2022年01月12日

進む認知症と介護疲れ

お義父さんの認知症が順調に進行している。娘に対しても「どなたですか?」なので、お義母さんとたま子だけが分かっている状態だ。30秒ごとに「何をすればいいんや?」と問い返す。抑制が全くできなくなっているので、老人ホームでも彼のセクハラ行為が問題となっていて、預り拒否に至っているようだ。彼に記憶は無くても感情はあり、その感情には歯止めがかからず、よって彼の言動が周囲の人々を不快にさせる。

全て病気が悪いと言えばそれまでだが、こうした事態になるまでに彼が不摂生だったことは否めない。彼はかなりのヘビースモーカーだった。喫煙者差別はしたくないし、真の原因かどうかも分かっていないが、タバコの認知症リスクも知っておいた方がよいと思う。そしてたまごどんの見たところ、あらゆる病気の中で認知症こそが、本人にとっても周りにとっても最悪の病気のように思う。脳こそが人間を人間たらしめているのだ。

お義母さんも介護疲れが見え始めている。ケースワーカーさんとも相談しながら強制入院も考えなくてはならない時期にきたようだ。それが決まるまでは、奥さんやたまごどんのヘルプも強化するしかないんだろうな。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
たまごどんが好きなものは、野球、寿司、北朝鮮ニュース、選挙速報、将棋、囲碁、酒、プロレス、国際情勢などなど。自前のアンテナに引っかかったことを取り上げます。滋賀で子育てに勤しむ一児のパパ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives