難民関係のニュースはどれが本当なのか判断に迷うことが多い。この記事もその中の一つになるだろう。

===============================================
ドイツ西部ビンゲンで7日、難民らが住む住宅から出火し6人が軽傷を負った火災は、この住宅に住むシリア人の男(26)による放火事件と判明した。地元警察が10日発表した。

 住宅の壁からナチスの「かぎ十字」の落書きが見つかり、当初は極右勢力の犯行が疑われたが、警察は住民らの情報から9日に男を逮捕。男は、住環境の悪さや将来の生活の見通しが立たないことへの不満から放火し、捜査をかく乱するために「かぎ十字」の落書きをしたことを認めた(共同)
===============================================

ドイツの極右賛同者が起こした移民排斥の犯行と報じられたこの事件は、結局のところ難民の自作自演だったようである。移民がカナンの地としてきたドイツでも、生活には不自由を感じているようだ。国家という共同体から離れるということは、相当に難しいようである。

極右団体による移民排斥を目的とした犯行と報じていたニュースに比べると、今回の訂正報道は盛り上がっていない。移民賛成派にとっては不都合な事実なのだろうな。