たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

作詞活動

ゴールデンウィークにおじさんバンド Cock & Chickenのセッションが行われることになった。ヴォーカルのたまごどんは作詞をしなくてはならない。作詞をするってことは、曲もイメージしなくては出来ないからなあ。今回は「盛りのついた猫のような恋」がイメージだ。

作詞って、やってる途中だと「オイラって、ひょっとして天才?道を間違えたかや?」と思っちゃうんよ。翌日読み直すと勘違いって分かるんやけどね。

ポチッとな

石油に関する異説

たまごどんが子供の頃は、「学研の科学」の裏表紙のアトムに、「あと石油は30年しかありません」と説教されていた。省エネを訴えるアトムはいつしか原子力発電を称えるようになり、たまごどんの中学進学によって、学研の教材自体を見る機会がなくなってしまった。

あれから20年チョイ、石油はまだ枯渇しそうにない。原油価格が高騰したために、今まで不採算と判断された油田からも採掘しているためだというのが、一般に流布されている説だ。まあそうなんだろうと、たまごどんも思っていた。

トンデモ科学の見破りかたでは、石油・石炭・天然ガスは生物起源ではないというトマス・ゴールドの説が検証されている。石油は産出地域に特徴があるそうだ。専門家なら、これはメキシコ、これは中東と判別できるらしい。しかしその地域の過去の生物群は多岐に渡っていることが分かっている。深部から採掘した石油は、生物痕跡がない。これらは、生物起源説では説明できない事実として紹介されている事例の、ほんの一部だ。

さらにゴールドは石炭も、少なくとも無煙炭は非生物起源であると主張している。著者であるロバート・アーリックは、このゴールド説を「トンデモ度ゼロ(そうであってもおかしくない説)」と判定した。たまごどんも、ゴールドの非生物起源説に致命的な欠陥が見つかっていないし、正直言うと、生物起源説よりもむしろもっともらしく思えている。

この説がトンデモかどうかは保留するにしても、なぜたまごどんは化石燃料の非生物起源説を知らなかったのだろう?それに関しては、著者のアーリックも一つの仮説を持っていた。

>たとえば、石油会社にとっては、石油は乏しいというイメージを行き渡らせておくことで石油価格を高値に保つのが利益になり‥(p168)

なんか、ありそうな話だわ。誰かここ掘れワンワンで石油を堀り当ててくれないかのう。石油が非生物起源であれば、とにかく掘りさえすれば油田に当たると予想できるのだから。

ポチッとな

成分解析実行中

話題の成分解析をしてみた。

たまごどんの48%は赤い何かで出来ています。
たまごどんの26%はミスリルで出来ています。
たまごどんの15%は愛で出来ています。
たまごどんの8%はやましさで出来ています。
たまごどんの3%は運で出来ています。

赤い何かとはなんぞや?鷲巣麻雀で必要な赤い血のことかいな?ミスリルって、オリハルコンみたいなもんだっけ?愛とやましさはもうちょい高いんちゃうかな。運はこんなもんやろ。

ついでに本名でもやってみた。

○○の68%はアルコールで出来ています。
○○の18%は玉露で出来ています。
○○の13%は優雅さで出来ています。
○○の1%は犠牲で出来ています。

68%がアルコールかい!Σ( ̄ロ ̄lll) 妙に当たっとるがな‥

ポチッとな

宴の後

たまごどんの家で行ったパーティーは無事に終わった。カレーも好評だったみたいで、たまごどんもホッと一息だ。いろいろなものを持ち込んだり、台所で調理したりと、女性陣は張り切ってくれた。ポテトサラダや磯辺焼きといった美味しいものがテーブルに並ぶ。美味しいけど、お腹がパンパンですぅ。

お茶を飲んだり、馬鹿話をしたりと楽しい時間を過ごす。職場の困ったチャンの話はなかなか新鮮だ。たまごどんは昨日の乙女について話した。女性陣の食いつき方が凄いねぇ。寄生虫博物館の話のときとは全然違うよ。

話はなぜか運命線になった。たまごどんの手には、真ん中にくっきりと一本の運命線がある。それを見た一人が「うわー、凄い」と言ってくれた。今年のたまごどんは何かイイコトあるのかも?

ポチッとな

今日から二連戦

たまごどんは、チキンアラシピョンと、彼の友達と一緒に夕飯を食べることになっている。うら若き乙女たちじゃ。たまごどん無駄に張り切っちゃうよ。チキンアラシピョン、マンセー。

それで明日は、たまごどんの部屋でホームパーティーになっておる。リクエストされたんはたまごどんのカレー。たまごどんのカレーは評判がいい。大雑把にぶった切ったジャガイモ・ニンジン・タマネギをぐつぐつと煮込む。肉は脂身の多い牛肉を使用して、大きく引きちぎってから投入する。出てくるアクをちょいちょい除きながら、ルーを投入するのだ。バーモンドカレーの辛口と中辛の1:1ブレンドが、経験から割り出した最適値だ。こうして作られたカレーは、見事な味のハーモニーを奏でておる。正直言ってこれに勝てるカレーは、包丁人味平にでてくるブラックカレーぐらいじゃないか?

さーて、もう一回部屋の掃除をしておくか。たまごどんの部屋には、女性には言えない秘密が多いさかいな。

ポチッとな

おおっ、ヤバイ!

ムチャクチャに時間がないですぅ。毎日「たまごどんが行く!」を楽しみにしている諸君、こんなんで正直すまんかった。

ポチッとな

答案二枚返し

世に必殺技は数多くあるが、この漫画の必殺技は腰にくる。コロコロコミックで連載されていた「とどろけ!一番」のことだ。作者のむらしんぼは、勉強格闘漫画という新ジャンルをこの漫画で確立した。小学生のたまごどんは当時リアルタイムで読んでいて、発売日を楽しみにしていたものだ。

とにかく凄いのが、受験勉強を勝負にするというアイデアだ。試験って時間内に解ければいいんじゃない?などと言ってる奴は、この漫画を読む資格がない。いかに早く問題を解くか、主人公である轟一番は見事にこの難題を解決した。両手に四菱ハイユニ(いくら書いてもチビらない幻の鉛筆)を持ち、答案を同時に書き入れる秘技「答案二枚返し」だ!

時間が余って仕方ないと思うが、そんな言葉は熱く燃える少年の耳に届かないのだろう。しかし答案二枚返しにも弱点がある。両手で書き込むため、強風が吹くと答案が風に飛ばされるのだ!したがって屋上では使えない。

たまごどんが爆笑した技はこれ。プロテス三兄弟が繰り出した「トリプル答案固め」だ。我ら三兄弟の真の力を見よ!とかの前フリがあってから、「オレはA!」「オレはB!」「オレはC!」と三択問題を答えるという恐ろしい技だ!たまごどんの笑いの秘孔は突かれまくりじゃ。

とどろけ!一番は、なぜかボクシング漫画になった。たぶんネタがなくなったんやろなぁ。

ポチッとな

久々のやる気パルス

今日はたまごどんにやる気パルスが降りてきた。部屋の掃除と洗濯は、やる気パルスを身につけたたまごどんに任せんしゃい。

しかぁ〜し、部屋汚しすぎじゃ!!

ポチッとな

むむぅ

田中知事が題材だと、話が固くなってイカンですな。長野市の桜は満開だ。研究室にも八人の4年生が配属になった。ああ、春なんやねぇ。新4年生に女性がいないというのが残念だけど、まあこれは毎年のお約束だ。

大学院2年生も4年生も、就職活動が忙しくなっている。みなさん大きな会社を志望しておるよ。こういう状況を直に知ると、やはり世の中好景気なんやと分かるわ。

「たまごどんさん、今度オレが社会人になったら晩飯奢りますよ。」よろしくお願いするんだピョン。なんせ彼が挑戦する会社はボーナス100万あるさかいね。

…なんつーか、凄い差やなあ。

ポチッとな

田中知事を評価してみる(3)

田中知事シリーズも、今日で最後のつもりだ。田中知事といえば、国政への意欲が強いことで知られる。財政再建の手腕を長野県知事として振るってくれれば、黙っていても向こうからお誘いが来ると思うんだが。

田中知事は2003年の総選挙のときに民主党の閣僚名簿に地方分権担当大臣として名を連ね、長野1区の民主党候補の応援をしていた。うーん、どうなん?知事が個人的な応援をしているだけとも言い難い気がする。そもそも当時の民主党と自民党に、明確な主張の違いってあったっけ?民主党と田中知事が連合して、選挙後も協力したかというとそんな事実はなく、ただの客寄せパンダになってしまった。

郵政民営化で自民党を離脱した議員が担いだのは、田中康夫という神輿だった。担がれて喜んでいる知事についてテレビ局からインタビューされていた県民は、みな一様に冷めていた。なにが新党日本じゃ、ケッ!という強い拒絶か、またバカなことしてますねえというシニカルな笑いしか、たまごどんは知らない。ちゅうか、党首と知事って両立できる訳ないやろうに。

色々と言ったが、たまごどんとて吉村知事時代に戻りたいわけではない。現在の大赤字を作ったのは吉村知事だしな。田中知事だって、「財政改革推進プログラム」による努力の結果、ここ数年連続して県の借金を減らすことに成功していることは評価するべきだろう。国が地方切捨て政策を続けているため、地方交付税や補助金が削減されていて赤字を減らしにくい環境であることも考慮すべきだ。

田中知事はとにかく敵を作りすぎるよ。知事不信任案を可決されたのも、100条委員会で刑事告発議案を可決されたのもそこが原因だと思うぞ。いろいろ書いたけど、もしも巷で噂になっている猪瀬直樹の立候補ちゅうことになったら、たまごどんは田中康夫に投票するぞ。猪瀬よりは田中っちゅうことで、たまごどんはファイナルアンサー!

ポチッとな
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ