2016年03月20日

SWASHに期待します

たまごどんが書いた女性の権利を訴える方の理想的な性風俗業とはは関心が高いテーマだったらしく、この記事へのアクセスは多い。あれから色々と調べてみて、性風俗に従事する女性の権利保護を訴える団体SWASHを見つけたので、リンクして報告しておきます。

SWASHはSex Work and Sexual Healthの略で、風俗業に従事する女性が安全に安心して働ける職場を目指している。ブログの過去記事はおいおい読んでいくことにして、SWASHは風俗店店長との意見交流会なども企画していて、性風俗業者を共に良くしていくための仲間と認識している点に好感が持てます。それに、現実に実行できる施策まで自分の行動をブレイクダウンし、それに沿って地道に活動している点が素晴らしい。

もっといい世の中にしていくには、こうした団体の地道な取り組みを顕彰するというのが、結局は一番の近道だとたまごどんは考えます。

seikatuhogo_big

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:56│Comments(4)TrackBack(0)社会 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジャジー   2016年03月21日 08:24
>たまごどん 君

>あれから色々と調べてみて

・・・。

「色々と調べてみて」の「色々と」が何を指すのか、私には分からないが。
たまごどん君、君の書いた事が事実だとしたら、
「調べる」前の君のブログ記事や、たんぽぽさんのブログへの君の投稿コメントは何だったの?

ろくに勉強もせず、知りもしないことを知ったかぶって(知ったフリをして)書き込んでいただけかい?

まあ、君は従軍慰安婦(軍用性奴隷)問題の研究ごっこ(研究の真似ごと)でも同じような事をしていたから、私にとっては全く驚くようなことではないがね。

まあ、今更君を止める気にもなれないよ。せいぜい、たんぽぽさんのところで話をすればいいさ。
ただし、これだけは警告しておこう。

一部の人間にしか通用しない論理を振りかざしても、その論理は絶対に君を救わないぞ。
この主張に嘘がないことは「慰安婦は必要だった」と君が主張してしまったばっかりに、私に「謝罪しろ」と言われて、私に対して何もコメントできなくなった君が、よくわかっているんじゃないのかな。

さらには、たんぽぽさんもあやめさんも、君に対する見方が完全に変わった。
これが、一部にしか通用しない論理を振りかざす人間の現実だ。

恨むなら、後先考えず行動した、君自身を恨むんだな。
2. Posted by ヒラリー   2016年03月22日 09:17
たまごどん。
性風俗テーマへのアクセスが多いとのことで、やはり関心の集まるテーマなんでしょうね。
韓国側も「竹島」より「慰安婦」のほうをうが大きな波になりやすいと判断して慰安婦問題を強調していると、何かで読んだことがあります。

今回、ご紹介の団体は知りませんでした。
交流会などを行っているのは、普段は別店舗のライバルでも業界丸ごと守っていくためには横のつながりが強さを発揮するでしょうから良いアイディアですね。
3. Posted by たまごどん   2016年03月24日 01:43
SWASHブログではこの記事がよかった。ケイティ・ウィンさんというビルマのSWの方の講演です。一部引用します。

http://swashweb.sakura.ne.jp/node/37

==========================
これは、経済的な力を移転させることについての問題なのです。みなさんに言いたいことは、女性が性を売る決断をするとき、彼女はすでに自分を経済的にエンパワーする決断をしているのだということです。私たちがセックスワーカーを組織するときには、そのセックスワーカーがすでに自分につけた力――貧困に陥らないという決断――の上に組織をつくるのです。
他の労働者と同じように、私たちは集団を組織し自分たちの権利を主張することで、より強い経済力を得ます。ですから、ビルマの、アジアの、そして世界中の、セックスワーカー運動の主な要求はシンプルです。セックスワークが労働と認められることです。
けれども私たちにはもう一つ、重要な要求があります。それは女性運動の一部に対する特定の要求です。
私たちは、自分たちが犠牲者としてあつかわれないことを要求します。セックスワークは労働です! セックスワークはその定義からして人身取引とは違うのです。私たちを労働者としてあつかってください。受動的な犠牲者ではなく。
==========================
4. Posted by ヒラリー   2016年03月24日 08:26
たまごどん。
その、ケイティさんという人の主張は正しいと思います。
これは韓国でも当事者が「私たちは自分で選択している」「女性団体は私たちを都合よく使うな」と主張してます。
日本のAV出演もそうですが、強引にとか騙されてという人は、それを個別として悪徳業者やスカウト等を訴えるなどすべきですね。
ただ女性団体やフェミニストは、女性が自分で選択するなどあり得ない。
本人がそう言ってもそれを選択しなければいけない社会が悪いと思い込みたいようで。

なんか悔しくて仕方ない感じですよね。自分のことでもないのに。
私なんかは殺人事件で罪が軽かったりすると、他人のことでも納得できない衝動がありますから、他人のことでも、という意識は分かりますが、フェミニストはその動機が常に男憎し、になってしまっており不純な正義感をふりかざしているところ。それがバレていないと思い込んでいる稚拙さがあります。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives