2016年03月05日

ハヤブサが亡くなった

プロレスラーのハヤブサ(本名:江崎英治)さんが、3月3日午後0時にくも膜下出血のため急逝したことを所属事務所が発表しました。47歳でした。

なん‥だと!?

ハヤブサとたまごどんの出会いは第一回スーパーJカップだった。ジュニアヘビー級だけの選手を集めた夢の祭典の一回目に、ハヤブサはFMW選手として参戦した。彼の対戦相手は獣神サンダーライガー。FMW選手ということで色メガネをかけていたプロレスファンの度肝を抜くファイトを、ハヤブサはライガーにぶつけた。その跳躍力とたたずまいのカッコよさ。もっともたまごどんは、このスーパーJカップで外道ファンになったことを告白しておこう。この大会でSASUKEやTAKAみちのくが全国区になり、大谷晋二郎は自分の格上げに成功した。優勝者はワイルド・ペガサスこと故クリス・ベノアだった。

大仁田引退後のFMWは、当然のようにエースをハヤブサとする体制に移ろうとした。大仁田の現役復帰でプランがグダグダになってしまい、そのせいかどうかはよく分からないが、ハヤブサは全日に参戦することになる。そして2001年の頸椎損傷事故だ。ハヤブサは、プロレスラーとしての引退を選ばず、リハビリからの現役復帰を目標にした。「お楽しみはこれからだ!」

小橋の引退試合にハヤブサはゲストとして呼ばれた。その頃はプロレスから半引退だったたまごどんは、ハヤブサが杖とはいえ歩いているのを見て、山梨に住むプロレス仲間に「ハヤブサの状態かなり良くなったんじゃね?」と訊いてみた。彼は寂しそうに、「あの状態のまま長くて、こちらからは回復が見えてこないんだよ。」と呟いた。あの時は「そうか」と思っただけだけど、こうしてハヤブサの訃報を聞くと、なんともやるせない気持ちになる。

この記事を書くにあたり、小橋引退を綴ったブログを見つけ、つい読みいってしまった。小橋の引退も、三沢の訃報も、たまごどんの大事な記憶だ。言葉にすると陳腐だが、青春ってヤツなのだろう。

ハヤブサよ、今はただ安らかに。

cached







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 01:20│Comments(3)TrackBack(0)訃報 | プロレス

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヒラリー   2016年03月05日 09:14
たまごどん。
私は格闘技全般が好きです。
ハヤブサさんは脛椎損傷でリングを離れていましたね。
荒井昌一社長の「倒産FMW」という本も読みました。
その後に荒井社長は自殺してしまうのですが、こういうケースもやはりどれだけ負債を背負っても死をもって償うという選択は不要であり残念です。

本を読む限り、大仁田厚が悪いのではないかと。
興業の難しさも伝わってきますが、そういう中でハヤブサさんが選手ですが会社側の事情も考慮して疲労が蓄積されたうえでのケガ。
荒井社長の本はプロレスに興味がなくても選手の側でなく、運営する側の生々しい人間関係や資金繰りのこと等が読み取れるものとして読んで無駄ではないでしょうね。
アントニオ猪木の自伝にも借金で身心ボロボロになった時期の話がありますが、ある意味、乗りきってしぶとく生き続けたほうがいいですね。

ハヤブサさん、また同時に荒井社長のご冥福をお祈りいたします。
2. Posted by ジャジー   2016年03月06日 20:29
>たまごどん君

君にとってのヒーローなら、亡くなったことは相当なショックなのだろうな。
若い時の記憶は、簡単には忘れないものだからね。

さて、そんな中で、できればこんな話はしたくないのだが、君にとっての「悪役」のひねくれ(粘着)爺さんは君に伝えなければならないことがある。
まあ、時間は取らせないよ。

君は、またたんぽぽさんに醜態を晒したようだね?

>(たんぽぽさんは−引用者注)性産業が忌避されることの理由として、

>a. 性感染症や性病に罹患する危険
>b. メンタルを損なう危険
>c. 暴力的な「雇い主」や、嘘の求人を出す「雇い主」の存在
>d. 客の暴力
>e. 性産業経験者への社会的偏見

>があることを、わたしは2月4日エントリで挙げたのでした。
http://taraxacum.seesaa.net/article/434499692.html#more

そして、たんぽぽさんによると、君はこう答えたのか。


>これに対して「自発的に性産業で働いている女性はたくさんいる」
>という主旨のことを、コメント欄であなたは言ってきたのでした。
(同上)

以下続きます。
3. Posted by ジャジー   2016年03月06日 20:46
たんぽぽさんが「性産業が忌避される理由」をたくさん挙げ、

「だから、女性は性産業を避けるのだ」

と言っているのに、君は「女性は性産業を避けるものではない」という反論をすることもなく、

「自発的に性産業で働いている女性はたくさんいる」

という言い方をしたことになる。何の根拠も示ずにね。

すまないが、ハッキリ言って君の言葉は会話になっていないぞ。

たんぽぽさんは、君に女性にとっての性産業の「現実」を知ってもらおうと思っている。
しかし、君はたんぽぽさんが「ぼくの考えに賛成していない」という考えばかりで、現実が見えていない。
見えているのは、現実離れした「都合のよい妄想」だけだ。

会話がかみ合わなくて当然だわな。

現実を見ない人間の末路はどうなったか?

君が大好きな旧日本軍の敗北の歴史を紐解けば、それが分かるのではないのかな?

今のままでは、君に対するたんぽぽさんの評価が変わることなど、絶対にあり得ないぞ。
君の味方なんて、現実世界でもネット上でも、いったいどれだけいるんだ?
きっと、君は「ぼくの味方はたくさんいます」と言って、
具体的に何人かと尋ねたら、それが「10人」となり、最後には「ヒラリーさんとDさんだけです」となるんだろうけれど。

君は、今でもハヤブサが大好きなんだろう?
なら、亡くなっても多くの人に好かれるように、そのための行動を取らなければいけないのではないのかね?

もっとも、君のハヤブサに対する気持ちが本物ならば、という条件は付くがね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives