たまごどんが明らかに冤罪だと分かる事件が、名張毒ぶどう酒事件と狭山事件だ。そのうち、名張毒ぶどう酒事件に大きな進展が今日あった。

>三重県名張市で1961年、農薬入りのぶどう酒を飲んだ女性5人が殺害された「名張毒ぶどう酒事件」で、死刑が確定した奥西勝死刑囚(84)の第7次再審請求に対し、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は5日付で、再審開始決定を取り消した名古屋高裁決定(06年)を取り消し、高裁に審理を差し戻す決定をした。

この事件が冤罪と立証されれば、日本の冤罪事件でも特筆されるべきものになる。事件は昭和36年の小さな部落の宴会で起こった。そこで振舞われたぶどう酒に農薬が入っていて、女性5人が死亡した。有罪の決め手とされたのは、ぶどう酒に混入された農薬と奥西が所持していた農薬(ニッカリンT)が同一であるとの鑑定結果であった。詳しい事件の経緯と再審(現時点ではそこまで達していないが)までの長い道のりはここでわかる。

この事件は物的証拠がほとんどなく、犯人とされる奥西氏の供述と事実は大きく食い違っていて、冤罪であると断定できる事件である。高裁への差し戻しを決定した田原睦夫裁判官は「事件から50年近くが過ぎ、7次請求の申し立てからも8年を経過していることを考えると、差し戻し審の証拠調べは必要最小限の範囲に限定し、効率よくなされるべき」との補足意見を述べたそうだ。素晴らしい!奥西さんが生きて無罪判決を聞けるように、差し戻し審理は速やかに行って欲しい。

たまごどんは奥西氏がかなり厳しい精神状態にあるということも伝え聞いていたので、彼がまだ正気を保っているらしいと聞いてホッとした。償っても償え切れるものではないもしれないが、無罪を勝ち取った彼には、ぜひやくみつる氏と一緒に温泉に行って欲しいものだ。