たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

最近の困ったこと

たまごどんは進化論に興味を持っている。正確には「進化論って本当は間違っているんだよね」といった牧師さんがキッカケだが、そんなことはどーでもいい。ここの進化論と創造論は大変良いサイトなので、みんなお薦めだよ(^^)。

と番宣はこのくらいにして本題に。そこの掲示板の常連さんで、自称アメリカ在住のお方がいるのだが、なぜか「諸君」「SAPIO」ネタが大好きなのである。現在の彼のマイブームは「南京大虐殺はマボロシだった」のようだ。

彼とたまごどんとは昔やりあったことがあり(そのころはたまごどん別名だったけれど)、たまごどん裁定では、KO寸前のドクターストップ状態だったと思っている。

彼の一番アカンところは、自分の主張で何を言いたいのかが整理できていないとこやね。藤岡信勝を擁護したいのか、アイリス・チャンのミスを論証したいのか、南京大虐殺が一切なかったといいたいのか、慰安婦なんて存在しなかったと言いたいのか。この辺の論理性のなさは、彼、あんまし変わらないのら。

さて、陰でこそこそ語るより、堂々と掲示板で論争すればイイジャンと思っている方、あなたは正しいピョン。でもなあ、ただ勝つだけのために調べ物をするのって、結構な時間と精神力がいるんよ。それに、たまごどんにとって南京大虐殺という事件は歴史的事実として整理されているんで、学問的にそんなに興味無いのら。調べりゃお相手もできると思うんだけど、激しく掲示板ズレの応酬だしなあ。

そこの掲示板には弁の立つ論客が多いんで、静観で問題ないかなぁと思うけんど、いよいよとなったら、たまごどんガンガルしかないかぁ。



小諸の夜

今日は長野市近くの篠ノ井にヤボ用があり、小諸駅に到着したのが6時。さて帰るかなと車のエンジンをかけたら、なんとセルも回らないんだピョン!

たまごどんはあまり車に手をかけないほうだが、バッテリーがなぜ上がったのかは謎だ。というのも、バッテリー交換をしたのが8月くらいだし、ライトの消し忘れもなかったのだ。むぅ、この謎は解かねばなるまいて!

しかし当面の問題は、約1トンの鉄塊を復活させることだ。たまごどんの友達に電話しなくては!と携帯をとると、なんと電池切れてるぅ。電車で最後のメールを送れないまま息を引き取った携帯は、真っ白に燃え尽きていた。

バッテリーがない二つのアイテムを救うべく、たまごどんは小諸の町を歩いた。11月の小諸はもう寒く、最近絶不調のたまごどんの体にこたえる。つい目に入るのが飲み屋の看板。イカンイカン、オイラ車やさかいな。

ここから先は順調にことが進んだ。バッテリーに活をいれ、エンジンを回して充電している間に、お友達とうどん屋へGo!

今日の教訓:長野でうどん食っちゃイカンな、うん。

シコースキーが解雇?

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20051107&a=20051107-00000087-jij-spo

シコースキーが解雇されたみたいだ。Why?どう考えても巨人が最下位にならなかった立役者だろうに。

>シコースキーは今季、球団の年間最多登板記録となる70試合で投げ、7勝1敗、防御率3.29の成績だった。

いやー、この成績で解雇されるんかい。横浜は死んでも獲得するべし。年齢は31だし、スタミナも日本野球への対応も問題ない。年棒も今年6800万。ベイスターズは佐々木と斎藤隆と、ついでに若田部の分で10億くらいの給料が浮いている。もちろん球団が赤字体質だから10億そのまま人件費というわけにはイカンが、現状維持あるいは上積み提示してても獲りにいくべし!

そしたら右の中継ぎに不安はない。中継ぎ候補の那須野をローテーションピッチャーとして使うのだ。待ち望んでいだ左のエースとしてな。

この解雇劇は原監督のミスじゃないか?ローズはともかく、シコースキーを解雇する理由がないと思うが。チームの若返りといっても外国人選手だし、第一まだ31だ。

しかし巨人は野手の高齢化が凄いな。来期は小久保35、二岡30、仁志35、高橋31、清水33。若手のような感じだが斉藤30、堀田32。本当に若いといえるのは阿部27、長田22、亀井23くらいか。

大食いの歴史と進化

大食い王決定戦で、あの白田信幸くんが負けたらしい!新チャンピオンとなった山本卓弥くんとは何者なのか!

それにしても、中学生死亡事件から三年半、ついに大食い選手権改め大食い王決定戦が始まったのは喜ばしい。てゆうかな、そもそもあの事件の原因は、テレビ東京のネタをパクり、かつ早食いの要素をフンダンに取り入れたTBSの「フードファイト」にあるのだ。結果的に、この番組がたまごどんから大食い選手権を奪ったのだ。テレビチャンピオンは悪くないと思う。それからな、死者に鞭打つわけではないがガキは真似するなバカヤロウ。真似できるわけないだろうが!ゆっくりでいいから、米3kg分完食できてから挑戦しやがれ!

別の日にやった予選は見ることができたが、日曜日に放映した本戦をたまごどんは見ることができなかった。しかし、予選のときの白田くんは、三年前の「ジャイアント白田」と全く変わっていないように思えたのだが。

彼の特徴は、その持続力にある。咀嚼力、つまりスピードは小林くんや射手矢くんの方が上であろうが、彼らのリミットは米5.5kg程度だろう。ジャイアント白田は米6〜6.5kgが許容量だろうと推定している。したがって長丁場でジャイアント白田が負けるとは思えないのだ。たまごどんにとってのジャイアント白田は、ラザニアを6kg綺麗に食べ、ラーメンを30杯平らげる怪物なのだ。

確か白田が負けたのはドクター射手矢とのラーメン勝負。このときはスピードに押し切られた敗戦であり、そしてたまごどんが記憶する白田唯一の敗戦でもある。

それにしても、大食い選手権の歴史は人類の食の進化の歴史でもある。学食クイーン織田さん、辛味王新井さん、女王赤坂尊子さん、ノンストップイーター岸さん、ホットドックチャンプのプリンス小林尊くん。そしてジャイアント白田。どのチャンピオンを見ても、これ以上食べられる人間が果たしているのかと思わせてくれた。

たまごどんの友達に聞いたら、「当然録画してるよ」とのこと。頼もしい友だ。強敵と書いて「とも」と呼ぶのらな。


オフの横浜ベイスターズ(守備編)

横浜ベイスターズは今年セ・リーグ三位、借金1でシーズンを終えた。三年連続最下位のダメ球団を率いてAクラスに入った牛島監督の手腕は大きいと思う。

今年はほぼ固定メンバーで一年を戦った。ベテラン偏重と言われながらも、村田のサード守備は何とか見られるようになったし、内川の台頭で、セカンド・ショートに目途がついた。2000本安打を達成後ほどなく訪れるであろう石井引退に備えることができたと思う。

下位脱出には守備力の強化が効果的だ。内野と捕手がしっかりしていれば、投手はかなり楽になる。98年優勝当時の内野はほぼ完璧だった。同年代が多かったため、選手の衰えが同時期に来てしまったが。

種田は今年よくやった。3割1分は期待以上だし守備もよかった。来年は内川と兼用でということになるだろうか、もう35歳だから彼を押しのける若手に期待したい。内川はショートに固定したいなあ。

たまごどんが期待したいのは、和製スラッガーの揃い踏みだ。三番村田・四番多村・五番古木。計100本が期待できる布陣は、広島時代の前田・江藤・金本に引けをとらないと思う。

古木は二軍でくすぶっていて、今年はトレードの可能性もある。ロッテの小野投手との1対1という話があるが、小野じゃ古木が勿体無いよ。せめて左の中継ぎなら‥。そうならないためにも古木は守備練習あるのみ。とりあえず来期構想ではレフトのようだから、ガンガレ!

急務は相川捕手の後釜。今年30歳になった相川の後継者が見当たらない。捕手のポジションは育成が難しく、谷繁が一人前になるまで10年かかったことを忘れちゃいかんな。

ファースト佐伯は2割7分の19本塁打。四番としては適性に欠けるし、失策も多い(6個)。リーダーシップは取れたが、やはり代打に回すべきだろう。事実、他球団の投手は佐伯との勝負を避けなかった。


以下、投手編に続く。







滲み出る恐怖

"http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/morals/?1131154605"


>4日午後6時10分ごろ、兵庫県西宮市の市立上甲子園中学校の校庭に、同校の女子生徒の制服を着た男が開いていた校門から侵入。3年男子生徒(15)が「何しとるんや」と大声を出すと逃げ出したため、約100メートル追いかけて校外で取り押さえ、甲子園署員が建造物侵入の現行犯で逮捕した。

>同署の調べでは、男は西宮市東町のアルバイト作業員、○○容疑者(47)で、かつらを付けて口紅をひくなど薄化粧をしていたという。「昨年、学校の業者から制服を買って1人で着ていたが、同じ服を着た生徒の中に入ればもっと興奮すると思った。女子生徒に見えると思い、ばれるとは考えなかった」と供述している。

なぜだ。なぜ47歳のオッサンが現役女子中学生に見えると思ってしまうのだ。
おまえはアーノルド坊やなのか?おそらく彼が女装に用いた鏡は、魔法の鏡に間違いない!

しかし不気味だ。「女子高生が毒物を親に投与」とは違う恐怖が、このニュースにはある。笑い飛ばしていた記事から徐々に滲み出る恐怖。いったい彼に何が起こっているのだろう。我々はニュータイプの誕生を、そうとは知らずに目撃しているのではないだろうか。人類はどこに行こうとしているのか。


虚像としてのアバダー

たまごどんのアバダーは適当だ。実際には自分に似せるために選んでみたが、無料アイテムでたまごどんの顔を再現することはできなかった。おそらく、そうすることが目的ではないのだろう。顔の見えん奴の意見よりは、適当でも顔を描いてある方がなじみやすいとは思う。

自分のお気に入りはこまわりくんみたいな警察帽である。八丈島のきょんとでもかましたいが、なぜこれが無料アイテムなのかは不明。というか、他の人間でこれつかってる人いるの!?

たまごどんから写真を載せたいとは思わんし、受信者側としてもムサイ顔を見なくてすむ。やはりアバダーは必要なのだろうな、うむ。

しかし、もしもこのブログを見てたまごどんに惚れちゃった女子高生とか人妻とかがいたら、たまごどんはどうすればいいんだろう?

昔の人は、それを杞憂といったそうだが。

ロッテファンと阪神ファン

ちょっと前に、ロッテと阪神の日本シリーズが終わった。結果はロッテの圧勝。4−0というスコア以上に力の差を感じたのは、たまごどんだけではない筈だ。それにしてもこのカード、5年前なら裏日本シリーズ(12球団中最低のチーム決定戦で、オープン戦でよく使われていた呼称)だよな。

たまごどんは日本シリーズ第二戦の阪神サイドにいた。あまりの試合展開にブーたれる阪神ファンを見ながら、たまごどんはファンについて考えてみた。阪神ファンとロッテファン、どっちが野球を知っているのか?

優勝時には俄かファンが急増することは知っているが、阪神ファンのレベルはやはり低かったと思う。ノーアウト1,3塁 セカンドの藤本が超美技でダブルプレーを奪った。逆シングルから体をひねりセカンドへ送球した藤本のプレーは、ロッテの勢いを押し止めるファインプレーだった。

ところが阪神応援側から「何だよー!」という罵声が。一点取られたことへの抗議だ。回は浅く、極端な前進守備も敷いていないというのに。

応援はコスプレもありだし、とび跳ねるのもありだ。自軍が勝っているときに騒ぐのだって、ビールを飲んでくつろぐのだってありだと思う。でも、腰を落として自軍の戦術、相手の戦術、投手交代とそのタイミングを、知力を振り絞って考えるのも野球の醍醐味だ。「この試合で江草続投かあ、JFKの誰かを使うべきなんちゃうか?」と考えるのが面白いんだピョン。

いろいろ書いたけど、「ねえ、西岡って誰?」といった虎党の女の子よ、たまごどん、おもわず自分の正義の拳を固く握り締めちゃったじゃないかぁ。

結論:優勝から遠ざかっていたチームほど、コアなファンが多い。例えば98年の横浜。

サリンの原料

10年前に大ブレイクしたオウム真理教。しかし、その後遺症は今なお世間に残っている。そう、たまごどんにも‥

例えば、江川昭子さんがテレビで国会のコメントをしようと、援交ギャルをルポしようと、たまごどんの脳内には上祐史浩との名勝負だけしか出てこない。

例えば、「マンジュシュリー・ミトラ」の村井さんとか、「ウッパラバンナー」の都澤さんとか、ホーリーネームと名前と顔が一致する。

例えば、ゴミ捨てをお願いするときに「ちょっとそれポアして」という。

例えば、夜寝るときに「彰晃マーチ」が聞こえてくる。

実際にこれらは、21世紀になるまでたまごどんに起こった症状である。いや「起こった」と過去形にするには早すぎる。バックラッシュが予告なくたまごどんに起こるのだ。ショーコーショーコー ショコショコショーコー‥。むむぅ。

そんな中でサリンの原料である。たまごどんは工場で働いているが、そこにはIPAという液体が転がっている。本名はイソプロピルアルコールといい、物を拭いたり洗ったりする有機溶剤だ。

こいつがニュースになった。「警察は、第7サティアン施設から大量のIPAを押収しました。専門家によりますと、IPAはサリンの原料になるとのことです。」

当時はなかったが、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! って感じだったね。その日からたまごどんの工場では、「ちょっとサリンの原料取って」とか「サリンの原料 購入お願い」とか。もうね、ここぞとばかりね。

たまごどんは、地下鉄サリン事件から二週間のテレビニュースを録画しなかったことを、たぶん一生後悔するのら。




プロ試験

将棋には奨励会というプロ養成機関があり、その関門を通らないとプロになれない。そして年齢制限という壁により、社会人からプロになることは不可能だった。しかし、それは過去の話。

たまごどんも弱いアマ五段として将棋は好きであり、その壁に挑戦している男に拍手を送っている。NECにいる瀬川晶司さんは奨励会の三段まで行き、そして年齢制限により棋士の夢をあきらめた。ちなみに棋士とは四段のプロを言う。たった一段というなかれ。三段と四段は、お茶を汲む側と飲む側の差であり、将棋で生計を立てる権利は四段だけなのだ。ちなみに、プロを目指す者にとってアマ五段は大ゴマを落とす相手でしかない。むぅ、お強いのう。

瀬川さんはアマプロ戦のアマ代表として、プロに6割強勝っている。そして安定した職を投げ打ち、プロに挑戦している。現在まで2勝2敗。あとひとつ勝てば合格だ。11月6日の第五戦で、瀬川さんが笑うことを信じている。相手の高野五段も好きなのだが。
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ