新潮45が休刊となることが決まったそうだ。休刊の原因は、LGBTに対して「生産性がない」と主張した杉田水脈氏を擁護する特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」が批判を浴びたためだ。特に、小川榮太郎氏の寄稿した「政治は生きづらさという主観を救えない」が問題とされている。たまごどんは雑誌を未読なので、記事の引用部分しか小川氏の寄稿を読んでいないことを断っておく。一部引用する。

>「LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものなのだというなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう。SMAGとは何か。サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す。(小川氏)

批判の一つに、「痴漢は犯罪なので、LGBTと比べること自体がおかしい」というものがある。それはその通りだ。だったらSMAL(Lはロリコンを指す)ではどうか。先に引用した記事ではこれでも駄目と主張している。性的指向と性的嗜好が分かっていないという星氏の主張が批判の核になる。

>性的指向は、"恋愛や性愛"の対象をどの性別にするか。
>性的嗜好は、"性的な興奮"を何に対して感じるか。

ふーむ、その切り分け方は正しいのだろうか。たまごどんは異性愛者なので女性に惹かれるが、女性を性愛の対象と見ることもあれば、女性に対して性的な興奮を覚えることもある。両者を明確に切り分けている訳ではない、と思っている。ゲイだってロリだって、同じなんじゃないかな。逞しい男性に惹かれ彼に抱かれたいと夢想するゲイと、可愛い少女に惹かれ彼女を抱きたいと夢想するロリに、果たしてどれほどの違いがあるのだろう。突き詰めて考えると、LGBTはいいがSMALは駄目とは言えないように思うのだが。

ゲイについて触れると、たまごどんの親はピーターを化物扱いだった。最近のテレビに良く出てくるオネエタレントを、彼らはどんな気持ちで見ているのかは聞いていないな。世代によっても受け取り方は変わるだろうし、要は慣れという感じもする。と考えていくと、いずれSMALにだって「何てことはないよね」と世間に受け取れられる時代が来るかもしれないのだ。

新潮45の特集は、LGBTだけを特別視する風潮に一石を投じる可能性があったと思う。一応断っておくが、たまごどんはLGBTの方を差別する気はないし、彼らが法的に結婚したいのなら出来るようにしてあげればいいと思っている。ただ、レズやバイを性的マイノリティとして認めるなら、サドやロリも同様に認めないとおかしいんじゃないと言っているのだ。

新潮社はLGBTを批判してはいけないというポリティカルコレクトに対して白旗を上げ、呆気なく休刊を決定した。言論機関の気概ってものを期待しちゃいかんのですかね。

新潮45