2016年06月23日

EUの離脱を問う英国民投票

イギリスで行われているEUからの離脱を問う国民投票が全世界の注目の的だ。もしもイギリスがEU脱退ということになると、EUを否定するフランスの国民戦線とかは勢いづくだろう。EUの存在意義から問われかねない。かといってイギリスがEUに残ったとしても、増え続ける移民とテロリストの脅威という問題は残る。残留を主張したジョー・コックス議員は、離脱派の男によって射殺されてしまった。

離脱すればポンドの下落は避けられないだろう。そして円高が再燃することになる。有事の際の円買いってやつだ。ウチの会社の業績にも響きそうだな。中国が米国債を売っているという情報もあるし、安倍総理の言う「リーマンショック前の経済状況」にも信憑性が出てきたように思える。

現在のところはやや残留派が有利らしいが、まだ分からないぞ。まあもっとも、明日になれば嫌でも分かるか。こんな記事もあった。
============================
「最後に公表された世論調査は45対45でイーブンでした。世論調査組合の会長を務める大学教授のサイトもイーブンです。市場やブックメーカーと呼ばれる賭け屋は残留に大きく傾いていますが、キャメロン首相は先日『結果は誰にも予想できない』と話しています。正直言って、蓋を開けてみないと分からないという状況です」

どんな層が残留を、どんな層が離脱を主張していますか?

「地域によって異なります。ロンドン、スコットランド、北アイルランド、ウエールズが残留、それ以外のイングランドが離脱。年代によって異なります。若者は残留、高年者は離脱。バックグラウンドによっても異なります。大学卒業以上は残留、それ以外は離脱。職業によって異なる、読んでいる新聞によって異なる、所得によって異なる、本当に二分しています」
============================
さて、明日のニュースが楽しみだわい。

1466601846656
1466578336998

th302d at 23:23│Comments(7)TrackBack(0)国際政治 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヒラリー   2016年06月24日 07:18
たまごどん。
少し前に朝日か毎日の記事で読んだのは、イギリスに来ているポーランド人が日本円で月に30万円ほど稼いで母国に仕送りしている。
30万円はポーランドで同じ仕事をして稼げる約5倍にもなると。

不満を持つイギリス人の言い分は、そのような外国人は雇用主の機嫌をとろうとして時間外労働を率先してやるものだからイギリス人が割りを食ってしまっているー
ということだそうです。

私はポーランドの賃金がそんなに安いとは知らず驚きました。
それで、あいつら時間外でも率先して働きやがるからっていう、そういう不満の質ですね。
あいつら言葉分からんからとか、仕事サボりやがるから自分達に負担が、でなく仕事やり過ぎるから自分達が割り食っちまうよっていうのは、んん、、想像はできるけどという感じ。
日本も移民が多数入ってくるとそういう質の不満も発生するんでしょうかね。
2. Posted by ジャジー   2016年06月25日 08:35
>たまごどん 君

やあ、久しぶりだね。

結局、離脱派が多数を占める結果になったよ。

英国民の考えは、私は詳しくないが、
少なくとも、ナショナリズムは日本以外の国にもある、ということだけは私にも理解できた。

それでも、愛国心のかけらもない対米追従ばかりの安倍自民党政権に比べれば、英国民のナショナリズムは優れていると私は思うがね。

さて、今回は心配事があったので書き込ませてもらったよ。
忠告は1つ。「挑発に乗るな。」

>たまごどん、お嬢さんにお話しするときは、親類縁者を一同に集めて
>その眼前で堂々と話しましょうよ。
>大切なお嬢さんの将来を考える、大事な場面じゃないですか。
>せめて最低でも、奥様の同席は必須ですよ。

>絶対に、二人きりの秘密のお約束にしちゃだめですよ。
>社会の為になる立派な職業に、ネガティブな印象を与えかねませんからね。

>Posted by あやめ at 2016年06月22日 20:13

http://taraxacum.seesaa.net/article/434827919.html#comment

以下続きます。
3. Posted by ジャジー   2016年06月25日 08:49
たまごどん君。
今から真剣な話をさせてもらうから、よく聞いてほしい。

君は、間違ってもたま子ちゃんの将来の道として、性産業への従事を勧めてはいけないよ。
そんなことをしたら、彼女は君を信用できなくなってしまう。
君を頼ってくれる存在を、君は失うことになる。

北海道で、息子を置き去りにした父親がいた。
かわいそうに、あの子も、きっと父親の言動1つについて、怯(おび)えながら生活しなくてはならなくなっただろう。
父親の言葉と行動が、もはや信用できないから。父親が、自分に何をするか分からないから。

あやめさんの挑発に乗ったら最後、あの親子の悲劇を再現させてしまう。
時間をかけて築いた「信頼」を、一瞬で「崩壊」させてしまう。
君にとって得る物は何も無いが、損失は計り知れない。

私の書き込みで気分を悪くしたら許してほしい。
しかし、今の君は何をするか分からない。私は、君が非常に心配だ。
だから書き込ませてもらった。

私の心情を察していただけると、ありがたい。
4. Posted by ヒラリー   2016年06月25日 11:18
ジャジーさん。
たんぽぽさんのところで、私のコメント参加はジャジーさんと入れ替わりだったそうです。
私はブログは読んでもまだ参加はしてなかったんですね。
鼻血騒動っていうのは男女問題とは違うことでもあったので。

それで私がジャジーさんに同情してるっていうわけですが、その通り同情してますよ。
今回のイギリス問題にたとえると分かりやすい。
キャメロン首相とロンドン市長のカーン氏は対立してますが「残留」という件においては手を組みました。
当人同士も多くのことで合わないが残留ということでは一致していると表明していました。

逆にジャジーさんの場合は多くのことでたんぽぽさんと一致するのに鼻血騒動だけ一致しなかったわけですよね。
一致しないから一致しない意見で書き込みを重ねることが粘着になるのかなと。
今も懸命にジャジーさんがたんぽぽさんとあやめさんの味方してるのに、「ジャジーは粘着。私がどれだけ苦労したか」とされて、だからジャジーさんの片思いになってると書いたんです。
あるいはジャジーさんにとっては慰安婦や原発は国側の管理であり、慰安婦が強制ではないとか鼻血は放射能と無関係という立場をとることは国側、権力側の立場をとることであるといった思考、思想なのかなとも思いますが。
5. Posted by ジャジー   2016年06月25日 18:39
>ヒラリー君

「横やり失礼します」の言葉もなく、いきなり何だ?
君には話していない。黙っていろ。
6. Posted by ヒラリー   2016年06月26日 07:10
ジャジーさん。
黙りません。というのもジャジーさんは私と違って、たんぽぽさんのところで投稿禁止になっていないというではありませんか。
それで、ジャジーさんはたまごどんに対していろいろ書かれてますが、要するにジャジーさんはプライド高いんじゃないですかね。
だから投稿禁止でもないのにたんぽぽブログに再登場するのが嫌なんじゃないでしょうか。

たんぽぽさんはまた礼拝堂で私のこと書いてますけど、プロの作家でもAmazonのレビューで自分の本に対する反対評価が多いことで嘆く人がいます。
たぶん、本というのは誉められたり薦められたりする宣伝的な感想もどきが当然と思うからでしょうね。
でも実際には☆5つもあれば☆1つもあるというほうが信用性が高くなり、どうしても中には荒し目的も出てきてしまうんですがね。
7. Posted by ジャジー   2016年06月26日 14:12
>ヒラリー 君

謝罪の言葉もなく、言いたい事をいうだけか。
君を大人扱いした私が愚かだった。

今度いらない事を書いたら、私は君を一切相手にしないぞ。
私の気持ちを察しない人間など、仲間ではない。

警告はしたからな。
よく考えて行動(書き込み)するように。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives