菅総理がこの連休に被災地を視察するという。一体何が分からないというのだろう。仕方ないのでたまごどんが教えてあげよう。被災地に必要なのは、暖をとるための寝具と灯油、物資を輸送するためのガソリン、食料品と水、医薬品、衛生なトイレ、そして情報だ。

今の総理の仕事は被災地の視察じゃない。被災地に物資を送ることと、福島原発の暴走を食い止めることだ。どっちも出来てないではないか!福島原発はともかく、被災地に物資が送れてないのはどういうこったい!陸からでも海からでも空からでも、方法を選べば送れるだろうが。国民を見捨てないのが政治ではないのかね。

言葉は悪いが、菅総理にとってこの地震&津波は最後のチャンスでもあった。ここで危機を乗り越える目処をつけられれば長期政権の可能性もあった筈だ。でも、本当にこの人ってダメな人なのね。
( -д-)ノ

末期ガンの方や死刑囚、さらに希望者から福島原発事故の決死隊を編成するって方が、視察なんかよりよっぽど国民のためになります。外国からの支援はどこでどう使われているのか。