民進、衆院選に公認候補擁立せずというニュースが入ってきた。つまり無所属候補をちゃんと調べないと、民進党の代議士を利することになるんですね。

この流れで、民進党の前原誠司代表も無所属で出馬するそうだ。おいおい、代表が無所属って聞いたこと無いし、政党として成りたってないじゃんよ。この衆院選で民進党の代議士は希望の党に媚びることを決め、党の解体は既定路線となったようである。

今回の選挙は、自民党と希望の党が握っている。希望の党が公明党と維新の会を飲み込むようであれば面白いが、仮にそうなったとして、誰が希望の党を仕切れるのだろう。小池都知事では都知事と党代表をこなすことが物理的に無理だろうし、若狭や細野に人望があるとも思えない。総合的に見て希望の党は準備不足が否めず、自民党にとっては与し易い相手だろう。こりゃ、安倍総理の作戦勝ちかねえ。突然のように見える衆議院解散は、解散から総選挙までに第二次朝鮮戦争が起こらないと判断したのか、米軍幹部から耳打ちされたのか。

たまごどんは豊洲移転問題の応対で小池都知事の底が見えたと思っている。そもそも、小池都知事は何一つ都政の成果を出していないように見える。けれども、都民に代表される多くの人は、小池都知事を支持しているみたいだ。希望の党は反原発支持層を取り込むところまでは決まったようだが、北朝鮮問題にどう対応していくのかは確定していない。

憲法改正反対派は共産党に流れ、北朝鮮のミサイルも嫌だけど、アメリカと組んでの戦争も嫌だなあという層の一部が希望の党に流れる。モリカケ問題の処置や消費税の増税に不満のある層は希望の党に投票かな。なんだかんだで、結局自民が大勝しそうだなあ‥。
7