今日は奨励会三段リーグの最終日で、大橋貴洸三段と共に四段昇段を決め、プロ入りしたのが藤井聡太三段だ。藤井三段はあの厳しい三段リーグを一期で抜けたことになる。

驚くべきことは、彼が14歳2か月の中学生であり、史上最年少棋士であることだ。 今までの記録は加藤一二三九段の持つ14歳7ヶ月であった。「神武以来の天才」と称された加藤九段は現役最年長棋士でもある。加藤九段が藤井四段と公式戦で対局すれば、年齢差62歳の新旧天才対決となるそうだ。これはぜひ実現してほしい。

無題










年若くしてプロ棋士になった者が、その後タイトルホルダーとなる確率は高い。特に中学生棋士になると、加藤・谷川・羽生・渡辺というメンバーになり、その確率は100%になる。これからの彼には注目ですな。写真の青服が藤井四段、茶色のスーツが大橋四段です。

oohashi-hujii