東芝がヤバいという情報だけが踊っていて、何が起きていて何が問題なのかという事実についてはなかなか出てこなかった。ここは比較的詳しく記載されていると思う。幹部クラス(部長職以上でしょうかね)の社員でも、東芝の巨額損失について寝耳に水の状況だったようだ。

**************************************************************
事の発端は、東芝のグループ会社で原発事業を手掛けるウェスチングハウス社(WH)が、'15年12月に原子力サービス会社の米・CB&Iストーン・アンド・ウェブスター社(S&W)を買収したこと。
(中略)

――巨額損失の原因が何だったのか、はっきりとした説明がない。

 「S&Wでコストがかさみ、資産価値が下がり、減損が必要になる懸念があるという説明だったので、ではその原因は何だと問うても、実はわからないという状況なんです。

 そもそも、今回の件は、米国会計基準に沿って、S&Wの買収から1年以内というタイミングでWHが資産の見直しを進めていたところ急遽出てきた話で、情報がそれ以上つかめていないんです。

 そのため、取締役会としては報告を受けた直後、志賀重範会長らに情報集めのためにアメリカに飛んでもらったのですが、そこには膨大な伝票、資料の調査が待ち受けていて、とてもじゃないがすぐには結論を出せないということになった」
(中略)

要するに、東芝経営陣でさえも、いま何が起きているのかほとんど把握できていない――まさに異常事態である。
***************************************************************

ふーむ、これはマジでやばいな。今の東芝社長の綱川氏は医療部門出身で、原発部門は聖域となっていたそうだ。WHをハンドリング出来ないままの状況であれば、他の企業や銀行はおいそれと支援に手を上げることもできない。蓋を開けてみないと損失額すら確定できないのだ。

かといって、市場からの資金集めも困難だ。東芝は例の粉飾決算の問題で、3月15日に管理銘柄に指定される公算が大きいという。やはり銀行が腹をくくるしかないのか。東芝グループの優等生だった東芝メディカルシステムズはキャノンにM&Aされている。東芝は、「原発で食べていくのか、それとも半導体で食べていくのか」という二者択一を、出資者から迫られることになりそうだ。

シャープに続き、東芝も総合電機メーカーの座から降りることになりそうだ。そうだなあ、とりあえずサザエさんのスポンサーは止めていいと思うがな。