徴用工問題は日本の知識人を測定するリトマス試験紙のようになっている。色々と調べていく中で、こりゃホンマモンの韓国シンパだなあと思った山口二郎センセイを紹介する。なお、番号はたまごどんが付けたもので原文には無い。

=========================
\鏤中に日本の向上などで働かされた韓国人元徴用工が新日鉄住金に対して損害賠償を求めた裁判で、韓国の最高裁判所が訴えを認める判決を出したことは、日本国内に大きな反発を生んでいる。日本政府は、日韓基本条約等によって個人請求権の問題は完全に処理されていると主張し、日本の主要なメディアもこれに同調している。

△海量簑蠅砲亘[的側面と政治的側面がある。法律面から見れば、日本政府の主張は日本で広く受け入れられている。日本による植民地支配や侵略戦争の被害者が日本政府に補償を要求し出せば収取がつかなくなるので、国交正常化の際に政府間で話を付けたというのが日本の言い分である。しかし、個人が訴える権利までは否定していないという外務省の答弁が国会の議事録に残っている。また、韓国の最高裁判決について大統領に抗議するというのも奇妙な話である。司法の独立は近代国家の大原則であり、大統領にはこの判決を覆す資格はない。あとは被告の新日鉄住金が判決を履行するかどうかが焦点となる。

私は、戦時中の強制労働に対する補償については、政治的決着しかないと考えている。同種の問題は、日本の多くの企業が抱えている。今回の判決を機に、他の被害者も訴えを起こせば、どれだけの件数に登るかわからない。その時の日韓両国の間の感情的な対立のエスカレートを想像すれば、法的解決の限界を指摘せざるを得ない。

1965年の日韓基本条約には、冷戦構造の中で日本と韓国が反共陣営の態勢強化のために手打ちをしたという側面がある。当時の韓国では市民的自由や政治参加は限定されており、元徴用工の要求が韓国側の政策に十分反映されなかった憾みもある。それから半世紀以上の時間がたち、韓国社会における人権意識は高まり、被害者が自らの権利を擁護するために発言できる環境が生まれた。日本政府が基本条約を根拠に個人の権利主張を無視することは、政治的には冷酷な話である。まして、今の安倍政権や与党には、戦前の日本の植民地支配や侵略戦争を正当化したがる輩が多数存在する。元被害者が日本の謝罪は口先だけだと反発し、生きている間に補償を要求するのも理解できる。

ヂ2次世界大戦中の強制労働に対する補償の問題は、ドイツでも存在した。ナチス時代のドイツで強制労働させられた人々が、1990年代アメリカでドイツ企業に対して補償を求める訴訟を提起した。訴訟件数は膨大であり、ドイツ政府は個別に解決するのではなく、政府と企業の出資による記憶・責任・未来財団を創設し、ここから170万人の被害者へ総額44億ユーロの補償金を支払い、2007年に同財団は業務を終了した。

λ‥紛争を泥沼化させるのか、過去の人権侵害に対して誠実に謝罪し、政治的、道義的な解決に踏み切るのか、日本政府は大局的な見地から決断しなければならない。朝鮮半島では、南北対話、米朝対話を機に、第2次世界大戦、朝鮮戦争、冷戦の3つの紛争を終結させ、平和をつくり出す歴史的な挑戦がこれから進もうとしている。日本が第2次世界大戦を終わらせ、植民地支配の清算を行うためには、石頭の法律論ではなく、政治的な構想と勇気が必要である。

山口二郎・法政大学法学科教授(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
=========================

なんてまあ韓国側に都合の良い言説なんだろうね。△砲弔い討蓮個人が訴える権利は消失していないし、元徴用工はその権利を行使しただろ。彼らの訴えに対し日本の裁判所は、1965年の日韓基本条約で解決済と司法判断している。徴用工が訴える相手は、日本が一度は韓国に提案した個人補償の金を、韓国の国民に黙ってネコババし、後に漢江の奇跡と呼ばれる高度経済成長の元手とした韓国政府なのだ。新日鉄住金は日本政府の指導もあり、判決の履行はしません。で、これの何が焦点だって?

の法的解決の限界って何だよ。い蓮日韓基本条約から半世紀たったのだから、国と国との約束をもう一回見直せってこと?ふーん。で、その見直し案という新しい約束事を韓国が守るって保証はどこにあるのかね?慰安婦合意も守れません、日韓基本条約も守れません。韓国は国同士の約束事を守れないクソ国家なのだ。元徴用工の方が生きている間に補償を受けたいと希望するなら、韓国政府を訴えなさいよ。ついでにいうと、裁判の準備を進めている元徴用工は、もう素振りを終えて順番待ちしていますよ。その列の中には元徴用工を騙る偽者とか、「祖父の従兄弟が該当者なので、ウリも遺族ニダ」ってなヤツがワラワラといますって。

イ蝋餡畔篏をしていないドイツと、国家補償を地道にやりきった日本とを比較することに違和感あるけどな。日本政府は戦後相当に長い間、国家補償金や賠償金の捻出で苦しんだってことは、山口センセイご存知なんでしょうか。

λ…衒響茲鯏ゾ族修気擦襦余計な心配事ですよ、山口センセイ。日韓基本条約で完全かつ最終的に解決されていますわ。

>日本政府は大局的な見地から決断しなければならない。

つまりもう一回謝罪しろってこと?いや、この文意を新たな謝罪と賠償と解釈するのはたまごどんの早とちりかもしれないな。ひょっとすると山口二郎センセイは、約束を守れない韓国の非常識さを国際社会に示して、新しい日韓関係を築けと提言しているのではないだろうか。

こんなコテコテの人でも肩書は教授だし、単位のためには聴講しレポートを出さなくてはならない。法政大の学生さんも大変だね。
yamaguchijirou