2020年07月29日

2009年6月13日からの三沢光晴を読んだ

2009年6月13日からの三沢光晴(長谷川晶一 主婦の友社)を読んだ。この本とは、市立図書館で偶然に出会った。背表紙だけで、たまごどんが読まなくてはならない本だと分かった。

正直に言おう、この本を読んでたまごどんは涙が止まらなかった。50近いオヤジが読んで泣いてしまう本というのは滅多にない。この本はその滅多にない本だった。

プロレス興行が成立するためには、選手やレフリー、団体の裏方、プロレスジャーナリストが必要だ。2009年6月13日の広島グリーンアリーナNOAH大会もそうだった。その日のメインイベントは齋藤彰俊&バイソンスミス組 vs 潮崎豪&三沢光晴組。週刊プロレスの記者やカメラマンが広島に現地入りし、三沢の付き人だった鈴木鼓太郎も三沢の買い出しを行っていた。いつもの、なんてことのない日常。

この本は三沢最期の1日から始まっている。三沢の生い立ちや、当時の慢性的な体調不良のこと、それでも休むに休めないNOAHの事情のことが読者に説明されながら、焦点はメインイベントに収斂していく。齋藤彰俊が放った三沢へのバックドロップで、事態は急変する。三沢が動かないのだ!三沢はしばらく意識があり、西永レフリーは試合を止めろという三沢の意思表示を聞いている。西永レフリーはすぐに試合を止め、斎藤&バイソン組の勝利を称えた。直ちにリングドクターがリングに上げられ、三沢の蘇生処置が施された。落合カメラマンは撮影を逡巡する。異常事態であることはすぐに悟った。俺は、三沢という友人が苦しんでいるこの状況を撮影するべきなのか?

この本が書かれる前に、NOAHの全面協力のもとで、関係者への取材が行われている。取材の窓口は、当時の週刊プロレス編集長だった佐久間一彦氏が担当した。しかし本を読めばわかるが、この本の実質的な主役は佐久間氏だ。彼は自問する。「なぜ自分は、あの現場に居なかったのか」。

佐久間氏は訃報を受けてから、週刊プロレスの通常号と増刊号を作り上げるために奮闘する。本文から引用しよう。

>三沢が亡くなってからの四日間、自宅にも戻らず、ゆっくりと眠ることもできなかった。肉体的には過酷な日々だったものの、佐久間の中にある「三沢さんのためにいいものを作りたい」という思いが原動力となっていた。(p142)

舞台は6年後に移る。当時の関係者もそれぞれの人生を歩んでいた。佐久間氏もベースボールマガジン社を退社した。リングドクターを務めた武田氏も二宮氏も、結婚されたり病院経営に奔走している。選手会長だった森嶋も引退し、潮崎と鼓太郎は全日に移籍した。けれども彼らは三沢の思い出と感謝を語った。そして齋藤彰俊も。

佐久間氏と齋藤彰俊との会話に、たまごどんの涙腺は決壊した。長くなるが引用しよう。
******************************************
「あのときの『週刊プロレス』はご覧になりましたか?」
齋藤はすぐに答える。
「見たと思います。」
ここから、佐久間の「独白」が始まる。
「あのとき、僕が編集長でした。あの場面の写真を使うかどうか、会社から一任されました。僕はあの日、会場には行っていません。でも、写真を見る限り、”原因はこれじゃない”と判断しました。だから、誌面に掲載しました。それによって読者がどう判断するのか、僕にはわかりませんでした。でも、少なくともプロレスをずっと見てきた人なら、あのバックドロップが特別に危険なものではないとわかると思いました。あのとき、斎藤さんはクラッチを外していましたよね?」
「はい」
「ロックしたまま投げる方が明らかにリスキーだったのに、齋藤さんはクラッチを外していました」
「そうなんです。そうおっしゃっていただけると本当に助かります。クラッチを組んだままあの角度で投げると、すべての衝撃が首に行くんです」
「受け身が取れないですからね」
「そうです。それをわからない方は、”クラッチが外れたのは明らかに齋藤のミスだ”と言う人もいました。それに対して反論はしませんでしたけど、今、そうおっしゃっていただいて…」
六年分の思いを込めて佐久間が答える。
「個人的な問題なのですが、この六年間、”掲載したことははたしてよかったのか?”。この思いはずっと結論を出せずにいたんです…」
齋藤もまた万感の思いを込めて答える。
「はい。”いつもと変わらないバックドロップだった”と書いて下さって、本当に助かりました。佐久間さんを含めて、いろいろな方がすごく好意的にして下さったことは、本当に感謝しかありません。どうもありがとうございました」
思わず涙が込み上げてくる。ぐっとこらえたものの、喜びとも安堵とも違う、それまでに感じたことのない不思議な感情が佐久間を襲った。
六年間の胸のつかえが、ようやく取れた気がしたー。(pp.234-236)
*******************************************
img_1 (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 05:16│Comments(0)読書 | プロレス

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives