どうやら自民党が割れて、新党が立ち上がるらしい。顔ぶれは与謝野馨と平沼赳夫ということで、新鮮味もなければ気概もないだろう党が結成されることとなる。この党はどういう理念を持ち、この大型デフレ不況をどうやって打破していくつもりなんだろうね。

たまごどんが想定する新党は、橋下大阪府知事が一気呵成に候補者を擁立して政権を握るイメージだ。だから、今回の新党はどう見ても大きな波にならないと思う。橋下知事は馬鹿ではないから、この参院選はケンに回るつもりだろう。「破産寸前の大阪財政を立て直した男」として国政に打って出るはずだ。

この機会だから言っておこう。今の民主党の支持率に関する報道が、どうもたまごどんには眉唾なのだ。支持率が危険水準だ、小沢幹事長の独裁だ、普天間問題に関するリーダーシップが足りない、郵貯簡保の限度額のアップは後退だ‥。それぞれ断片(ピース)としては事実だろうが、皆あまりにもナイーブ過ぎやせんかね?民主党の小沢幹事長が党内で力を持っていることは公然の事実だし、そんなことは選挙前から分かっていたことだ。普天間に関するリーダーシップとは、沖縄県行政機関や沖縄県民の願いを踏みにじってアメリカ様に基地を提供することの決断かね?そんなリーダーシップだったら犬にでも食べさせろ!って、これは前にも言ったかな。郵貯についても、国民新党が与党になったのだから、こうなることは当然ではないのかね?それとも、何か公約違反があったんでしょうか?

民主党が政権になって、日米安保条約の核持ち込みに関する密約の存在が明らかになったこと、記者クラブの開放が進んだことは、政権交代の大きな成果だとたまごどんは考えているのだけど、それに関する賛辞の声はあまり聞こえてこないようである。なんでだろ?左側の人は、ひょっとすると民主党になったら劇的に景気がよくなるとでも思っていたのかねえ。たまごどんは政権交代のときにほんのチョッピリ社会が良くなるだろうと期待していて、おおむねその通りになっているんだけどなあ。

これから目指すべき社会については、たまごどんももう少し考えてみる。