たまごどんの会社の株価が急に上昇した。その背景はここに詳しい。「MLCCは日系メーカーが大手顧客に対しても20〜30%程度の値上げ交渉開始」というのが株価急上昇の理由だ。

MLCCとは積層セラミックコンデンサ(Multilayer Ceramic Condencer)の略称で、うちの会社の主力商品だ。これが20-30%値上げということになると、会社の利益率は相当に上る。こちらの記事によると、値上げは実に18年ぶりということだ。

MLCCの市場に本格参入したサムコと真っ向勝負して、打ち負かしたという自信が、値上げに踏み切らせた要因だろう。注残も積み上がっていて、設備投資もガンガンしなくてはならない。その分のリスクもあるのだから、値上げではなく価格の適正化というのが、ウチの会社の主張だろうか。まあ、メトロや電池など、まだまだ黒字化のためにお金が必要な事業は多いのだ。

このニュースで会社の株価は20000円の大台を超えた。ほほう、商品の値上げでも株価は上がることがあるのか。勉強になるなあ。