業だった瀬戸大橋の経済効果は少ないのだと信じ込んでいた。後知恵で考えると、四国を訪れる動機がある人の多くはビジネスマンなのだから、瀬戸大橋線がドル箱になるのはむしろ当然だ。なにせ本州にはビジネスマンが多い。

明石海峡大橋は自動車専用の橋で鉄道は通っていないが、当初の計画通りに高知まで鉄道を通していたらどうなっただろうか。徳島は今以上に近畿経済圏に取り込まれていただろうし、急ピッチで進んでいる高知の過疎化に歯止めがかかっていたかもしれない。

鉄道も橋も社会インフラであり、万が一のときのライフラインでもある。もし阪神大震災のときに明石-鳴門ルートが開通していたら、初動活動も変わっただろうし、支援物資の受け渡しもスムーズになっただろう。国が行う公共投資を正当に評価するには、何十年もの時が必要なケースもあるようである。

最初のニュースを読んだときに、たまごどんは民主党の事業仕分けを思い、阪神大震災における社会党の不手際(彼らは神戸への自衛隊派遣を最後まで渋った)を思った。今度のGWでは久しぶりに瀬戸大橋を使って帰ろうかと思っている。鷲羽山ハイランドでたま子を遊ばせるつもりだ。はたしてどんな反応をするかな。
25426013218



嵐の前の北朝鮮

6月に行われる予定の米朝首脳会談が決まってからは、東アジア地域は静寂を取り戻している。リビアの例を見ても、アメリカは本気で北朝鮮から核を奪い取るつもりだし、その目的のためなら戦争も辞さずという構えだ。北朝鮮が核放棄という条件を呑むかは流動的で、米朝首脳会談が本当に開かれるのかも分からない。



まだモリカケやってんの?!、ふ〜〜う。

明日はドラえもん展に行くのだ

たまごどんは仕事でクタクタになっている。けれど、家族サービスも大事なのだ。という訳で、明日は高岡市美術館で行われているドラえもん展に行くつもりだ。

「たま子をダシにして、大人が楽しむ」を狙っているけれど、さてどうなることか。
header_keyvisual

ハリルホジッチの解任に思う

ハリルホジッチ監督が解任された。この解任を是とするか否とするかと言われると、たまごどんは是とするものだ。サッカー界の近藤昭仁監督に続けてほしいと思う人は居ないでしょ。後任の西野朗監督は、ハリルホジッチの技術委員長を務めていた方だが、記事によるとこんな扱われ方だったらしい。

==========================================
当時は西野朗氏(63)が技術委員長を務め、監督人事に関わる技術委員会では試合が終わるごとに分析リポートを作り、ハリル監督に渡していた。だが、1日何試合も欧州リーグをチェックし、常に世界標準を知ると胸を張る指揮官は、リポートには目を通さず自分の分析力に頼るばかり。当然、技術委員会からの信用は失った。

技術委員会もエキセントリックな性格のハリル監督との距離感をつかめず、サポートは後手に回った。ある技術委員は、「(技術委員長だった)西野さんが監督と積極的にコミュニケーションを取るようになったのは、昨年の中頃だった。監督にも問題があるが、もう少し日本人の性格を教え、助言をしても良かった」と明かした。協会、選手とハリル監督の溝は深まった。修復は難しく、電撃解任へとつながった。
==========================================

たまごどんもブルガリア人上司で苦労したが、「全部オレがやる」っていう人間のサポートをするってのは大変なんだ。何かやらかすまで突っ走るし、軌道修正しようとする声は邪魔なだけ。起きたトラブルは全て馬鹿なサポートのせい。これではやってられませんよ。

ワールドカップまであと2ヶ月か。西野監督に苦言すると、目標を予選突破としたのはいただけない。「日本チームはベスト8の潜在能力がある。それを引き出すことが私の仕事だ」くらいはブチ上げて頂かないと。
20180410-OYT8I50041-N

朴槿恵元大統領の判決は懲役24年

朴槿恵元大統領に対してソウル中央地裁は、懲役24年、罰金180億ウォン(約18億円)を言い渡した。。ちなみに、1億ウォン以上の収賄なら無期まであるらしい。

この判決はTV放映されていた。要するに見世物だ。見ろよ、大統領と威張っていた奴が実刑判決だぜ。サイコーだろ?TVカメラを避けるためか、1審判決に朴槿恵は出ていない。

「憲法秩序を乱した点で、罪質は極めて重く、大統領の地位を利用して莫大な不正蓄財をしたことについては(…)、法廷最高刑を言い渡さざるを得ない」ということのようだ。不正蓄財ねえ。たまごどんが考える朴槿恵の悪事は、税金で諸国漫遊して各国首脳と会談しては「日本が悪いニダ!」と言い続けた朴槿恵のなんじゃそりゃ外交だと思うけどな。

判決と同じタイミングで、セウォル号海難事故に対する海洋警察の交信記録の分析記事が出ていた。この記事は、朴槿恵に同情的な右派勢力による不当判決という声に、現政権の左派勢力がセウォル号事件を持ち出してきたということのように思える。朴槿恵への怒りと憎しみを忘れるなということだ。たまごどんは大統領が座礁した船の救助を指揮する必要はないと思うが、セウォル号事件は空白の7時間を含めて、朴槿恵元大統領の攻撃材料となっている。

こうして、元大統領へのリンチ劇は終わった。ありがとう朴槿恵元大統領。貴方の活躍のお蔭で、日本人は韓国人が主張する反日の正体を知ることが出来ました。
post_19300_06

横浜なう

夜行バスの待ち時間に崎陽軒に寄る。

昼に食べすぎているので、シュウマイだけオーダーしました。

DSC_0154

高畑勲監督が亡くなった

火垂るの墓で知られる高畑勲監督が亡くなった。享年は82歳。

たまごどんにとって高畑監督の傑作は、TVシリーズのじゃりン子チエだ。この作品は原作の味を守りつつ、原作を超えたアニメ表現もある傑作だ。ネイティブ大阪弁を使う声優陣、特にチエ役の中山千夏がいいんだなあ。余談だが、たまごどんが選ぶ歴代漫画1位がじゃりン子チエである。

高畑監督といえば火垂るの墓だろうが、どうもこの映画は暗くてあまり好きになれない。戦争を描いたアニメだから仕方ないけど。かといってホーホケキョとなりの山田くんをヒット作と表現するのもどうかと思う。彼は遅筆で有名で、かぐや姫の物語で3年以上かけていて、公開予定が半年ずれ込んだ。宮崎監督とタッグを組んだおもいでぽろぽろもなあ、これとて面白い作品とはいえないだろう。いわんや平成狸合戦ぽんぽこにおいておや。

あれ?なんか故人をけなしているようになってきた。高畑監督は芸術家肌で、その当たり外れが大きい監督だったように思う。予算管理もルーズな人だったが、柳川堀割物語での莫大な制作費の工面のためにスタジオジブリは立ち上がることになった。高畑監督はそうした影の功績が大きいのかもしれないな。

故人に合掌。
155963c5e977176dc971e069eacc3df03ee14takahata_isao_fixw_234

プチ独身の夜

奥さんとたま子は滋賀の実家で羽根を伸ばしている。土曜日に帰ってくることになっているが、たまごどんは金曜日の夜行バスで、静岡県三島市にある遺伝研に行くことになっている。家族が再会するのは月曜日だ。というわけで、たまごどんは久しぶりに独身の夜を満喫している。

でも大したことをしている訳ではない。野球を見たり、新日本プロレスを見たり、ウィスキーをかっくらって寝落ちし夜中の3時半に起きたりというアレだ。独身の頃は当たり前で、けれども結婚して子供がいるととたんに出来なくなる生活というのは確かにある。まあこうしたことも、結婚してみないと分からなかったことだ。

たま子と奥さんがが居ない部屋は静かなものだ。たま子のままごとに付き合わなくて済んだら、オイラは勉強出来るのになあと夢想したこともあったが、いざその状況に直面したら、技術書なんぞに触りもしねえ。たま子よ、正直すまんかった。ダメなパパを許してくんろ。



洒落で受けてみようかな
17papatest

人形を買い占めろ!

中原淳一氏のデザイン画を元に作られ、京都高島屋で100体限定で販売された人形が、一人の男性客によって買い占められたという。男はサクラを雇って50人分の整理券を確保し、「私がその人の分を払います」と申し出ることで、一人2体という制限をかいくぐったようだ。実に1200万円の投資である。

どうやら転売が目的らしく、3割程度上乗せされた値段でネットに出品されているそうな。やり方がせこいとは思うけど、これって現場で対応できなかったかなあ。もっとも、現実には難しい気もするし。うーむ。

倉庫さえあれば手堅い投資と言えるかもしれないが、こういうものは売り抜けるかどうかが勝負だろうし。
th

見頃の桜

たまごどん一家は歩いて松川の公園まで歩いた。松川は富山市でも桜の名所として知られている。桜は八分咲きといったところだ。

気が向いたら追記+写真upします。

Profile

たまごどん

Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ