たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

横浜が勝てません

現在のセ・リーグ最下位は横浜だ。今の状態は投壊に近い。三浦と土肥が一勝、門倉がゼロ勝。チーム防御率が6.37。打つ方はというと、佐伯の2割1分、本塁打2を筆頭にチーム打率2割5分4厘。これでどうやって勝てと?お話になりませんな。

打てない4番佐伯にも頭が痛いが、古木の外野守備はひどすぎる。他のチームはレフトを狙い打っている。草野球かよ!多村が故障して、吉見と那須野が大誤算。小池と佐伯は大不調。まともに活躍しているのは村田と金城だけだ。古木じゃなくてもバンザイしたくなるわ。

横浜はシーズン途中で左腕を取りに来た。ロッテの山北投手(27)と横浜の土居龍太郎(2002年の自由獲得枠 25)+南竜介(24)外野手の2:1トレードだ。土居は多田野回避によるドラ1だが、25歳で放出かあ。確かに左腕は欲しいが、このトレードは横浜が損だわ。

横浜の外野手は頭数だけはあるし、ロッテは左打ちの外野手がいない。出せる選手は田中充と南と田中一かな。南はロッテ側の指名らしいし、仕方ないな。でも2:1トレードにする必要があったか?

いまさら遅いが、なんでホルトもセドリックも解雇したのかな?那須野とか土肥に期待していたけどダメだったということか?三浦も土肥も、二段フォーム禁止がかなり効いている感じだ。

こうなったら交流戦が頼りだ。古木のDHはほぼ確定。佐伯は一旦ベンチに下げた方が良いと思うけどな。

ポチッとな

竹島という外交カード

韓国・北朝鮮に興味を持つたまごどんとして、竹島問題を避けて通るわけには行かないな。外務省の見解はこれ

たまごどんが調べた限り、竹島が日本領土というのはほぼ間違いないようだ。日本側が示す根拠には一貫性と整合性があり、韓国側の根拠よりも説得力があるように思える。要点が良くまとまっていたのが辻氏のここ。ただし、竹島問題については日本語サイトのみで調べたたまごどんであるため、不備がある可能性もある。そのときはみなさん、教えてくだされ。

島国における国境問題では、排他的経済水域(EEZ)という問題があるため、なかなか解決しない。日本では尖閣諸島(中国)、竹島(韓国)、北方領土(ロシア)、小笠原諸島と沖縄(米)があり、解決したのはアメリカだけだ。

正直言って、岩ばかりの竹島は領土として魅力ある島ではない。EEZとしての水産資源や地下資源が大きいのだ。辻氏も推薦する国際司法裁判所で両者の言い分を裁くという提案だが、たまごどんはその実現の可能性は低いと思う。竹島(独島)を実効支配していて、裁判で勝てる見込みの薄い韓国が、国際司法裁判所付託提案に合意するとは思えない。

では竹島をどうするか。たまごどんのアイデアは、竹島問題を外交カードにすることだ。韓国で日帝支配による歴史清算問題が起これば、竹島問題とリンクさせる。領土問題と歴史清算問題が常にリンクされると分かれば、韓国側もそう迂闊な問題提起は出来ないと思うな。外務省は、日本側がいつでも国際司法裁判所の判断を仰ぐ用意があることを、韓国の国民に知らせておくべきかもしれない。韓国が靖国カードを切れば、日本政府は竹島カードを切るくらいの交渉術は必要だ。公式参拝を辞めてしまい、政教分離の原則を堅持してしまえば、日本側だけが竹島という外交カードを持つことになる。靖国神社公式参拝への賛成は、国益を損ねてることを知っといてや。

この外交カードは竹島返還まで有効だ。度重なる竹島カードにうんざりすれば、韓国側も返還に乗り出すかもしれない。これは「ブラックジャックの無免許を見逃すかわりにタダ手術を強要する」というテクニックだ。

たまごどんの主張は、ちょっと過激かもね。隣国である韓国・中国とは「譲るべき点は譲り、主張するべき点は主張する」という関係を築きたいものです。

ポチッとな

中牧昭二という生き方

元プロレスラーで今は大仁田議員の秘書を務めている中牧昭二に、傷害で損害賠償命令が出された。中牧は桑田の暴露本で有名になり、その後にプロレスラーになった男だ。レスラーとしてはショボイ体の中牧は、デスマッチ路線で名前を売った。団体はFMW、W★ING、IWAジャパン、大日本プロレスと渡り歩いた。

たまごどんはテリー伊藤と中牧昭二による「一軒家プロレス」を、腹を抱えてみたことがある。家の中ならどこでもフォールOKという企画で、なかなかの出来栄えだった。流血をし、頭に画鋲が刺さりながら見世物になる中牧は、プロレスラーだった。

東京ドームで中牧はシングルマッチをしたことがある。相手は新日の蝶野正洋。蝶野勝ちは当然だが、リングに画鋲を撒き、その上に受身をする中牧に大笑いしたもんだ。蝶野が「オレのドームのカードは酷いから」といっていたのに、たまごどんは思わず納得したよ。

結局中牧は大仁田とツルみ、政治家秘書なんぞをやっている。こういう生き方もあるんよ。

ポチッとな

あらえっさっさ

タイトルは筒井康隆の「腹立ち半分日記」から。今日は長野で大学生と飲む。新人達にはたまごどんの本性を見てもらわなくてはならないんでな。成人のイニシエーションというヤツだろう。シコタマ酔った後は、しなの鉄道で小諸駅に戻る手筈だ。

それからバンド仲間で実験をする。実験テーマは「酒は人間を天才にするか」だ。選ばれた勇者が自らの危険も返りみずに、酒場で果敢に挑戦するのだ。

次の日はバンドのセッションだ。新曲を練習して、いずれは座っていても収入がある印税生活を送る予定だ。たまごどんはエアギターによる過激なロックを披露するため練習しとこう。練習後には宴会だ。やっぱり練習の後の一杯って堪えられないからな。

ガンガレ、たまごどんの肝臓!

ポチッとな

良寛さんの謎

おいちゃんから「たまごどんは良寛さんが何で有名なのか知ってる?」と質問された。

良寛和尚は鞠やかくれんぼが好きで、子供と遊んで、書が上手くて‥

確かに、良寛さんが有名である理由が全くない。良寛とは何者で、何をして歴史に名を残したんや?

ポチッとな

作詞活動

ゴールデンウィークにおじさんバンド Cock & Chickenのセッションが行われることになった。ヴォーカルのたまごどんは作詞をしなくてはならない。作詞をするってことは、曲もイメージしなくては出来ないからなあ。今回は「盛りのついた猫のような恋」がイメージだ。

作詞って、やってる途中だと「オイラって、ひょっとして天才?道を間違えたかや?」と思っちゃうんよ。翌日読み直すと勘違いって分かるんやけどね。

ポチッとな

石油に関する異説

たまごどんが子供の頃は、「学研の科学」の裏表紙のアトムに、「あと石油は30年しかありません」と説教されていた。省エネを訴えるアトムはいつしか原子力発電を称えるようになり、たまごどんの中学進学によって、学研の教材自体を見る機会がなくなってしまった。

あれから20年チョイ、石油はまだ枯渇しそうにない。原油価格が高騰したために、今まで不採算と判断された油田からも採掘しているためだというのが、一般に流布されている説だ。まあそうなんだろうと、たまごどんも思っていた。

トンデモ科学の見破りかたでは、石油・石炭・天然ガスは生物起源ではないというトマス・ゴールドの説が検証されている。石油は産出地域に特徴があるそうだ。専門家なら、これはメキシコ、これは中東と判別できるらしい。しかしその地域の過去の生物群は多岐に渡っていることが分かっている。深部から採掘した石油は、生物痕跡がない。これらは、生物起源説では説明できない事実として紹介されている事例の、ほんの一部だ。

さらにゴールドは石炭も、少なくとも無煙炭は非生物起源であると主張している。著者であるロバート・アーリックは、このゴールド説を「トンデモ度ゼロ(そうであってもおかしくない説)」と判定した。たまごどんも、ゴールドの非生物起源説に致命的な欠陥が見つかっていないし、正直言うと、生物起源説よりもむしろもっともらしく思えている。

この説がトンデモかどうかは保留するにしても、なぜたまごどんは化石燃料の非生物起源説を知らなかったのだろう?それに関しては、著者のアーリックも一つの仮説を持っていた。

>たとえば、石油会社にとっては、石油は乏しいというイメージを行き渡らせておくことで石油価格を高値に保つのが利益になり‥(p168)

なんか、ありそうな話だわ。誰かここ掘れワンワンで石油を堀り当ててくれないかのう。石油が非生物起源であれば、とにかく掘りさえすれば油田に当たると予想できるのだから。

ポチッとな

成分解析実行中

話題の成分解析をしてみた。

たまごどんの48%は赤い何かで出来ています。
たまごどんの26%はミスリルで出来ています。
たまごどんの15%は愛で出来ています。
たまごどんの8%はやましさで出来ています。
たまごどんの3%は運で出来ています。

赤い何かとはなんぞや?鷲巣麻雀で必要な赤い血のことかいな?ミスリルって、オリハルコンみたいなもんだっけ?愛とやましさはもうちょい高いんちゃうかな。運はこんなもんやろ。

ついでに本名でもやってみた。

○○の68%はアルコールで出来ています。
○○の18%は玉露で出来ています。
○○の13%は優雅さで出来ています。
○○の1%は犠牲で出来ています。

68%がアルコールかい!Σ( ̄ロ ̄lll) 妙に当たっとるがな‥

ポチッとな

宴の後

たまごどんの家で行ったパーティーは無事に終わった。カレーも好評だったみたいで、たまごどんもホッと一息だ。いろいろなものを持ち込んだり、台所で調理したりと、女性陣は張り切ってくれた。ポテトサラダや磯辺焼きといった美味しいものがテーブルに並ぶ。美味しいけど、お腹がパンパンですぅ。

お茶を飲んだり、馬鹿話をしたりと楽しい時間を過ごす。職場の困ったチャンの話はなかなか新鮮だ。たまごどんは昨日の乙女について話した。女性陣の食いつき方が凄いねぇ。寄生虫博物館の話のときとは全然違うよ。

話はなぜか運命線になった。たまごどんの手には、真ん中にくっきりと一本の運命線がある。それを見た一人が「うわー、凄い」と言ってくれた。今年のたまごどんは何かイイコトあるのかも?

ポチッとな

今日から二連戦

たまごどんは、チキンアラシピョンと、彼の友達と一緒に夕飯を食べることになっている。うら若き乙女たちじゃ。たまごどん無駄に張り切っちゃうよ。チキンアラシピョン、マンセー。

それで明日は、たまごどんの部屋でホームパーティーになっておる。リクエストされたんはたまごどんのカレー。たまごどんのカレーは評判がいい。大雑把にぶった切ったジャガイモ・ニンジン・タマネギをぐつぐつと煮込む。肉は脂身の多い牛肉を使用して、大きく引きちぎってから投入する。出てくるアクをちょいちょい除きながら、ルーを投入するのだ。バーモンドカレーの辛口と中辛の1:1ブレンドが、経験から割り出した最適値だ。こうして作られたカレーは、見事な味のハーモニーを奏でておる。正直言ってこれに勝てるカレーは、包丁人味平にでてくるブラックカレーぐらいじゃないか?

さーて、もう一回部屋の掃除をしておくか。たまごどんの部屋には、女性には言えない秘密が多いさかいな。

ポチッとな
Profile

たまごどん

Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ