今日、たまごどんが気になったニュースはこれだ。

***********************************
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は30日、東京電力の長期的な会社格付けを現在の「BBB」から、投資不適格(BBプラス以下)とされる「Bプラス」に5段階引き下げたと発表した。

震災後にS&Pが東電を格下げするのは4回目で、「Bプラス」は、全21段階のうち上から14番目。ただ、社債などの東電の長期優先債券の格付けについては「債務不履行となる蓋然性が銀行借り入れより低い」との理由から、2段階格下げの「BBプラス」にとどめた。S&Pは今後の格付けの見通しについては、「不確定」を継続した。

S&Pは格下げの理由として、約1兆2000億円の税引き後赤字を計上した2011年3月期連結決算の結果、大きく財務内容が悪化したことを指摘。さらに、福島第一原子力発電所事故の損害賠償に対する政府支援や決定時期などが不透明である点を挙げた。さらに、取引銀行から債権放棄や既存融資の金利減免などの金融支援を受ける可能性が高まっていることも理由とした。社債の格下げが2段階にとどまった理由については、「(東電の)社債の一般担保(担保としての価値)は電気事業法上、損害賠償にも優先するので、政府が債務不履行とする可能性が低い」とした。
************************************

関西電力でも中部電力でも九州電力でも四国電力でもいいが、今の東電の状況を見ても原発を推進したいのだろうか?福島原発事故によって、東電という日本の最優良企業は、その経営基盤を根っこから突き崩されてしまった。火力発電や石炭発電が事故ったとしても、ここまでの影響は出なかった筈だ。

今週末までに原発の利権に関する記事を挙げるつもりだ。電源三法による交付金、プルサーマル計画で潤った人間。調べていくとドロドロしていますなあ。たまごどんは出来るだけ客観的な事実で、その辺りを描きたいです。