今日のNHK杯戦は桐山九段と飯島栄治七段との一戦だった。今期で加藤一二三九段と森けい二九段が引退するため、将棋界の最年長は桐山清澄九段となる。相手の飯島七段は前期までB級1組に在籍した実力者だ。御年69歳の桐山さんには厳しい相手である。先手は桐山九段だ。

桐山さんはA級に14年在籍し、棋聖3連覇と棋王を獲得し、タイトル戦になる前の王座戦や第1回全日本プロ将棋トーナメントで優勝した名棋士だ。名人戦では中原さんが4-1で桐山さんを退けている。たまごどんは中原さんの将棋本で強くなっていったので、同年代のライバルだった桐山さんはよく知っているのだ。言動がひふみんや森九段ほど目立たないのでキャラ的に損をしているが、実力者だった。

飯島さん相手に良くなった局面もあったみたいだが、駒を渡せないという制約が大きく、勝ちきれなかった。7四桂の前に2二とと捨ててスピードアップを図るべきだったのか。2三飛成が時期尚早だったのか。少し先手がよさそうな局面だとたまごどんは判断したが、受けも攻めも条件が多いようなので、実際は後手が勝ちやすい局面かもしれない。

桐山九段には残念な結果となったが、相居飛車の切り合いの将棋を往年のファンに魅せることができた。次は桐山九段の代名詞である「いぶし銀」を見たいです。
o0368025813920201962