まずは淡路島と四国の高速道路地図をご覧頂こう。
3rootmap_all













関西圏から四国に移動するには明石-鳴門ルートが一番便利だ。このルートで四国に上陸すると、高松自動車道に向かうか徳島自動車道に向かうかを選択しなくてはならない。たまごどんの目的地は新居浜だ。さてどっちがベストだろうか。

一見すると高松自動車道が蒲鉾状の曲線になっているので、ほぼ直線の徳島自動車道の方が得になるようだが、話はそう簡単ではない。徳島自動車道は徳島市を通るために大きく湾曲しているのだ。愛媛県を目指す者にとって、これは大きなロスになる。なお、松山道から淡路島に向かう時に現れる川之江ジャンクションでの時間表示では、高松自動車道と徳島自動車道で差はなかった。

結論から言おう。関西から四国に入って新居浜に向かう距離最短なルートは、鳴門から高松自動車道に向かい、板野ICで下り、県道を南下して藍住ICから徳島道に乗り直すというルートだ。高松道と徳島道が最接近するのがここであり、このポイントを外すと徳島自動車道に乗ることは難しい。最初から徳島道に向かうと徳島市を迂回するロスが発生することは、先に述べたとおりだ。板野ICと藍住ICのアクセスは道路一本で、極めて簡単である。
01




















ただしこれは距離だけの話。徳島道は対面通行が多くて走りにくいので、高松道で走った方が楽しいと思う。瀬戸内海が一望できる景観の良さも高松道の良さだ。徳島道で向かえば四国山地の険しさを体感できる。どちらを選ぶかは貴方次第だ。

四国に行く用事なんかないよって?長い人生、きっと役に立つことがあります。ぜひ記憶の片隅にでも留めて下さい。