日曜日にたま子の通う幼稚園の父兄参観に行ってきた。ジャージを持参ということだったが、まあ幼稚園だし、ちょっと走るくらいだろうと考えていた。これがキツイんだなあ。親子の触れ合いという謳い文句で、蛙跳びやブリッジ、後ろ向きの4つ足歩行などなど、なかなかにハードだった。他のお父さんと競争だし、子どもたちは必死に応援している。むむぅ、こりゃ大変だあ。

運動が終わると、お父さんへのプレゼントが用意されていた。お父さんの顔を絵にしてくれたのだ。
パパの顔





















いやあ、でもこれは本当に上手い。オイラの特徴をよく捉えています。
そんな画伯は、乳歯が抜けて、大人の準備をしています。

大人の歯待ち