金正日のお抱え料理人だった藤本健二さんが消息不明になったそうだ。こうも韓国・北朝鮮ネタが続くのもどうかと思うが、ニュースが押し寄せるのだから仕方ない。まだ朴槿恵大統領の弾劾可決についても書けていないってのになあ。

ちょっと話がそれたので元に戻す。藤本健二という名は偽名で、本名は非公開、素顔はサングラスとバンダナで隠すというファッションで、彼はマスコミに登場した。彼が金正日主催のパーティーで披露したという、ネクタイをサックスに見立てて吹きマネをするというなんとも微妙な芸を、サンデージャポンで披露していたことをたまごどんは覚えている。金正日はこの芸でオオウケしたそうで、流石は連戦連勝の将軍様、凡人とはセンスが違うのだろう。

彼は金一族の顔と性格を正確に知っている数少ない人間だ。金王朝の三代目は金正恩であると断言したのが彼である。彼は北朝鮮で妻を娶り、子供を儲けている。彼の家族構成についてはここが詳しかった。色々あったけど、やっぱり家族の元に帰りたくなったんだろうか。彼に北朝鮮を訪れたいという想いがあるのであれば、いくら何でも北朝鮮のロイヤルファミリーのことを喋りすぎた気はする。

「北朝鮮人脈を使って経済的に成功することを目指した日本人」という意味でも、藤本さんは特筆されるべき人物なのかもしれない。存命であればいいのだが‥。

m_0000-79cff