仕事なり

2020年05月31日

仕事はテレワークやWEB会議で結構回るもんだ

たまごどんは隔日でテレワークとなっている。1カ月は経ったかな。最初は心配していた会議招集も当たり前になってきた。TV画面を利用しての拡大もできるのでCADの使用にも差し障りがない。

中国企業がお客様の新商品を担当しているが、あれほど中国に出張していたマネージャーさんもWEB会議で事足りているようだ。もちろん面と向かって意見を言い合うという効能もあるんだろうが、案外仕事は出来るというのが実感だ。

首都圏や大阪でもオフィス事務が空き始めたという。そうなるだろうな。実際に仕事は回せているのだから。たまごどんが最初想像していたテレワーク勤務は、適当に息抜きしてもOKの、もっと温い仕事環境だった。実際はというと、会議→議事録の作成→アクションアイテムの実行→資料作成→次の会議→…という感じで忙しい。体の移動がないことでストレスが溜まることも分かってきた。

メリットも多い。出勤時間がないので、通常9時開始の仕事を30分前倒しにするとかも全然可能だ。仕事が終わると、たま子とキャッチボールもできる。テレワーク者を狙ったセミナーも活況で、たまごどんも統計セミナーを受けている。この内容が結構いいのだ。うーむ、テレワークは全然アリだな。

新型コロナによる働き方への一番の変化は、テレワークへの抵抗が(本人の意識でも周囲の意識でも)無くなったことなんじゃないかな。週に2回だったら余裕でテレワークを続けられます。

出張がWEB会議に置き換わることは避けられないだろう。そうなるインフラは整ってしまった。鉄道や宿泊のビジネスは厳しくなるのかもしれません。なぜなら、ビジネスマンが管理職も含めてWEB会議で結構何でもできることに気付いてしまったからなあ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:51|PermalinkComments(0)

2019年11月15日

なかなかにハードな仕事です

野洲に異動して2週間ほど経過したようだが、もうバリバリの新戦力扱いだ。まあ、今の年齢でお客さん扱いされても困るわけだけど。

この仕事は、今ままでやってきた経験が全て生かされているように思える。圧電薄膜の変位量測定、振動漏れのオシロ波形、作業標準書や加工基準書の作成、ゼロ欠陥を保証できないときの納品保証、測定機のMSA評価などなど。圧電の基礎理論や統計学、英語での会話なども入れておいていいかもしれない。

今はたまごどんの力が必要とされている。とにかく頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:14|PermalinkComments(0)

2019年06月23日

明日からまた仕事が始まるわけで

日曜日に上司から連絡があり、会社に向かった。今は11時25分、また月曜日から始まる一週間が、終わりなき仕事が始まってしまうのか。

こんなオイラを社会的強者と呼ぶ方もいる。呼びたきゃ呼べばいいけど、製造監督者に、オペレーターに、製造技術メンバーに、設計メンバーに、品管メンバーに、マネージャーに、対応が遅かったことを詫びながら、同時並行的にトラブル対応と製品処置の決定を進めなくてはならないって現実には変わりない。

上司には滋賀に戻れるようにしてほしいとの要望を出している。色々とある訳よ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:32|PermalinkComments(1)

2019年02月01日

「我ら、インフルエンザを欲す!」

仕事が終わらない。もともと忙しかったのに、なぜか年明けからすっごく忙しくなっている。工程は暇そうなのにな。

マネージャーが明日会社を休むという。彼のお子さんが二人ともインフルエンザでダウンしていて、看病するんだそうだ。それを聞いた若手技術者Aは男気を見せた。
「先輩、僕が先輩のお子さんの面倒を見ますよ!先輩は明日も会社に来て下さい。」

男気なら中堅技術者Bだってある。
「まてまて。ここは俺だろ。俺は子ども達を風呂に入れて、完璧なインフルエンザを貰うのさ。」
「いやいや、ここは若手に任せて下さい。インフルエンザ計画もガントチャートで作りますよ!」




インフルエンザで休んでもイマイチだよ。いいから早く帰りましょうよ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 00:14|PermalinkComments(0)

2018年12月28日

仕事納め

怒涛の2018年も仕事終わりを迎えることになった。たまごどんが関係する商品はまだまだ大変な時期で、プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントでいう「問題児」だが、いずれは金の成る木になるのではないでしょうか。

韓国の徴用工問題と火器管制レーザー照射については色々と調べている。韓国が打つ手なしの状況であることは間違いなさそうだ。

まあ、これはもうすぐ記事にできるだろうから、しばらくお待ち下さい。

たまごどんは年男になる。良いお年を!
toshikoshi_soba_family


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 11:55|PermalinkComments(0)

2018年01月03日

明日から仕事なり

たまごどん一家は滋賀から富山に戻ってきた。雪が思ったほどに積もって無くてよかったが、とにかく寒い。こりゃ、明日はヤバイかなあ。

たまごどんは明日から仕事始めになる。むむぅ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 22:42|PermalinkComments(0)

2017年09月21日

仕事が忙しい

最近は9時に帰れると御の字です。ふう。




誰かたんぽぽさんのお相手してあげてくれませんかねえ。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 00:56|PermalinkComments(0)

2017年08月03日

工程に張り付いて

お客様へのサンプル品を確保する工程流動のため、たまごどんは午前様が続いている。工程に張り付き、流動品を抜き取りながら、データを積み上げていく。くそっ、この実態を知っていたら技術屋なんぞにならなかったんだがな。娘の誕生日にも午前様である。

今日は仕事をやりきった満足感がある。山は超えたのだ。あとは得られたデータの解析と抜き取りサンプルの分解調査というところかな。
画像はイメージです。

7a597889087682fc8072f6e02185c9b4






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 01:13|PermalinkComments(0)

2017年04月02日

明日から新部門で働こう

異動により、明日から新部門で働くことになる。対象とする製品は同じだが、もう少し川上の部門だ。

まあ、やるしかないね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年11月22日

PPAPの話

2016年11月時点でPPAPといえば「ペンパイナッポーアッポーペン」のことになってしまうだろうが、たまごどんにとってPPAPとは生産部品承認プロセスのことになる。この英語の略称、正式には Production Part Approval Processといい、自動車業界で外部のサプライヤーから購入する部品や 材料を承認する手続きのことだ。

何だというなかれ、製造業に携わっている人なら分かるだろうが、車メーカーから車載部品が承認されるってのは大変なんだ。「厚労省から薬が認可される」の次くらいに難しく、精神的におかしくなる。やってらんねー!

前回の富山で働いたときは、車載部品の中でもエンジンの噴射装置という最高難度の製品を担当していたので、PPAPにはよく泣かされた。Wikiを眺めるだけでもウンザリしますぞ。海外のお客さんにはPPAP関連のドキュメントを英語で渡すことになる。完成度が足りていないと判断されるとリジェクトだ。くそったれ!

当時のイカつい顔した車メーカーの資材担当者(巨漢の外人さん)には、ペンパイナッポーアッポーペン!と叫びながら、お尻にペンを突き刺してやりたかったですなあ。はっはっは。

c4eee447






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives