たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

終わりなき日常

黒四はプールに完敗しました

たまごどん一家は、今年のお盆は富山県内を観光することにしていた。8/13に行ったのが黒部ダムだ。たまごどんは黒部第四ダムと呼ぶのか正式名称かと思っていたが、黒部ダムが正式名称らしい。

黒部ダムに行くには結構なお金がかかる。たま子が小学生になると更に値段が高くなるようなので、このタイミングで黒部ダムに行ったのは正解だったのだろう。黒部ダムは、「富山に住んでいれば外せない観光地」の筆頭だと思っているしな。

室堂までバスで行き、自由時間は7時間。それまでに黒部ダム観光を済ませて室堂まで戻らなくてはならない。室堂からトローリーバス、立山ロープウェイ、ケーブルカーを乗り継いで、やっと黒部ダムに到着だ。上から見下ろす黒部ダムはなかなかに勇壮だった。中島みゆきの地上の星が頭の中でガンガンに鳴り響く。天気はギリギリ曇りで、雨が降ってないことが救いだ。盆の期間、黒部ダムは観光用に毎秒10トンの水を放水している。なかなかの轟音で迫力があり、晴れていれば虹が見えるそうだ。

たま子はスタンプラリーに夢中だ。たまごどんは破砕帯の難工事について詳しく知りたいのだが、たま子はそれを許してくれない。分かった、とりあえずレストランに向かおう。ここもスタンプの設置場所になっているのだ。

ツアー申込みのときに購入した押し寿司と、レストランで注文したダムカレーを食べていると、雨が本格的に降り出してきた。とにかく展望台に向かおう。

展望台に行くまでの階段途中で奥さんはへばってしまった。流石に運動不足が過ぎないかと思うが、家庭の平和を第一に考えるたまごどんは、そういうことを口にしない。なんとか展望台までたどり着き、家族で写真を撮った。
黒四ダムにて















次の日は富山市内でプールに行った。屋内に流れるプールとスライダーがあるプールで、実にたま子向きだ。たま子は前日の黒四の記憶が無くなるほどプールで遊び倒した。まあ、たまごどんがたま子の年齢のときだって、プールに勝てるコンテンツなぞ無かった筈だから仕方ないか。お財布的には、黒四観光はプール代金の20倍以上もする旅行なんだけどな。

ジベル薔薇色粃糠疹とな?!

たま子の背中に汗疹が出来た。奥さんによると、ここ数日で酷くなっているように思うとのこと。たまごどんの親に見せたら、「海に行って日に焼いてこい」と言われて終わりの症状に見えるが、皮膚科の先生に診てもらうことにした。たまごどんが受けてきた民間療法が正しいとも思えないので、奥さんの判断は正しいのだろう。

医師の診断は、ジベル薔薇色粃糠疹(じべるばらいろひこうしん)というものであった。何それ?医師によると原因はよく分かっていないが、感染力は弱く、通常の生活で問題ないとのこと。幼稚園やプールを休む必要もないという。

にしてもだ。ジベルと言えば風と木の詩のジルベールを連想してしまうし、薔薇色といえば伝説のゲイ雑誌を連想してしまう。奥さんにはとても言えなかったけど。
jirube-rusim

メガネを替えました

たまごどんのメガネはプラスチック製のフレームが白く粉を吹き、鼻当て部分が緑に変色していたので、購入することにした。奥さんとたま子と一緒に、ファボーレに入っているメガネの三城に寄り、次のメガネを選んだ。奥さんによると、たまごどんは縁有りメガネの方が似合うようだ。

たまごどんはデザインよりも着心地と軽さ重視なので、それを満たす商品の中から奥さんに選んでもらった。「たまごどんは赤が好きだから‥」付き合った頃のデミオが赤いことから、彼女の中ではたまごどんは赤が好きな男になっている。まあいいか。

視力は進んでないようだが、左に少し乱視が入っているとのこと。メガネは当日中に完成するということなので、ファボーレ内を散策して時間潰しをすることにした。そこのイベント会場ではルービックキューブ名人が模範演技をしていた。6面完成までの所要時間は8秒52!生でルービックキューブ演技を見たのは初めてだ。アジア大会が台湾であるということだ。

イベントが終わって、完成したメガネを受け取った。きれいなメガネはやっぱりいいものだ。

この暑さはしんどい

猛暑が続く。なんでも7月の平均気温が観測史上最高となるのは確実らしい。
カミュの異邦人と同じく、暑さのために殺人を実行する若者もいるんじゃないだろうか。

昨日は会社で避難訓練があった。熱中症になりそうな暑さだった。

e699b4e5a4a9a
0b049241





最後のビワ

新居浜からビワが送られてきた。今年ビワの木を切り落とすので、これが最後になるという。

店で売られている綺麗なビワとは全然違うが、オイラは大好きだったよ。

父兄参観に行ってきた

日曜日にたま子の通う幼稚園の父兄参観に行ってきた。ジャージを持参ということだったが、まあ幼稚園だし、ちょっと走るくらいだろうと考えていた。これがキツイんだなあ。親子の触れ合いという謳い文句で、蛙跳びやブリッジ、後ろ向きの4つ足歩行などなど、なかなかにハードだった。他のお父さんと競争だし、子どもたちは必死に応援している。むむぅ、こりゃ大変だあ。

運動が終わると、お父さんへのプレゼントが用意されていた。お父さんの顔を絵にしてくれたのだ。
パパの顔





















いやあ、でもこれは本当に上手い。オイラの特徴をよく捉えています。
そんな画伯は、乳歯が抜けて、大人の準備をしています。

大人の歯待ち

GWで、驚きの出会い

GWがあっという間に終わった。たまごどんの実家への帰省は、たまごどんのライフポイントをすり減らす危険な行為であることを再確認した。まあ実家の話はいいだろう。たまごどんの親兄弟の事情は時限爆弾であり、いずれどこかの段階で爆発する筈だ。

話を変えよう。今治の大島に向かう途中に彼は唐突に姿を現した。そうか、今治といえば加計学園だよなあ。
加計学園


実家の断捨離

えー、現在は松山の道後でくつろいでいるたまごどんです。雨のために下灘駅観光は中止。

実家の両親が終活と称して、ガラクタが溢れる実家の整理を始めた。しかし両親とも物が捨てられない性格だ。大層な重箱を指差して、「これはたま子の曾婆ちゃんと曾爺さんが結婚に至った曰くがあるものでな…」捨てりゃいいのに。

両親は新居浜の家を処分して、今治の大島に移り住むことにしている。自分で建てた家はもうある。たまごどんは景色以外にメリットを感じないのだが、本人がそこに住みたいと言っているんだから仕方ない。今回の旅行では島の家の状況も見てきたが、新居浜から持ってきたガラクタが所狭しと並んでいる。捨てりゃいいのに。

なにせ素人建築の家のため隙間が多く、家の中にも虫が飛び交っている。虫が嫌いなたま子は半泣きだ。「おじーちゃん、おばーちゃん。新居浜の家の方がずーっといいよ。」たま子よ、よく言った!!

息子が帰ってきたということで、壷とか、花瓶とか、別子銅山由来の銅滴とか、瑪瑙とか、銅鉱石とかをお土産に持たされる。こっちは賃貸マンションだし、置くスペースがないっちゅうねん。しかし長年この夫婦の息子をしているので、そんなときの対処法は分かっている。ニコニコとありがたくいただいて、その足で骨董屋に売るのだ。5000円になれば御の字だが。




「…おまけして2500円ですね」
「分かりました。もちろん売ります!」

GWのスケジュール

たまごどんのGWは今回9連休なのだ。家族旅行は、富山→滋賀→(明石海峡大橋)→新居浜→道後温泉→下灘駅→(瀬戸大橋)→鷲羽山ハイランドを計画している。

下灘駅では綺麗な夕日が見られればいいなあと思っている。オイラの薄い鉄分の血が騒ぐぜぇ〜!
20150831_zekkei_shimonada

明日はドラえもん展に行くのだ

たまごどんは仕事でクタクタになっている。けれど、家族サービスも大事なのだ。という訳で、明日は高岡市美術館で行われているドラえもん展に行くつもりだ。

「たま子をダシにして、大人が楽しむ」を狙っているけれど、さてどうなることか。
header_keyvisual
Profile

たまごどん

Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ