たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

精神鑑定について(1)

宴会部長補佐代理さんの指摘は「そもそも精神鑑定は有効なのか」という大命題であった。たまごどんはある程度まで有効だと思っている。精神鑑定をしなくても、挙動の不自然さが目立つ人が精神障害者だろうとは、精神障害者のふりをする正常者を除けば素人でも判断できる。問題は宮崎勤のような心の奥底に秘めた異常者だろう。それを明らかにするのが精神鑑定だと思う。

精神鑑定とは、数多くの精神病患者データベースの中から、被鑑定者が該当する病名と程度を判断するというものだ。鑑定者は「客観的鑑定人」としての立場を堅持しなければならないとされている。

実際はそんなことはありえず、鑑定者は犯罪者・弁護人・検察・司法のそれぞれの立場、個人的感情や地域感情などを持ち合わせて鑑定に参加することになる。ヴォルフ・クレフェルト氏は、論文の三章にて、実際の鑑定者が客観的存在ではないこと、弁護士と同じく専門知識、依頼者の利益、実務上の倫理規範を考える主観的存在であるし、そう認識することが大事だと述べている。鑑定者は裁判官の補助者としてのみの存在ではないのだと。

「人を裁くな」は聖書の教えであるが、神を待てない我々は、裁判官という人間が犯罪者を裁く他はない。鑑定も同じだろう。鑑定がダメなら裁判もダメということに、論理的にはなってしまう。

鑑定者と被鑑定者は医師と治療者であるという本来の役割がある。さらに鑑定者は精神病患者が不当な罰を受けることを防ぐ公共的役割もある。鑑定人は胸を張って鑑定してヨシ!

佐世保で起こった小6女児殺害事件の加害少女について、こんな記事があった。

>しかし、その[精神鑑定のこと]有効性を重視するあまり、処遇に関する家裁の判断が、鑑定結果に寄りかかることが懸念される。社会評論家の芹沢俊介さん(61)は「鑑定万能主義に陥れば、世間の関心が女児の病名探しに集中し、社会全体の問題として考えようとする意識が薄れる」と指摘する。元東京家裁調査官の浅川道雄さん(72)も「鑑定は処遇決定後に安定した環境の中で行われるべき。医師の専門的な分析に調査官は異論を唱えづらく責任放棄につながりかねない」と警鐘を鳴らす。

>この事件は情報化社会の中、思春期特有の心身の状態、対人関係の悩みなどが重なって起きたとみられる。審判では女児の内面を探るだけではなく、生い立ちや成育環境も含め、検証しなければならない。

長くなったので、この記事で問題提起された精神鑑定の位置づけ、精神病をとりまく医療環境については次回以降に取り上げよう。

ポチッとな

白色ダイオードよ、出て来いや〜

たまごどんの寝室部屋の蛍光灯が寿命になった。ガッテム!あのチカチッカという点滅を知ると取り替えないわけにはいかない。

高輝度青色ダイオードは20世紀中に発明されておる。白色ダイオードの存在も、たまごどんは知っている。しかしなぜ、室内灯は未だに蛍光灯なのだ!寿命も省エネ性も、蛍光灯より白色ダイオードの方に軍配が上がるだろうが!

これは家電メーカーの陰謀なのか?蛍光灯が出てきたときと同じ理論で、「作れるけど出さない」のか?考えてみると酷い話だ。くそったれ、いいからメーカーは早く発売せんかい。

ポチッとな

宮崎勤の鑑定

幼女連続誘拐殺人犯・宮崎勤の死刑が確定した。平成になったばかりに起きた事件は、17年5ヶ月で全て終わったことになる。

宮崎勤事件はたまごどんも関心があり、ギニーピックをレンタルして見たり、「創」の書簡集を読んだりしたが、結局真相は藪の中という感じもしている。それにしても宮崎くんは43才になっておったのか。年をとるわけだ。

90年当時は「人格障害であり、精神病ではない」という鑑定であり、二度目の92年では「多重人格など解離症を主体とする反応性精神病で、責任能力は限定的」と鑑定されている。たまごどんには鑑定結果をどうこう言えるスキルがないが、宮崎勤が通常の精神状態であの事件を起こしたとも思えない。公判途中からの「ネズミ人間が現れた」とか「○○ちゃんが夢に出て、僕に感謝していた」といった彼の発言もそうだ。

たまごどんは死刑制度に否定的であり、「凶悪犯罪の抑止力として死刑制度は機能しないだろう」と考えている。懲役刑を累積にしてしまうとどうなるのだろう?例えば懲役250年とか。恩赦の度に年数は減っていくが、「あと180年か」と考えるのも相当に堪えそうだ。

宮崎事件はその後も類似犯罪を生み出し、一種のミーム(文化の遺伝単位)になっている。どうすれば模倣犯罪を防ぐことが出来るのだろうか?

ポチッとな

よっぱらい研究所長

たまごどんが注目している漫画家に二ノ宮知子がいる。酔っ払いの生態を描いた「平成よっぱらい研究所」や、音大生の日常を描いた「のだめカンタービレ」はイイ!

彼女は、カッコいい人間のダメ部分を描くのが上手い。「平成よっぱらい研究所」では作者の分身が酔っぱらって、タイムボカンをカバーし、人の顔に酒を吹きつけ、ヤーさんと友達になり、中学の友に醜態をさらけ出してくれよる。酒は人間を天才にし、幸せにし、そしてダメにするんやなあ。酒に呑まれたよっぱらいがやっちゃう乱痴気騒ぎを、彼女は見事に描写した。観察者ではなく体験者として取材するその覚悟は、西原理恵子クラスといえるだろう。

「飲みに行こうぜ」のテーマも酒の愛し方だ。酒豪エリートサラリーマンの日常を通して、作者の飲兵衛に対する愛情が感じられる佳作だ。やっぱり酒はいいよね、うん。

そんな中で「のだめカンタービレ」だ。この漫画は講談社漫画賞を受賞したようだが、そんなものはどうでもよい。面白い!いやホント。ルックスがカッコいい千秋真一と、のだめこと野田恵のラブストーリーが本線だが、音楽が好きで才能のある若者の情熱ってやつもいいんだ。それに、のだめの「本質的に猫な性格」がとてもよく描けてんだよなあ。ぎゃぼ〜

まあ、読んでみろって。

ポチッとな

デーモン小暮閣下!

今日は奇数月の日曜日だから相撲中継がある。今日のゲストはデーモン小暮閣下だ。

好角家と聞いてたまごどんが思い浮かべる芸能人は、やくみつるとデーモン閣下だ。たまごどんは高校生の頃に、「デーモン小暮のオールナイト日本」をひたすら聞いていた世代だ。「大徹がんばって」とか「いい味出してるコーナー」とか、涙出るほど懐かしいぞ!番組では「ラジオネーム」などという無粋な言葉を使わずに、「醜名」と言っていた。常連だったジェイソン北勝海五十嵐さんはどうしてるんやろ?

NHKもオールナイト日本のことは承知していて、元大徹である湊川親方のメッセージをデーモン閣下に披露するなど、演出にも凝っていた。やるなあHNKよ!しかし大徹は髪が真っ白になって、渋い中年になったなあ。千代の富士が唯一苦手とした隆の里の話とか、輪島(閣下の永遠のヒーロー)の思い出話とか、もうたまりませんですぅ。ちなみにたまごどんのヒーローは逆鉾。井筒三兄弟をそのうち語っちゃおうかなあ。

たまごどんが偉くなって接待されるとしたら、プロレスの特別リングサイドか、両国の砂被り席がいいな。あ、別に偉くないたまごどんでよければ、接待は受け付けていますよ。

ポチッとな

WBCを思う(2)

WBCは結局やるのかやらないのか?キューバ問題はのっぴきならない状況のようだ。!オランダ、イタリア、南アフリカの不参加となれば、開催自体が成立しないように思う。ブッシュ大統領の弊害はここまで来ておる!

今回は、WBC日本代表のスタメン予想である。投手ローテは分からんが、エース格は松坂、杉内、渡辺となるか?個人的には広島の黒田の剛球がどこまで世界に通用するのか見てみたい。

捕手は谷繁か?里崎、谷繁はオフェンス型捕手、横浜の相川はディフェンス型捕手である。谷繁はリードに専念してOKだろう。城島がいれば問題なく決まりだけど。

ファーストは新井でいこう。ショートは西岡だな。サードはディフェンス重視なら今江か川崎、オフェンス重視なら岩村だ。なぜ阪神は今岡を出さんのだ!(プンスカ!)

問題はセカンド。井口が辞退してどうするのか?宮本をセカンドにするのか、それともセカンド西岡、ショート川崎の布陣か。たまごどんから見ると、西岡のショート適性は素晴らしいものがある。宮本を井口の代役とした以上、セカンド宮本がスジだろう。

外野はライトイチロー、センター福留、レフトはかなり微妙だが、オリンピック経験がある和田とする。ここでも金本がいないのは寂しい。金城は守備固めだろうが、青木、多村をどう使っていくのかは興味深いな。

DHは松中。これはほぼ決まりだろう。

中継ぎ投手は藤田、石井、薮田、藤川といる。しかし抑えは誰になるのだ?ここでも久保田が選ばれていないのは不思議だ。阪神のお偉いさんのせいなのかね?

しっかし、巨人選手がいないなあ。上原だけか。

ポチッとな

割り箸論争にけじめをつける

「割り箸論争」というのは昔からあった。「割り箸は森林破壊を促進して環境を破壊している」という主張と、「割り箸は低利用材や間伐材を利用していて 林業の促進に重要である」という主張が張り合ったアレである。

たまごどんは間伐材利用としての価値が高いと判断していた。しかし、最近の事情は変わってきているようだ。

環境三四郎氏のHPにより、割り箸からも現在のグローバル経済が分かる。日本人が使う割り箸は、日本ではコストが合わずに中国で製造されるようになっているようだ。中国の割り箸工場は間伐材などと悠長な材料を使わずに、森林資源を乱獲している。このため、洪水などの被害も起こっているらしい。(下線部は事実誤認と思われます。工場が率先して森林資源を乱獲させていることは、おそらくないでしょう。

「安くて品質がいいものを」が経済であるなら、こうした動きは当然だ。しかしその結果、日本は割り箸という間伐材の利用を行うことができず、中国は国土荒廃を招いている。もはや割り箸製造は産業となっているのだ。

先のHPは重要な事実を指摘している。経済的隷属の可能性だ。

>4 途上国からの資源収奪の図式
>貧困→外貨獲得のため資源を輸出→環境破壊→生産力低下→さらに貧しくなる

> 中国が日本に割り箸を輸出することによって、 発展途上国でよく見られる、外貨を得るために一次品を過剰に輸出し、それによって環境破壊が起こり、ますます貧しくなり、さらに一次品を輸出するという悪循環の構図に陥る可能性がある。

たまごどんは、これから割り箸の使用を減らすことにしよう。環境三四郎氏の指摘と解決方法は参考になる。環境問題は、むしろこうした小さな切り口からの方がよく考えられるような気が、たまごどんはするな。

ポチッとな

さらば京都

今日は奈良へ出張だ。なぜ長野の朝はこんなに寒いのか。東京へ出て京都に行き、近鉄線に乗り換える。一人旅ならエエねんけど、会社のお偉いさんも一緒です。ああ息が詰まるわ、出張手当じゃ割が合わんよ。

用事を終えたのが午後4:30分。ありゃりゃ、これじゃ長野に帰れてしまうではないか。たまごどんの密かな予定では、京都か東京で一泊、スリリングで熱い夜を迎えるつもりだったのにぃ。

お偉いさんの話は、昔過ぎて相槌も打てない。「昭和38年に有楽町にボウリング場ができたときは、140レーンもあったのに3時間待ちだった」「東映フライヤーズの毒島はいい選手だったぞ」
申し訳ありません、私、まだ精子にもなっていません。

結局、片道5時間かけた出張でも日帰りになることが分かった。さらば京都、さらば東京。繁華街の灯りが眩しいぜ。

ポチッとな

男の子回路

「トリビアの泉」やっぱりエエわぁ〜。こんなに好きなテレビ番組は、カルトQ以来だわ。またカルトQやってくれんかのぉ〜。

トリビアの中では「カブト祭り」がムチャ面白かった。一回見てるんだけどね。この映像の後に紹介があったんだけど、世界最強虫王決定戦1 DVDてのがあるらしい。見てみてえ!今なら勢いだけで買っちゃえるかも(^^)

いろいろなトリビアがあったのに、「どのカブトムシが一番強いんや!?」というトリビアの種にたまごどんは一番反応した。弱いんだよ、こういうシンプルなやつに。「どういう仕組みで動くの?」とか「とりあえず分解しよ」とかって、たまごどんの琴線にピンピンくるのだ。

これは「男の子回路」という奴だろう。カインズホームで電動大工道具を繁々と見るのも、合鍵を作る現場で固まるのも、男の子回路が動作したからなのだ。男の子回路は3〜4才くらいから形成し始め、母ちゃんを泣かしながら発達していく。女性から見ると、男って奴は永遠の子供なんやろなあ。

ポチッとな

「天国の階段」はエエよ

チェ・ジウが車にはねられてから約一ヶ月、「天国の階段」をたまごどんは全部見終えたのだ、フォーォォ。

これはドラマらしいドラマだ。劇的なことがワッショイワッショイと立て続けに起こる。たまごどんは韓流の演出に慣れてきたつもりだが、7巻と最終巻は意表を突かれてしまった。「さあ泣かんかい、涙枯れるまで泣かんかい」「さあ泣け、それ泣け、まだ泣かぬか」という脚本家・演出家・監督のバックコーラスが聞こえてくるようだ。恐ろしい話じゃ。

正直に言うと、チェ・ジウ扮するハン・ジョンソよりも、キム・テヒ扮するハン・ユリの方が可愛い。しかし一番可愛いのは、ハン・ジョンソの子役をやった子だ!たまごどん萌エ〜(*^o^*)。従ってチェ・ジウが登場したときは、たまごどんのテンション下がりまくり(- -;)。むぅぅ。

ついでにハン・ユリの子役もどうなん?あの子役が大きくなっても、キム・テヒには絶対ならないよ。

韓国人は気付いてないだろうが、ドラマの節々に後先考えない韓国人気質が出てくる。比較人類学者は、各国の人気ドラマをチェックするべきだ。いい論文になるぞよ。○○を提供するために××することはないやろぉ〜、アッパよ。しかし天国の階段は実際面白い。どうなるか途中で先が見えた「冬のソナタ」よりも全然イイよ。

このDVDが実家にあったという事実も、たまごどんは少々気になるけんど。


ポチッとな
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ