最年少棋士・藤井聡太四段と一流棋士が非公式戦で対局する「炎の七番勝負」は藤井四段の6勝1敗で終了した。将棋界の絶対王者である羽生さんにも勝ったのだから恐れ入る。彼の場合は、まだ強さに底を見せていない感じがあって、この先どうなるのかという期待と不安があるなあ。囲碁界にイ・チャンホ(李昌鍋)が登場したときもこんな感じだったんだろうか。彼が「20歳までに世界チャンピオンになりたい。」と発言したとき、藤沢秀行名誉棋聖は笑ってこう返したそうだ。「ずいぶん謙遜したね。」それもそのはず、李昌鍋は当時まだ13歳だった。

炎の七番勝負は大変面白かった。藤井四段は公式戦で負けなしの13連勝。彼の将棋は逆転が少なく、序盤でポイントを上げていて、バランスが取れていると思う。終盤の剛腕で引っくり返していた羽生四段より強いのは間違いない。中終盤が鬼だった羽生さんの強さが完成したのは、田中寅彦九段戦などで序盤の大事さを学び、序盤センスを人一倍磨いてからだ。

たまごどんが次にしてほしい一戦は、藤井聡太四段vs 最強の将棋ソフト PONANZAとの番勝負だ。電王戦が終わってからになるだろうが、実現してほしいなあ。AbemaTVさん、お願いしますよ。
fujiiSota_7_main