たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

イケメンの佐々木勇気五段

藤井四段の30連勝を阻止したのが、佐々木勇気五段である。現在23歳だが、プロ入りしたのは16歳だから、もう7年目になるのか。順位戦はC級1組である。2016年度は最多対局賞を受賞した。対局が多いということは、トーナメントで出来るだけ勝ち続けること、番勝負を戦うことが重要であるので、佐々木五段の実力も相当なものだ。最近は横歩取り6八玉という戦型で脚光を浴びた。通常の横歩取りでは角交換後の2七角に備えて5八玉とするのだが、2七角を先手で打たれて馬を本当に生還させないのだろうか。

佐々木勇気さんは将棋界でも有数のイケメンで、よく和服を着ることから和服王子と言われているそうだ。そういえば今期NHK杯でも和服で挑んでいたなあ。女性ファンの胸キュンキュンがいっぱい詰まったブログもなかなか読ませてくれた。たまごどんは中村太地六段推しだけど。

棋士は難しい局面になると眼光が鋭くなる。羽生さんだって、若いときにはついつい相手を睨みつけていたのだ。棋士の怖い顔は真剣に読んでいる証なので、女性ファンも大目に見てやって下さい。往年の米長名誉棋聖の眼光もかっこよかったんよ。

おそらく日本のどこかで、腐女子たちはこんな妄想を繰り広げているのだろう。藤井少年に格の違いを見せつけた和服の佐々木勇気五段が、「藤井‥まだ俺には勝てないよな。」と言いながら、藤井少年のネクタイを掴み‥(BL妄想が暴発中)。やっぱり佐々木さんは棋風通り攻めなんだろう。

s_y1

都民ファーストの圧勝は想定外

東京都議会選で自民が惨敗し、都民ファーストが圧勝した。たまごどんの読みは自民が45議席以上を確保するだろう、都民ファーストは民進党の議席+αくらいの勝利と考えていたので、この結果に驚いてしまった。どうやら都民は、豊洲問題が長期化した原因が小池都知事の失政とは考えていないようなのだ。

豊洲問題の解決が遅れに遅れ、1日700万とされている豊洲の維持費を無駄に払っている。 国政での支持率ダウン要素(共謀罪の成立と加計学園・森友学園の疑惑)を考えても、自民の大敗には至らずというのがたまごどんの読みだった。

しかし、こうして都議会選で圧勝したということは、豊洲問題で小池知事が上手く立ち回ったということになるのかね?オイラはそういう風に思えないんだけどなあ。
3dfc531bc868123e51cd22fe0dbd863b20170622164048462
tyo-met-election



加藤一二三という男、ありけり

今、NHKで放映されている加藤一二三という男、ありけりを見ている。やっぱり面白い先生だなあ。ひふみんがクリスチャンになったのが昭和46年ということは今回はじめて知った。

ひふみんの引退については、ここここで書いています。

2017062900015_1



明日はボーナスだ

賞与が出たら、美味しいものでも食べましょうかね。
kyuryou_bonus

思い出せないキックオフのストーリー

大昔のジャンプにキックオフ(ちば拓)という漫画が連載されていて、たまごどんも何度かは呼んだ記憶があるのだ。しかしストーリーは、全く、これっぽっちも覚えてないんだなあ。

両思いの主人公とヒロインが見つめ合うシーンしかたまごどんの記憶にない。このシーンは、江口寿史のギャグ漫画でもパロディにされていた。「編集者にキックオフ」「猫にキックオフ」「消しゴムにキックオフ」もちろん背景にはハートマークが乱れ飛んでいた。

まあ、古本屋でキックオフを見つけたとしたら、それはそれで困るのだけれども。
kikkuohu

藤井四段が29連勝

藤井聡太四段が竜王戦本戦トーナメントで増田四段を破り、29連勝を達成した。この勝ち方がまあ強い。5三桂と6五桂という重い形をキレイに捌いて、万全の態勢で寄り切った。

たまごどんも藤井四段の扇子が欲しいなあ。彼、年内にタイトルを獲りそうなんだよなあ。

20170525-OHT1I50124-T

永射が亡くなった

最近は訃報が続く。「たまごどんが行く!」でも取り上げた元プロ野球選手の永射保が亡くなった。享年63才。死因はガンだという。左殺しの永射についてはここで取り上げている。

飲み屋のオヤジだった永射に、NHKの球辞苑という番組が取材に来た。テーマは「左殺し」。そりゃ永射に取材しなくちゃ嘘ってもんだろう。くっそー、番組を見たかったな。
番組の様子はここで分かる。左殺しの異名は伊達ではなく、体の上下連動を軸としたローリング技術によって打者のタイミングを狂わしていたそうだ。ローリング技術の中には、足の着地点をカモフラージュするテクニックも含まれるそうな。「ソレイタのときはど真ん中の真っ直ぐでいい」という永射の発言に、たまごどんはプロ根性を感じるね。
故人に合掌。


たまごどんが行く!で訃報が続く理由は、たまごどんがそうした年代になったということだろう。現役当時を知っていて、思い入れのある選手が亡くなる時期なのだ。それだけオジさんになったということだな。たまごどんの出来る範囲で、彼らの凄さを少しでも伝えていけたらと思っている。
89aeb0cc-s



ミスター・ポーゴの死

ミスター・ポーゴこと関川哲夫が亡くなったという。享年66才。死因は腰の手術の際に血圧が低下し、脳梗塞を発症したことによる。

ミスター・ポーゴの試合をたまごどんが見たのは、週刊プロレスが主催した東京ドームでの夢の架け橋だった。当時のプロレス団体が1試合ずつ自分の持っている最高のカードを提供するという形式で、まさにオールスターだった。ターザン山本が週プロ編集長として全盛期だった頃の話だ。カードを記しておこう。

****************************************************
1995.04.02
『夢の架け橋』

1.JWP女子プロレス「プロレスの神様ありがとう」8人タッグマッチ
○関西、福岡、C.奥津、能智(ダイハード関西、17:29)尾崎、C.鈴木、矢樹、D.雅美●

2.LLPW「レディース・アルティメット・ファイト」
○神取忍(三角絞め、1:12)ハーレー斉藤●
※レフェリー角田信朗、準VTルール

3.全日本女子プロレス「全女GREATEST4★プレミアム」
○アジャ・コング、井上京子(体固め、17:40)ブリザードYuki、豊田真奈美●
※北斗晶試合後に乱入。

4.剛軍団「エイリアン・デスマッチ」
○剛竜馬(片エビ固め、15:11)宇宙魔神シルバー勝

5.IWA JAPAN
「バーブワイヤーボード・スーパースクランブル・バンクハウス6人タッグデスマッチ」
○中牧昭二、T.ファンク、L.フェイス (横入り式エビ固め、18:28)C.ジャック、ヘッドハンターA、B●

6.パンクラス「シングルマッチ」
○鈴木みのる(ヒールホールド、1:50)C.デヴィーバー●

7.藤原組「藤原組ライバル対決」
○石川雄規、藤原喜明(三角絞め、16:30)ドン・荒川、カール・グレコ●

8.みちのくプロレス「みちのく・ザ・ベスト'95」
○S.デルフィン、愚乱・浪花、T.みちのく (デルフィン・クラッチ、22:25)G.サスケ、SATO、獅龍●

9.リングス「クリス・ドールマン日本引退試合第1弾」
○前田日明(ヒールホールド、5:26)クリス・ドールマン●

10.UWFインターナショナル「スペシャル・シックスメン・バウト」
○高田、垣原、B.スコット (腕ひしぎ逆十字固め、15:17)G.オブライト、山崎、J.ライディック●

*大木金太郎引退セレモニー

11.FMW「忍邪憧夢絵巻〜究極邪道対決・最終章」
ノーロープ有刺鉄線電流爆破マッチ
○グレート・ニタ(体固め、13:59)ポーゴ大王●

12.全日本プロレス「4・2ドーム特別試合」
△三沢、小橋健、S.ハンセン(時間切れ引き分け)川田、田上、J.エース△

13.新日本プロレス「NEW JAPAN CLIMAX」
○橋本(体固め、15:56)蝶野●
****************************************************

たまごどんがこの時の東京ドーム興行で覚えていることは、剛竜馬に対する6万人のバカコール、前田の登場でドームが縦揺れしたこと、大木金太郎の引退セレモニーで隣の若い男性が「キム・イルー!」と何度も叫んだこと、全日が完全に新日のメインを食ったことだ。ちょっと話がそれたな。FMWの試合にフォーカスしよう。

たまごどんはFMWの電流爆破を見たことがなかったので、夢の架け橋でのこの試合を楽しみにしていた。大仁田の相手はポーゴだから、電流爆破を盛大に決めてくれるだろう。ところが、爆破は実にショボかった。後で分かったことだが、消防法の関係で電流爆破の規模が大幅に縮小されたそうだ。だったらポーゴの盛大な火炎噴射を期待するところだが、それも同じく消防法でダメだったらしい。試合は、鎖鎌を構えたポーゴと、グレート・ニタに扮した膝の悪い大仁田とが、ドームの一角でショボく絡み合うという、なんともマヌケなものだった。まあいい、次は全日四天王プロレスだ。お前ら邪魔だから早くどけ。

ところがよぉ、ポーゴは帰ったというのに大仁田がリングに居座るんだよぉ。バカ、お前が掃けなきゃ三沢や小橋や川田が出てこれないじゃないか。会場のアチコチで自然発生するブーイング。三沢三沢三沢三沢ヮアア〜〜!川田川田川田川田ダァアアア〜〜!!それでも居座る大仁田。マイクを持って絞り出したのが「邪道見参」。死ね。

実はポーゴの試合は多分これしか見ていない。彼の情報は当時隅から隅まで読み尽くした週プロから得たものだ。彼の経歴を読むと、真の放浪ってのが分かるな。なおポーゴの由来は、先輩レスラーのグレート東郷にあやかったミスター・トーゴーの誤記からなんだそうだ。彼はW★ING(これでウィングと読む)やその後継のW★INGプロモーションに所属して、デスマッチ路線に自分の道を見出した。彼の話には金の話がわんさか出て来るが、プエルトリコで生き抜いてきたレスラーなんだから当然かも知れない。大仁田とは金で結ばれ、金が原因で去っていった。

ミスター・ポーゴと友達にはなりたくないが、傍で見ている分には面白い。ある意味、プロレスラーらしい生き様だったのかねえ。ミスター・ポーゴに合掌。

f7388fb261d5ab8ccdf275efb434c604-233x300

小林麻央さん、お疲れ様でした

ウチの奥さんは泣いたそうです。よく頑張りました。
kobayashimao-tanin

睡眠負債を返済します

藤井四段が28連勝したニュースが大きく報じられているが、彼の勝負将棋はここからだ。竜王戦決勝トーナメントと棋王戦決勝トーナメントがあるからね。

たまごどん夫婦は、NHKで放送された睡眠負債が危ないを見て、今までの睡眠を改善しようと考えている。最近のたまごどんは日中に強い眠気を感じるのだ。しかし睡眠負債の考え方によると、眠気を感じなくても睡眠が不足しているらしく、ガンやアルツハイマー病の発病率が上がるので健康によくなく、脳のパフォーマンス自体も大きく低下するという。結局、水木しげる先生は正しかったということだな。

昨日は11:00にベッドに入った。今から寝ます。1ヶ月後に睡眠負債が完済されていればいいのだけど。
a757cd22c492ed04421f03d61ada3dea/>
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ