7月1日からスウェーデンで、明白な合意のない性行為をレイプと見なす新法が施行されたそうだ。

************************************
新法では、性行為に及んでいる当事者らのうち、一方が自由意志で行為に参加していない場合、もう一方の行為はレイプと見なされる。

 これまでレイプは暴力や脅しを伴う性行為と定義されていた。だが政府発表によれば、今後は暴力や脅迫を伴わない性行為や、被害者の弱い立場につけこんだ性行為でなくてもレイプの罪で起訴されることもあり得る。

 新法はレイプ事件を裁く判事らに対し、性行為の際に言葉や身ぶり、その他の行為によって合意の表現が成されたか否かに注視して判決を下すよう求めている。(下線部はたまごどん)
*************************************

スウェーデンの既婚男性は、奥さんと性交基本契約書、性交同意書の締結をするのだろうか。女性を口説こうとする男性は、バーの様子からベッドインまでの録画も必要かもしれない。男性は女性と合意があったと思っていても、翌日には警察が踏み込んできて、合意のない性行為罪で逮捕されるかもしれないのだ。だいたい、「私は貴方に欲情し、今から私のペニスを挿入したいと思っていますが、つきましてはこの合意文書に署名していただけませんでしょうか」と彼氏から言われたら、女性は興醒めしないのだろうか。「合意の表現が成されたか否か」って、赤の他人の判事様はどうやって判断するってーのよ。YES/NO枕の有無でかね。

引用したHPは、こう締められている。

>最新の公式統計によると、スウェーデンでは昨年に報告されたレイプは7000件を超えており、前年比で10%増加している。

たまごどんは、スウェーデンの議員さんは別の法律についてよく検討するべきなんじゃないかと思うんだけどなあ。
img_16600a15716ca919b83b366c865aa3bc175949