久しぶりに見ごたえのあるNHK番組を見た。午前0:30からの「アウシュビッツ」だ。昨日忘年会から帰ってきてテレビをつけると、アウシュビッツを映像豊かに解説していた。

たまごどんは某サイトで、「ユダヤ人虐殺はでっち上げだ」と主張するお方に対し論陣を張ったことがある。おかげで絶滅収容所についてかなり詳しくなった。今回のNHK番組は全五回。昨日の夜が二回目だったので、これからは録画することにしよう。

この番組は、イギリスとアメリカとが今年合作したらしい。こうした番組をちゃんと放映してくれれば、たまごどん受信料払ってやるのに。ビジュアルも大変凝っているし、理解しやすく作っていると思う。

日本には「南京大虐殺は嘘だった」とか「731部隊の人体実験はでっち上げだ」と主張する方が多い。NHKは中国や韓国、フィリピンなどと合作して、日本の戦争犯罪を検証する番組を作れないものか。朝鮮人の強制連行の実態を知れば、北朝鮮の言い分にも理があることが分かると思う(注:拉致事件解決をたまごどんは望んでいる。日本が過去の戦争犯罪をキチンと清算してくれれば、こんなに解決が長引くこともなかった筈だ。)

まあ、NHKには無理だろうな。受信料を払う日を、たまごどんは望んでいるのだが。

ポチッとな