たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

藤井四段の才能

加古川青流戦の都成竜馬四段と藤井聡太四段の一戦を紹介しよう。都成竜馬四段は、えちぜんピョンも認める若手有望株のイケメン棋士だ。今期の成績は5勝2敗。特筆することはその2敗がいずれも藤井四段によるものだってことだ。藤井四段と早くも三度目の対戦になる。もう負けられないよね。都成四段が先番である。

ゴキゲン中飛車から陣形を厚くし、藤井四段の玉が3筋で漂っていると思われた89手目の局面を示す。藤井四段の次の一手は相当に見えない。
都成四段vs藤井四段(1)










ここで藤井四段が指した手は△1五歩!端攻めなのだ。このタイミングなら入るということか。確かに先手玉の弱点は端だが、むき出しの自玉なのだ。突き捨てが入ったのを確認してから、4ニ玉と落ちる。
89手目から△1五歩▲同歩△4ニ玉▲3四歩と進行したのがこの図。ここでたまごどんにとって驚愕の手が出る。
都成四段vs藤井四段(2)










藤井さんは△7ニ飛と指した!この手が何故凄いかというと、▲6一銀が激痛に見えるのだ。どこに飛車が逃げても▲2四角で生きた心地がしない。先手は金銀四枚に守られた要塞だ。飛車を横に逃げて凌ぐのかな‥
以下は▲6一銀△7六飛!▲2四角△4一玉▲3三歩成と進む。飛車は縦に使うのか!藤井さんの凄みは、この玉形で凌げていると見切っていることだ。7ニ飛の段階、いやもっと前の局面でここまで見切り、指せると判断する。これは強すぎでしょう!!

勝又六段と藤森五段の解説で、歴史に残るだろうやり取りがあった。
>勝又六段が「(都成四段の)何が悪かったの?」と問いかけると、藤森五段は「相手です」と答えた。

この勝利は、若かりし羽生さんの順位戦での必至逃れを彷彿とさせるなあ。大駒を王手で配置して3ニ歩で詰みを逃れた名局である。とにかく藤井さんの才能は本物だ。こりゃなんとしても藤井四段扇子を手に入れなくては!

都成竜馬四段は新人王戦で優勝している実力派イケメン棋士だ。27歳で独身です。
都成竜馬四段

谷庵さん、安らかに

7月6日に谷庵さんが亡くなったという。覚悟はしていたが、ショックだ。彼のブログ更新が滞っていたので心配していたのだが‥。どこかのタイミングでお見舞いに行くべきではなかったかとも思う。

>死の二日ほど前自分の人生を総括するように「俺の人生はハッピーだった。みんなと一緒にいられて。」と申しました。

彼は最後まで立派だった。医学のみならず進化論や疑似科学にも造詣が深く、たまごどんもネット上で色々と教えて頂いたが、彼の一番大事な教えは人間のあるべき姿、本質的な強さだったかもしれない。

故人に合掌。

アベサダとレオ

路上で7千万円奪おうとした疑い、指名手配の2人逮捕というニュースに、たまごどんのアンテナは反応した。自首したのが新居浜警察署ということなので、たまごどんの実家の近くまで来ていたことになる。

犯人は二人組で、一人が阿部貞(ただし)、もう一人が仙波烈王(れお)である。うーむ、二人とも絶対に犯罪をやっちゃダメな名前だと思うのだがな。出頭した仙波容疑者は「これ以上、テレビに出されたくなかった」と話しているという。このコメントからは、DQNネームを持つ人間にしか分からない闇を感じますなあ。

阿部姓を持つ親が、我が子の名前にどうして貞を使おうと思ったんだ?彼は今までの一生でどのくらいアベサダと呼ばれてきたんだろうな。犯人の一人である阿部貞の弟は剛(つよし)らしい。阿部親の名前を選ぶ基準が分からない。

ひょっとすると、彼らは名前によって意気投合したのかな。組むならコイツしかいない!って感じで。
1499724523968

歯が抜けたときの呪文

たま子の下の歯がグラグラで、今にも抜けそうだ。だったら糸で引っ張ればいい気もするが、奥さんは怖いから嫌だとのこと。たまごどんは、今は亡くなっている婆ちゃんに糸で歯を抜いてもらった記憶がある。下の歯が抜けたら、屋根に投げるんだっけ。

「そうそう。『ネズミの歯と替えとくれ』って言いながらね。」
「‥オイラのところは、『ネズミの歯と生えっこ』だったけどな。それに、屋根に投げる場合は『スズメの歯と生えっこ』って唱えてた。」
「スズメには歯が無いでしょ。私のところはどっちの歯でも『ネズミの歯と替えとくれ』だったよ。ところで、『生えっこ』ってどういう意味なの?」
「ネズミの歯と、伸びる速さで勝負だ!ってことですよ。歯が抜けたんだから、もう伸びないのになあ」

ちょっと調べてみると、こういう言われらしい。知らんかったな。
無題



シャボン玉と水風船

たま子はもうすぐ5歳になる。今のところはのびのびと成長しているようだ。好きなものはドラえもんズとかいけつゾロリ、好きな食べ物はバナナといちごとラーメンと味噌汁。最近は幼稚園の男の子から告白されて悩んでいるらしい。

日曜日なので、近所の小さな公園に向かった。小学生のお兄さん・お姉さんがガンガン走ってる中、たま子はシャボン玉で遊ぶ。小さな男の子と女の子が水風船を投げあって遊んでいる。あの子達と遊んでくれればいいけどな、と思って見ていたら、向こうの母親から声をかけられた。「前に一緒に遊んで頂きましたよね」

たまごどんも思い出した。シャボン玉で一緒に遊んだ後で公園を去り、近所で美味しいと評判のラーメン屋さんに行ったら、向こうも入店してきたのだ。たま子にも水風船で遊んでもらった。

こんな休日もいいものです。





同い年の独身者と飲み会したでござる

昨日は本社の先輩が出張で来たので、飲み会をすることになった。たまごどんと先輩は5歳ほど違っているのかな。たまごどんの他にもう一人誘ったから、三人で飲みに行こうとなった。そのメンバーがYさんである。

Yさんと先輩とたまごどんで、生ビールをグビグビ飲んだ。ふぅ〜〜、美味い!話題は現在の仕事の展望のこと、人事のこと、会社におけるタイミングデバイスの位置付けのこと、そして結婚のことである。先輩もYさんも独身なのだ。Yさんはおいくつですか?
「46歳になります」

なんと、1971年生まれでしたか。どんな女性がタイプなんですか?
「そうですねえ、細身であれば嬉しいかな。」

離婚歴とか気になります?
「いえいえ子供が居てもOKですよ。ただ、僕の子供も産んでほしいからなあ。」

ということは30代後半までですかね。
「まあそうですね」

当てはあります?
「いやいや、僕は次男だし、婿に入るのも全然アリです。誰か居ませんかねえ。」

‥まあ、探ってみましょう。




イケメンの佐々木勇気五段

藤井四段の30連勝を阻止したのが、佐々木勇気五段である。現在23歳だが、プロ入りしたのは16歳だから、もう7年目になるのか。順位戦はC級1組である。2016年度は最多対局賞を受賞した。対局が多いということは、トーナメントで出来るだけ勝ち続けること、番勝負を戦うことが重要であるので、佐々木五段の実力も相当なものだ。最近は横歩取り6八玉という戦型で脚光を浴びた。通常の横歩取りでは角交換後の2七角に備えて5八玉とするのだが、2七角を先手で打たれて馬を本当に生還させないのだろうか。

佐々木勇気さんは将棋界でも有数のイケメンで、よく和服を着ることから和服王子と言われているそうだ。そういえば今期NHK杯でも和服で挑んでいたなあ。女性ファンの胸キュンキュンがいっぱい詰まったブログもなかなか読ませてくれた。たまごどんは中村太地六段推しだけど。

棋士は難しい局面になると眼光が鋭くなる。羽生さんだって、若いときにはついつい相手を睨みつけていたのだ。棋士の怖い顔は真剣に読んでいる証なので、女性ファンも大目に見てやって下さい。往年の米長名誉棋聖の眼光もかっこよかったんよ。

おそらく日本のどこかで、腐女子たちはこんな妄想を繰り広げているのだろう。藤井少年に格の違いを見せつけた和服の佐々木勇気五段が、「藤井‥まだ俺には勝てないよな。」と言いながら、藤井少年のネクタイを掴み‥(BL妄想が暴発中)。やっぱり佐々木さんは棋風通り攻めなんだろう。

s_y1

都民ファーストの圧勝は想定外

東京都議会選で自民が惨敗し、都民ファーストが圧勝した。たまごどんの読みは自民が45議席以上を確保するだろう、都民ファーストは民進党の議席+αくらいの勝利と考えていたので、この結果に驚いてしまった。どうやら都民は、豊洲問題が長期化した原因が小池都知事の失政とは考えていないようなのだ。

豊洲問題の解決が遅れに遅れ、1日700万とされている豊洲の維持費を無駄に払っている。 国政での支持率ダウン要素(共謀罪の成立と加計学園・森友学園の疑惑)を考えても、自民の大敗には至らずというのがたまごどんの読みだった。

しかし、こうして都議会選で圧勝したということは、豊洲問題で小池知事が上手く立ち回ったということになるのかね?オイラはそういう風に思えないんだけどなあ。
3dfc531bc868123e51cd22fe0dbd863b20170622164048462
tyo-met-election



加藤一二三という男、ありけり

今、NHKで放映されている加藤一二三という男、ありけりを見ている。やっぱり面白い先生だなあ。ひふみんがクリスチャンになったのが昭和46年ということは今回はじめて知った。

ひふみんの引退については、ここここで書いています。

2017062900015_1



明日はボーナスだ

賞与が出たら、美味しいものでも食べましょうかね。
kyuryou_bonus
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ