ハリルホジッチ監督が解任された。この解任を是とするか否とするかと言われると、たまごどんは是とするものだ。サッカー界の近藤昭仁監督に続けてほしいと思う人は居ないでしょ。後任の西野朗監督は、ハリルホジッチの技術委員長を務めていた方だが、記事によるとこんな扱われ方だったらしい。

==========================================
当時は西野朗氏(63)が技術委員長を務め、監督人事に関わる技術委員会では試合が終わるごとに分析リポートを作り、ハリル監督に渡していた。だが、1日何試合も欧州リーグをチェックし、常に世界標準を知ると胸を張る指揮官は、リポートには目を通さず自分の分析力に頼るばかり。当然、技術委員会からの信用は失った。

技術委員会もエキセントリックな性格のハリル監督との距離感をつかめず、サポートは後手に回った。ある技術委員は、「(技術委員長だった)西野さんが監督と積極的にコミュニケーションを取るようになったのは、昨年の中頃だった。監督にも問題があるが、もう少し日本人の性格を教え、助言をしても良かった」と明かした。協会、選手とハリル監督の溝は深まった。修復は難しく、電撃解任へとつながった。
==========================================

たまごどんもブルガリア人上司で苦労したが、「全部オレがやる」っていう人間のサポートをするってのは大変なんだ。何かやらかすまで突っ走るし、軌道修正しようとする声は邪魔なだけ。起きたトラブルは全て馬鹿なサポートのせい。これではやってられませんよ。

ワールドカップまであと2ヶ月か。西野監督に苦言すると、目標を予選突破としたのはいただけない。「日本チームはベスト8の潜在能力がある。それを引き出すことが私の仕事だ」くらいはブチ上げて頂かないと。
20180410-OYT8I50041-N