昨日は卓球クラブの新年会に出て、バカ話に花を咲かせた。新年会については日を改めて語ろう。

新年会後に、たまごどんをヴォーカルとする熱くて寒いバンドの練習をしてきた。メンバーを紹介しておこう。ドラム=社長、ギター=おいちゃん、ベース=おじさん、そしてヴォーカル=たまごどんだ。酒と音楽を愛するナイスな中年がコンセプトだ。

一時間ほど軽井沢で練習してきた。30分ほど練習すると飽きてきて、クイーンのWe will rock youやBOOWYのカバーを始めるのはお約束。たまごどんが学んだことは、「自分で作詞した歌詞でも、すぐ忘れるんやな」ということ。いやぁ、歌ってる途中で頭真っ白になるわ。

練習後の打ち上げは、当然スナックだ。スナックでは社長がセクハラし、おいちゃんが○○を出して、そりゃもう大騒ぎさ。しかしここで大問題が。たまごどんはカバー曲に「それ行けガイコッツ」を推しておるのだが、他のメンバーの同意が得られない。むむぅ、早くも音楽性の違いで解散の危機なのら。

ポチッとな