小坂の金銭トレードとどっちにしようか迷ったが、古木にする。

正直、恐れていた事態になっている。横浜の古木がトレード志願しているのだ。

ディフェンス重視の牛島監督で、古木を置くポジションがないということだろう。サードを追われ、レフトには小池が定着している。可能性があるとすればファーストだが、佐伯より下手なファーストになるし、新外国人選手をおく予定だろう。やはり外野。しかし多村、金城、小池では、今の古木にスタメンは無理だ。

古木の魅力はパンチ力にあり、確実性や出塁率ではない。こうした穴のあるスラッガーが不足しているチームは中日、ヤクルト、広島、ロッテ、オリックス、楽天か。そして横浜の補強ポイントは左の中継ぎとローテーションを任せられる投手、機動力のあるリードオフマン内野手だ。

中日なら小笠原+誰かの2対1トレード。久本は勘弁だな、森野なら嬉しいが。ヤクルトなら河端。鎌田は故障なのか?広島なら小山田か永川。ロッテなら加藤が欲しい。薮田は無理かな。オリックスなら山口になるか。どちらもトレード志願だし、山口の球速は魅力だ。楽天には古木に見合う人材がない。古木の格というか器は、こういった感じだと思う。

だが実際には足元を見られ、「なんでコイツと古木が?」という交換トレードになることは目に見えている。古木よ、横浜で練習あるのみだ。課題は守備と分かっているんだから、土と汗にまみれること。器は認めるが、お前はまだシーズン20本台を一回しか打っていない並のスラッガーだ。守備は、サードなら江藤、外野なら鈴木尚典を目標としろ!

ポチッとな