2020年10月20日

トランプが劣勢という


アメリカの大統領選は、トランプ陣営が劣勢と報じられた。この記事によると、コロナの対応とBLM運動が支持を下げているようだ。

ふーむ。アメリカのコロナ対策はともかく、BLM運動はその主張が暴力的で現実的でないから支持できないというのがアメリカの世論だと思っていたんだが。それにバイデン氏にはウクライナ疑惑という問題を抱えている。


たまごどんが見たところ反トランプ陣営にマスコミが多いようなので、もうちょっと接戦ではないのかなと思っている。にしても、選挙情勢の優劣を繰り返し報じることは、選挙結果を左右するのだ。この点では日本の方が公平なように思う。

最初の記事で、ラストベルトの労働者が紹介されていたが、トランプ以上に中国に厳しく当たった大統領は考えにくいのでは?もっとも、バイデンが大統領になったとしても中国とアメリカの対立構造は変わらないだろうが。覇権国家がその座を脅かす国を攻撃するのは世の習いだ。

日本政府としては、選ばれた大統領と上手くやっていくしかないよなあ。



th302d at 23:42│Comments(0)国際政治 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives