たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

さようなら、ミホノブルボン

ミホノブルボンが老衰のため亡くなった。享年28歳。生涯成績8戦7勝、うちG3勝、G2勝の名馬である。

たまごどんが競馬を齧った時期に活躍した馬であり、戸山調教師と共に記憶している。戸山調教師が病床で書いた鍛えて最強馬をつくるは、当時のたまごどんの本棚にあった。生まれた当初のミホノブルボンの評価は低く、そのセリ値はわずか700万だったそうだ。

戸山調教師は栗東トレーニングセンターの坂路でミホノブルボンを徹底的に鍛え上げる。血統的にはスプリンターだったミホノブルボンだが、「スタミナ面の不安はハードトレーニングによって克服可能である」という戸山さんの信念だ。ウッドチップがクッションとなるために脚部への負担が軽減され、筋肉をいじめることが出来る。レースの時のミホノブルボンは、筋肉の鎧を身に着けていた。

ミホノブルボンは逃げ馬とされているが、その圧倒的スピードに他馬がついてこれないというのが正しい表現だった。生涯唯一の敗戦は、菊花賞でライスシャワーに負けた2着である。ミホノブルボンは幻の三冠馬となった。戸山さんは、菊花賞の敗戦はキョウエイボーガンの逃げを許した小島騎手の騎乗ミスだと断じていたが、これはよく分からないし、勝負事でタラレバはご法度だろうな。

引退後は種牡馬となったが、重賞勝ち馬には恵まれなかった。トレーニングの大事さを競馬関係者に改めて認識させたのが、ミホノブルボンの最大の功績になるのかもしれない。もちろん彼はそんなことと無関係に悠々自適に暮らし、28歳の大往生を遂げた。競馬ファンに愛された名馬に合掌。
・゚・ロ・ホ・ヨ・・ワ・・jpg

性労働者は安全な職場を求めています

以前にたんぽぽさんのところで性風俗について議論していた時に、たまごどんはSWASHという性風俗に従事する女性の権利保護を訴える団体のことを知り、ブログで紹介したことがある。久しぶりに覗いてみると、かなり更新されていた。たまごどんが興味を持った記事は、セックスワークにおける労働条件・職業満足度調査(ナショナル・アグリー・マグズ(NUM)とリーズ大学の共同研究)だ。

この調査は性産業従事者の実態を把握することにあるが、彼もしくは彼女の希望は安全な職場と、家族や恋人からのスティグマ(烙印)から逃れることにあることが分かった。リンク先から論文(英語)も読めるので、興味にある方は確認してください。犯罪/暴力の回答項目をSWASHさんの記事から引用しておこう。

***************************************
・回答者のほぼ半数(49%)が、犯罪を報告しても警察が真面目に取り上げてくれるかどうかに「確信がない」又は「大いに確信がない」のいずれかを回答した。

・回答者は、自分の安全を高められる方法としては、セックス産業の合法化又は非犯罪化を通じた方法が一番であると考えている。回答者の42%が、これらの政策の変更が安全性を向上させる方法だと提案している。
***************************************
労働者が安全な職場を求める、あったり前のことだよな。次の文章はなかなか手厳しい。

***************************************
これらの調査結果から生じる提言?
 調査結果は、「スウェーデン・モデル」への動きがセックスワーカーの安全にとって害になることを一層示す証拠となっている。我々は、セックスワーカーが団結して合法的に労働できるようにするよう提言したい。セックスワーカー自身が、これを自分たちの安全を高めるための第一の方法だと考えているからである。セックスワークに根を張るスティグマを最小限にし、それによって、偏見と判断がセックスワーカーにもたらす害を減らすためには、社会の振る舞いを変える必要がある。その中心として非犯罪化を伴う政策が提言されるべきである。その目的は、法執行[警察の手入れ]の恐怖をなくすことによって警察との関係を改善し、搾取的な状況へと資源を回すことにある。
***************************************

この中にあるスウェーデンモデルとは、スウェーデンが1999年に制定した売春防止法のことで、女性や男性が売春をすること自体を禁止しないが、男性または女性が、性行為を目的として買うことを禁止しているという世界唯一の法律だ。この法律が狙った効果を出せているかは、ここを読んだ方が各々判断してもらうことにしよう。

もっとも、たまごどんが読んでいる記事がSWASH寄りに偏っている可能性は否定できない。他の主張を掲げている団体が性産業従事者に行った聞き取り調査で、これと違う結果があるときは情報をお願いします。
写真はスウェーデンでお客さんを誘っているワンシーンで、元記事はこれです。
original

イチローの神対応

イチローが外野守備の練習中に、招待選手のブランドン・バーンズ外野手と接触して、右膝の上部と腰を負傷した。これ自体がビッグニュースだが、その後にイチローが神対応をしたのだ!記事から引用しよう。

***************************************
一方、チームメートは“レジェンド”を負傷させたバーンズへのいたずらを大展開。バーンズのロッカーの荷物を全て片付けてしまい、イチローの直筆サインが入った「お前はクビだ!」と書かれた“解雇通告書”をゴードンが作成し、ロッカーに貼りつけておいたという。

 ゴードンが提案した“バーンズいじり”に参加したのは、イチローの心遣いでもあったようだ。イチローは「これ(いたずら)で少しでも彼の気が楽になるといいですよね。だって、彼が申し訳ないと思っていることを分かっていますから」と通訳を介して話し、アクシデントとは言え、負傷の原因を作ってしまった若手の思い心中を慮ったという。そんな背番号51の粋な計らいに、バーンズは大感謝しているようだ。

 いたずらとは言え、将来の殿堂入りが確実なイチローの直筆サイン入り解雇通告書は、同じものが2つとない貴重な“逸品”だ。バーンズは「これは最高だね。自分の部屋に飾ることにするよ」と話し、ベテランの心遣いが籠もったメモを大事に保管するとした。

 自ら痛手を負いながらイチローが見せた粋な計らいを、バーンズは一生忘れることはないだろう。
*****************************************

おいおい、カッコよすぎだろ!イチローは野球の神に愛された男だ。怪我は大したことがないのだろうと思う(そうは言いつつも心配ではあるのだが)。まだ少し先の話ではあるが、イチローには笑顔で国民栄誉賞を受け取ってほしいな。野球のイチローと将棋の羽生さんが国民栄誉賞に相応しくないっていうヤツは、二人の凄さを朝まで語ってやるわ!

itiro-09-torend

診断の結果は胃腸炎でした

昨日の夜のことになるが、体調不良のため会社を早退した。ベッドで横になっていたら、ゴミ箱に嘔吐してしまった。奥さんにお願いし、たまごどんとたま子を病院に連れて行ってもらった。病院で体温を測ると38℃9分!ここまでの高熱は久しぶりだ。インフルエンザの検査のために鼻に綿棒を入れられる。

約10分後に結果が出てきた。インフルエンザウィルスは見つからなかったようで、とりあえずほっとした。たま子は浣腸を受けたそうだが、「私、泣かなかったよ」とけなげに語る。

今日は会社に休みをもらい、ずっとベッドの上で横になっていた。朝は何も食べず、昼はリンゴとイチゴ。夜はおにぎり1つと卵焼き一つだ。たま子は「遊んで遊んで」とせがんでくる。幼稚園が学級閉鎖になったそうだ。

さーて、明日から仕事だ。頑張らねば。

たま子の風邪とかたまごどん一家の健康状態とか

なかなか更新できずに正直すまんかった。土曜日はたま子が盛大に嘔吐し、たまごどんも咳が止まらないという厄介な症状に悩まされていたのだ。今年は冬の体調管理が難しい。体力は衰えているんだろうけど、何とかならないものか。

奥さんは2017年に入ってからスッキリと快調になった日が無いそうだ。私は喉の治りが遅いからと、ちょっと自慢気に申告してくるんだけど、それってどうなんよ。

『まさお』の暗殺の背景を考えてみた

金正男こと『まさお』の暗殺について、色々と情報が出てきた。直接の死因はVXガスによる毒殺らしい。VXガスで亡くなった人は、オウム事件の假谷さんしか知らないなあ。と思っていたら、北朝鮮とオウム真理教は繋がっているとする記事が出ていたので驚いた。

手口は荒っぽいし、実行犯も自殺する気配がないので、北朝鮮の工作員の仕業ではないとする説もあるそうだ。たまごどんが夢想する犯行について語ってみよう。元々『まさお』の暗殺命令はかなり前に下されていて、工作員たちは『まさお』のスキを伺っていた。2/16が迫ってきている。北朝鮮にとって、2/16は偉大なる将軍様の生まれた日で、この日の前に大きな手土産を捧げられれば、北朝鮮での地位は約束されたも同然だ。

しかし『まさお』には、中国のSPが常時護衛している。そう簡単に暗殺は出来ないのだ。そこで考え出したのが、女性を使って白昼堂々VXガスで殺すというあの方法だ。他国のコールガールに何度も練習させて、手順を叩き込ませる。

中国は護衛の手を緩めたのかどうか。護衛を緩めたケースでは中国が金正恩独裁を認めたことになる。つまり、中国は切り札を一枚無くすことになるが、当面は金正恩と仲良くしたほうがいいと判断したということだ。護衛を緩めていないケースとしては、空港は人目が多いので護衛していなかったということなのかな。中国が金正男の家族を保護するのかに注目でしょうか。まあ、横田めぐみさんの拉致事件も、今回と似たり寄ったりの荒っぽさだ。実に北朝鮮らしい暗殺ともいえる。北朝鮮の暗殺スキルが中国の護衛よりも上手だったとすると、担当した部門にとっては大きな失点だろうなあ。

『まさお』は日本へのお忍び旅行で新橋で呑んだ思い出が忘れられなかったという。ロイヤルファミリーに生まれたばかりになあ。
1487322161172

金正男、暗殺される

あの金王朝の嫡男、『まさお』こと金正男が暗殺されたという。こりゃ刈り上げくん本気だな。核ミサイルの開発は何が何でも進める。この件については中国だろうが聞く耳持たないという訳だ。刈り上げくんは、ミサイル実験に際して、中国が所有する北朝鮮カードの切り札的存在だった兄を始末したのだろう。

毒針での暗殺ねえ。調べてみると、毒針は北朝鮮の暗殺手法して割とポピュラーのようだ。ここによると、ハニートラップに近い状況ではないかということだ。暗殺にもお国柄が出るみたいで、勉強になる。毒針の使い手はブラックエンジェルズにはいなかったかな?

このお兄ちゃんは、ディズニーランドで捕まった時が最高に面白かった。しかし何だな、弟の刈り上げくんもお兄ちゃんと似たり寄ったりの死に方を迎えそうな気がする。

「よしお前、処す!」
いやいや、勘弁してください。

kimusannIyPHj_in

さよならタマちゃんを読んだ

何とか熱も下がり、夕方にはたま子と雪の残る公園で遊んできた。大きな雪だるまと、小さなカマクラに喜んでくれたようだ。

病床で、武田一義さよならタマちゃんを読んだ。主人公は漫画家のアシスタントをしている35歳の既婚男性だ。精巣腫瘍が肺に転移して、化学療法に切り替わるところから物語がスタートする。BEP療法の副作用による吐き気、食欲不振、味覚要害の苦しみを、先輩患者のアドバイスや奥さんの献身によって乗り切る。クビになることを覚悟していたアシスタントも、漫画家の先生から武田くんの復帰を待つという申し出がある。そのときの先生のセリフがカッコいい。「迷惑かけたくない気持ちも分かりますけど、病気なんだからそれはあきらめませんか」

周りの言動が癇に障るというのも、入院患者ではありがちなことらしい。主人公のケースでは暴言の矛先が奥さんに向かい、そのことを後悔して主人公は落ち込む。このケースでは夫婦の絆を深めることになるのだが、患者同士で起きた諍いも描写されている。これって入院あるあるなのかもしれないな。

主人公である武田さんは化学療法が効いて完治する。手のしびれという漫画家志望者にとってはキツい後遺症を伴ってはあるが。退院間際に同じ精巣腫瘍患者の市川さんと主人公が語り合うシーンがある。「忙しかったのはホントだけど、命より大事な用事なんてひとつでもあったのかな。『今すぐ病院に行け』ってあの時の自分に言いたいよ。」市川さんの言葉だ。

さて、たまごどんには抗がん剤治療で苦しんでいる谷庵さんという友人がいる。さよならタマちゃんをたまごどんが手に取ったのも、彼のことが頭の隅にあったからだ。たまごどんでいうと、たま子はまだ4歳なので死ぬ訳にはいかない。しかし、彼女が15歳だろうが20歳だろうが、たまごどんは同じようなことを言いそうだ。「あの子が成人するまで‥」「あの子が結婚するまで‥」

作中の先輩入院患者である田原さんが呟くシーンがある。「年の順に人が死ぬのはそれほど悪いものじゃない。」そうかもしれないな。順番さえ狂わなければ、必ず訪れるその時の遅早は大した問題ではないのかもしれない。

少し湿っぽくなった。この漫画は武田さんのデビュー作になる。内容は相当にシリアスだが、絵柄が可愛らしく読み易い。それに、抗がん剤治療の実態を理解する入門書になっていると思う。武田さんには他にもいくつか作品があるようなので、目に留まったら読んでみます。
513gzotyZpL__SX350_BO1,204,203,200_


40万ヒット

泉田純の記事が凄いヒットを記録したので、今日か明日にでも40万ヒットに届いてしまいそうだ。
まあ、続けることはいいことだろう。


現在、38℃5分。今から寝ます。

カニを求めて天橋立に

今度の週末、八日市時代の職場の仲間と京都の天橋立に行くことになっている。海月楼というところでカニを食べるんだなあ。懐かしい顔ぶれとカニを食べるのはいいものだ。

ところが、今週末は日本海側が大雪だという。大丈夫かいな。
2012-winter-kani

Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ