米朝首脳会談が終わった。合意文書の日本語訳を全文引用しておこう

==================================
  米国のドナルド・J・トランプ大統領と朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の金正恩朝鮮労働党委員長は2018年6月12日、シンガポールで初の歴史的な首脳会談を開いた。

  トランプ大統領と金正恩委員長は、新たな米朝関係の確立と朝鮮半島における永続的かつ強固な平和体制に関する問題について包括的かつ掘り下げた誠実な意見交換を行った。トランプ大統領はDPRKに体制保証を提供し、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化への確固とした揺るぎない自らのコミットメントを再確認した。

  新しい米朝関係の確立は朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与することを確信し、相互信頼醸成が朝鮮半島の非核化を促進し得ることを認識しつつ、トランプ大統領と金正恩委員長は以下の通り宣言する。



1.平和と繁栄を求める米朝国民の願いに従い、両国は新たな関係の構築にコミットする

2.米朝両国は朝鮮半島での永続的かつ安定した平和体制の構築に向けて共同で取り組む

3.2018年4月27日の板門店宣言をあらためて確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化向けて努力することにコミットする

4.米国と北朝鮮は戦争捕虜(POW)と行方不明米兵(MIA)の遺骨収集にコミットする。これらには既に身元が判明した分の即時本国送還を含む

  史上初の米朝首脳会談は両国間の数十年にわたる緊張と敵意の過去を乗り越えるため、また新しい未来の幕開けのための重要な意味を持つ画期的出来事であることを認識しつつ、トランプ大統領と金正恩委員長はこの共同声明の条項を完全かつ迅速に履行することにコミットする。米国とDPRKは米朝首脳会談の結果を履行するため、マイク・ポンペオ米国務長官とDPRK高官が主導するフォローアップ交渉をできるだけ早期に開催することにコミットする。

  米国のドナルド・J・トランプ大統領とDPRKの金正恩朝鮮労働党委員長は新たな米朝関係の発展と朝鮮半島および世界の平和と繁栄、安全保障を促進するための協力にコミットする。
===================================

さて、どうだろう。この合意文書には「完全かつ検証可能、不可逆的な」非核化という文言は文書に含まれていない。金正恩が約束したとされるミサイル発射と核実験の停止についても触れていない。期限も決まっていないし、何をもって非核化とするのかも曖昧なままだ。アメリカ側は北朝鮮の国体護持を認め、北朝鮮は玉虫色とはいえ、核査察の受け入れを認めた。日本政府としては拉致被害者に言及してほしかったと思うが、項目4の後半に含まれているのだろうか。

北朝鮮は「総論賛成、各論反対」で時間稼ぎをするだろうが、武力行使を覚悟しているアメリカに、のらりくらり対応をしていられないんじゃないかな。次の相手は強面のポンペオだし、武力を背景に徹底的な核査察の条件を金正恩に呑ませるだろうと思う。

たまごどんは、項目4が日本と関係するのではと注目している。朝鮮戦争が終戦したとすると、項目4により在日朝鮮人・韓国人は本国帰還となるのではないでしょうか。なぜなら、朝鮮半島には戦争がなくなったので、特別永住者制度そのものが必要なくなるからだ。念のために項目4の原文を読んだが、訳のミスはないようだ。

>4. The United States and the DPRK commit to recovering POW/MIA remains, including the immediate repatriation of those already identified.

K10011474471_1806121445_1806121446_01_02-550x309