たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

林家ペーしてみる

今日はたまごどんの誕生日だ。何人からかは「ハッピーバースデー、たまごどん」という祝福メールが来た。また冥土の旅の一里塚を越えたことになる。20才はアルコールが飲めるようになる年だが、たまごどんはバリウムが飲めるようになる年になった。

この時期は卒業式があるんで、たまごどんの誕生日はいつもドタバタして終わる。まあ年末よりかはいいか。たまごどんが競馬を始めたころは、有力馬情報に誕生日が近い馬が多くて驚いたが、3〜5月が馬の出産シーズンという理由がちゃんとあった。タイキシャトルやダイナガリバーが同じ誕生日だ。

有名人で探すと、黒澤明(1910)、川上哲治(1920)、江畑謙介(1949)かあ。江畑さんとはまた渋い。この人は湾岸戦争のときに淡々と兵器の性能を語った、独特の髪形で知られる軍事評論家である。彼はたまごどんと同じく、寂しい誕生日を迎えているのだろうか?大きなお世話か。

海外だとチェコの作家のチャペック(ロボットという言葉の生みの親)、フォン・ブラウン(弾道ミサイルV2、アポロ計画におけるロケットの開発者)、ロバート・ギャロ(HIVウィルスの発見者)かあ。なかなか凄いメンツだな。

ポチッとな

泥棒を説教する強盗

永田議員は懲罰委員会とやらにかけられているらしい。彼にはあんまし同情できんが、情報ソースを明かしていないのは評価できるな。どんなにショボくても情報ソースを守らんと、良い情報って得られんからな。ここは踏ん張りどこやで!

それにしても民主党のチョンボによって、小泉内閣が追求されるべきホリエモンとの癒着問題がうやむやになっている。どんなに低く見積もっても武部の首はとれたし、小泉の首だって危なかった筈だ。

今週の週刊金曜日で、おおよそ次のような一文があった。「自民党はこの件でもそうだが、危機管理能力が急激に高くなっている。しょせんお坊ちゃまの集合でしかない現民主党執行部とは比べるべくもない。」まったくその通り。

しかしどう考えても武部が永田を問い詰める図って、強盗が泥棒を説教してるよな。

ポチッとな

WBC優勝!

国別野球世界大会であるWBCは、日本の優勝で幕を閉じた。おめでとう!キューバは必死に追いつこうとしていたが、結果として日本に一度も追いつくことが出来なかった。そのせいもあるのだろうか、昨日のたまごどんの不安も杞憂に終わった。やれやれ。

MVPは松坂でいいが、大会をもっとも盛り上げた人物はデービットソン審判であろう。大会では韓国の強さが光った。個人的ベスト試合はアメリカvsメキシコ。シチュエーションも結果も、まるで作ったかのようだった。メヒコ、アミーゴ!!

王監督の采配は明らかに変わった。日本とキューバの差に監督采配もあったなあ。キューバの9回の大量失点は、序盤の頻繁な投手交代に遠因があると思う。

さあ、いよいよNPBも開幕だ。各チームの戦力分析が全然進んでないよ。

ポチッとな

ある心配

こうもWBCネタが続くのもどうかと思うが(ライブドア事件の顛末や、偽メールについて思うことなども溜まっている)、やっぱり一番の関心事なんで仕方ない。

明日はWBCの決勝戦。キューバといえば野茂も古田もついでに小池秀朗も、必死になって戦った日本のライバル国である。野球ファンならば、リナレスとかキンデランの打棒に震えあがった記憶を生々しく思い出せるのではないか。

たまごどんはもちろん日本に勝って欲しいが、名勝負を見たいという気持ちも強い。キューバの選手については、たまごどんはよく知らない。今回のWBC方式の弊害だろう。ブロックC,Dのチームとは決勝が初めてなのだから。まあこれも条件は一緒。松坂の好投に期待したい。

心配というのはこうだ。アメリカにとってキューバは政治的にも軍事的にも不倶戴天の敵だ。日本とかドミニカ共和国がWBC優勝国なら、メジャー選手を有しているチームだぞという言い訳もアメリカは出来るが、キューバは亡命したコントレラスのみがメジャー選手だ。しかも彼は今回のWBCに参加していない。ようするにキューバ代表チームは、メジャーに全く関係ないアマチュア軍団なのだ。そんなチームが世界一?冗談じゃないよ。

もうお分かりだろう。日本やメキシコにしたあの「悪意ある判定」を、今度はキューバにやるのではないかというのが、たまごどんの不安だ。それは日本に有利に作用するが、王監督にはその「悪意ある判定」を受け入れて欲しくないのだ。キューバと一緒になって抗議してもらって結構。場合によっては没収試合になってもかまわない。

デービットソンが「三度目」をしたら、イチローよ、奴にビンタをしてくれ。裁判費用はたまごどんに任せんかい!

ポチッとな

進化した王采配

WBC準決勝 日本vs韓国は胸のすく勝利だった。7回表の畳み掛ける攻撃は、このメンバーの底力を見せつけた。今日のヒーローは上原と福留だ。福留はこのWBCで17打数2安打と当たっておらず、戦犯候補であった。王監督も福留を先発メンバーから外していた。

上原が辛抱のいい投球で投手戦となり、6回裏まで0対0。7回表は先頭の松中が二塁打。彼も打率こそいいが、肝心な場面で凡退を繰り返していた。二塁に到達した彼は、思いっきりベースを殴って気持ちを表していた。よっしゃぁ、松中!
多村が送りバンド失敗から凡退する。嫌なムードの中、王監督は今江の代打に福留を送る。正直に言おう。たまごどんは「福留かぁ、微妙だな」と考えていたものだ。

彼の一振りは、ライトスタンドに入る先制ツーランだった。福留よ、正直すまんかった。動揺を隠せない韓国に、里崎のタイムリーツーベース、宮本のタイムリー、そしてイチローの技ありタイムリーで全日本はビックイニング5点を叩きだした。

たまごどんは王監督の起用法に感心した。今までは思い切った起用をためらっていた面があったが、今日は信念を持って代打を送り、チームを指揮した。今日はスタメンでも三番にイチローを置き、西岡と並べることで繋がる打線を演出した。こうした戦い方は今までの王采配に見られないものだ。王監督は短期決戦の戦い方の呼吸を掴んだのかもしれない。

思えば巨人監督時代に鹿取の起用方法で叩かれ、ダイエーでは卵を投げられたこともある。苦労しながら常勝チームを率いるスキルを身につけたのも、真面目な王監督ならではだ。そして今回の短期決戦での思い切った起用だ。王采配は進化を続けている!

キューバ戦見てえなあ、どうするかなぁ。

ポチッとな

気分は武宮正樹

たまごどんは将棋を得意にしているが、実は碁も打てる。大学時代に先輩から手ほどきを受けた。碁を覚えたてのころは、文字通り目が白黒するものだ。大体が、「これで終わりだね」と相手にいわれて終わりに気づくという情けなさ。

碁を覚えたてのときは、プロの打ち碁を並べるのも一苦労だ。番号通りに並べればいいはずだが、難しいんよ。総譜だけじゃ今でも無理かもなあ。肝心の棋力は初段前後。もっぱらNHKトーナメントとスカパーの囲碁将棋チャンネルを寝転がってみるスタイルだ。

武宮正樹九段は囲碁のプロで、中央重視で大模様を張る棋風から、「宇宙流」というカッチョいい呼び名がファンに浸透している。たまごどんが覚えたての頃に買った棋書の中に、武宮九段の本があった。いやー、良く並べたね。大模様を張る作戦は、相手に地を与えて自分が勢力をとるというものだ。先に損して、あとで厚みを生かして得を計るという戦法だから、アマチュアには難しい。それでも中央に模様を張って、「入ってきたらイジメめるぞゴラァ」という武宮の碁に、たまごどんは甚く感動した。

早速先輩に試すたまごどん。ところが武宮の碁を真似することが出来ない。なぜなら、黒にはそこら中に置石(ハンデのこと。電車転覆の原因ではない)があり、宇宙流をまねしなくても大模様を張っておる。たまごどんなりに「隅より中央、地より厚み」と心の中で唱えながら、見事に先輩を倒した。やっぱり勝つってことは嬉しいもんなんよ。

ここからメキメキ腕を上げたかというと、そんなこともなくノンビリとしている。もう少し余裕が出来たら、碁に真剣に取り組みたいなあ。

ポチッとな

審判は神だな

デービッドソン審判は、メキシコのやる気パルスを全開にし、メジャー選手のやる気をそいだ神だな。
こいつ、準決勝以降も出るんかね?

(どうやらWBC準決勝の日韓戦の主審をするらしい。主催サイドは何考えているんや!?)

ポチッとな

トホホな「嫌韓流」

WBC二次予選の日本は非常に残念だった。まだ終戦宣言は早いが、モチベーションのないメキシコが手負いのアメリカに勝てというのも酷な話。次に進めたらラッキーだが、日本は今日の日韓戦をものにしなくてはならなかった。潔く敗戦を受け止めよう。

たまごどんは仕事があるため、せっかくのスカパーが意味ないジャン!という状態だった。仕方ないので、ネット速報と2ちゃんねるで擬似ライブ体験をしていた。おっと、上司には秘密じゃ。改めて思ったのだが、2ちゃんの住人はなんでこんなに韓国嫌いなんだろう?お前ら、日本人と韓国人がそんなに違うと思ってるんか?言い古された「キムチ」「チョン」「半島」の語彙がわらわらと画面に映る。

最近本屋に行ったら、山野車輪の嫌韓流2が出ているのにビックリした。そっかあ、こんな本が65万部も売れるんかあ。たまごどんも1をパラパラ立ち読んだが、同人レベルの画力にトホホになったものだ。

これを買って読むのはさすがに散財だし、山野氏の印税に貢献するのも癪だ。批判サイトはないかなと思って探すと、ちゃんとある。ここから2つ引用しよう。

a>『マンガ嫌韓流』は、『併合』された朝鮮では「警察幹部の三割 警察全体の六割が韓国人によって占められていたのよ!」(同上)となぜか得意げに言う。それは要するに、警察幹部の七割が日本人によって占められていた(朝鮮人の出世は限定されている)という不平等を示しているのである。

b>(安重根について)「韓国併合に慎重な姿勢を示し 併合賛成派を抑えていた伊藤博文を殺害したテロリストね」(『マンガ嫌韓流』第8話)
・・・しかし実際には伊藤博文は、韓国統監就任中の1909年4月、すでに韓国併合論に対して「異存なき旨を言明」、「その大網を是認」していた(『伊藤博文伝』)。 この時点で併合へのゴーサインは出されている。

aは論外だし、bは伊藤博文が韓国併合論者だったってことくらい調べといてくれや。よってたまごどんは、「嫌韓流」を読む価値なしのアホ漫画に認定しておく。たまごどんが興味あるのは、こうした本を購入する人間だ。若くて太平洋戦争の知識が少ない人は仕方ない面もあるけど、やはり勉強不足やね。もう少し情報収集能力があれば、この手の本に引っかかることもないように思うのだが。今はネットという便利なツールもあるでよ。

嫌韓に走る若者って、自分より弱者を作りたい心理の持ち主ちゅうことなんかねぇ。

ポチッとな

審判の経済格差

正直ここまで面白いとは思わんかったWBC。今日は松坂のシーズン中でも見ないような好投と、勝負強さがピカ一の里崎の活躍で完勝した。韓国戦に勝ちさえすれば二次予選は突破できる(正確には6失点以内か2点差以上の勝利)。

この世界大会を審判するのは、どうやらほとんどがアメリカ人で、1Aから3Aの審判であるようだ。3Aとメジャーの格差と同じく、彼らとメジャー審判の格差もキツイものがあるらしい。昼食にハンバーガーなのが彼らであり、分厚いステーキがメジャー審判のようだ。

WBCの経済的理由から、メジャー審判と条件が折り合わなかったと聞いた。それで3Aからなのか。普通に考えれば第三国が審判をするべきだと思うが、アメリカ人ってのは馬鹿だね〜。日本プロ野球とか韓国プロ野球とかから審判を召集すればよかったのに。実際はともかく公平感を演出するのも、開催国の役目の一つだよ。

とにかくこのWBC、審判によってストライクコースがいい加減だ。球一つじゃ効かないな。日本プロ野球だって微妙な判定はあるが、彼らはストライクゾーンを見定めるために、オープン戦などで目合わせをしている。○○みたいなジャンパイアもいるけどな。

スキルがいい加減な審判とて、先に言った理由からメジャーの審判になりたい。そうして生まれたのが、あの愛国的な審判、パトリオット=ジャッジなんだろう。その後の経過を見ると、彼のメジャー昇格は考えにくい。それともこっそりとメジャー審判になってるかな?アメリカならあるかもね。
全く、少しは平光を見習えってんだ。誤審も彼くらい毅然としてやれば、客も納得するんでい!

さて明日は韓国戦。会社サボっちゃダメっすよね、へいへい 分かってますよ。

ポチッとな

韓国強し

後味の悪い日米戦の後に行われた韓国vsアメリカ戦。実はたまごどん、この試合の内容を見ておらん。したがって2ちゃんの掲示板だけで発言するが、アメリカは昨日の疑惑のジャッジで、自らの首も締めてしまったようだ。

韓国チームが真剣にかつのびのびと戦っていたのに、A.ロッドはあまりの試合内容にシニカルな笑いを浮かべていたらしい。まあなんだな、山王と戦った後の湘北といった状態か。あのジャッジはアメリカの新聞でも叩かれていた。選手の心理状況を考えても、あの抗議が通ったことはプラスではなかったように感じる。

しかしこれでややこしくなった。日本は明日のメキシコ戦に勝つことが絶対条件。次の韓国戦では、WBC特別ルールによって色々な目がある。明日は松坂、明後日は渡辺か?韓国戦には杉内をぶつけたい。イ・スンヨプvs杉内ならば去年のプレーオフ対決から考えても抑えられるだろう。しかし、とにもかくにも明日は負けるとそれまでの試合。王監督はもっと早めに動いた方がいいと思うねんけどなぁ。総力戦で戦ってほしい。

たまごどんの中で、短期決戦での松中の評価がうなぎ下がりなんだが。なんとかしてくれや、松中よ。

ポチッとな
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ