首の皮一枚で日本はHグループ2位となり、ワールドカップ決勝に駒を進めることができた。いや違うか。レギュレーションは各国に示されているのだから。西野監督はセネガルvsコロンビア戦の状況を確認し、日本が残り時間でポーランドに追いつく可能性と、セネガルが1点取る可能性とを天秤にかけた。交代枠はあと一つ。点を取りに行くなら柴崎に替えて本田か香川の投入だ。

しかし西野監督は交代に長谷部を選択した。そしてチームにこう伝えた。「残り時間は攻めるな。ボールを回せ。」こうして焦点はセネガルvsコロンビア戦となり、日本代表は10分以上パス回しをした。

これは勇気のいる戦略だ。セネガルが同点に追いついたら、西野監督は世界一マヌケな監督として配信されるだろう。しかし彼は選択した。責任はすべて俺がカブる。

たまごどんは、この試合に実に痺れた。しかもよくよく考えると、西野監督はこの日の先発メンバーで「必ず決勝トーナメントに出る」というメッセージを発しているのだ。

彼の博打は実に当たった。川島はスーパーセーブによって自信を取り戻し、本田と香川とを温存することに成功し、槙野、武藤、宇佐美をW杯の実戦でテストできた。柴崎の疲労も少なくてすむ。岡崎の故障は痛いが、このアクシデントもこの試合で良かったとも言える。次の相手(ベルギーかイングランド)に勝つためには、無駄なカードは切ることが出来ない。

西野監督は本当のプロフェッショナルだと思う。たまごどんは西野監督にアッパレあげよう!

1530282146628