たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

野球

DeNAの下克上は明智光秀だったか

DeNA横浜ベイスターズの下克上ストーリーは第6戦で終わった。勝機はあった。もしも8回表にあと一本が出ていたら、8回裏から山崎だったら。DeNAとソフトバンクの戦力差は周知の事実だ。カド番に追い込まれているから当然なのだけど、DeNAは第6戦を死にもの狂いで獲りにいかなくてはならないのじゃなかったのかな。

残念ながら、DeNA横浜ベイスターズの下克上は、天下取り目前に秀吉に敗れた明智光秀と同じ運命をたどることになった。それでも阪神・広島を破って、圧倒的王者であるソフトバンクの肝を冷やした打撃力を、全国の野球ファンに見せつけてくれた。

ありがとう、そしてお疲れ様。DeNA横浜ベイスターズ!

71M1itLItVL__SX355_

横浜DeNAが日本シリーズに進出

セ・リーグで下克上が起きた。今シーズン3位の横浜DeNAベイスターズが、阪神を撃破すると、リーグ制覇の広島まで粉砕した。

***************************************
DeNAはレギュラーシーズンで優勝した広島に14・5ゲーム差と大きく離される3位に甘んじたが、CSファーストステージで2位・阪神を撃破すると、ファイナルステージでも王者・広島を相手に初戦を落とした後は4連勝の快進撃。通算4勝2敗(広島のリーグ優勝アドバンテージ1勝を含む)で今世紀初となる夢舞台への切符をつかんだ。3位チームの日本シリーズ出場は2010年のロッテ以来7年ぶり2チーム目で、セ・リーグでは初めての快挙。14・5ゲーム差からの”下克上”は過去に例がなく、史上最大のドラマの主役となった。
***************************************

たまごどんはシーズンが終わったときに、流石に日本シリーズは広島vsソフトバンクで決まりだと達観していた。そのぐらいこの2チームの総合力は抜きんでいた。しかし、ラミレス監督には秘策があった。野球は5点取られようが、こっちが6点取れば勝てるのだよ。

広島とのCSファイナルステージで、ラミレス監督は筒香にサインを出した。
「オマエ、ホームラン、ウテ」

mig



広島東洋カープ優勝

広島東洋カープが甲子園で阪神タイガースを破り、2連覇を達成した。台風18号による試合中止のために、地元での優勝とは成らなかったが、連覇は見事である。チーム防御率は3.37で特別いいわけではないが、黒田とマエケンが居ない投手陣でこの成績だから大したものだ。野村、岡田、薮田、大瀬良、九里、抑えに回った今村がそれぞれに頑張った。特に薮田が大きかったかな。打者では鈴木誠也と丸の数字が素晴らしい。エルドレットの一発も期待通りだし、松山、田中も立派な成績だ。田中と菊池の守備面での貢献はいうまでもない。
広島優勝












西本が指摘したように、広島は選手層の厚みでペナントを制したように思う。広島に天才はいない。だが広島が最強だ。
5ee96fda














優勝の瞬間には癌闘病中の赤松も立ち会ったという。断っておくが、こうした美談で勝てるほどペナントレースは甘くはない。プロ野球選手には、それぞれに結果を残さなくてはならない理由が存在するのだ。しかし、赤松の闘病は、チームの団結を高めた原因の一つになったことは間違いない。カープ女子と称されているファンの増加もそうだ。

おめでとう、広島カープ。日本シリーズの相手は最強チームのソフトバンクホークスだが、去年の忘れ物のために頑張って欲しい。電車ピョンもおめでとうね!
1505723579437

ソフトバンクホークス優勝

ソフトバンクが圧倒的な戦力で、2017年のペナントレースを制した。

>ソフトバンクが16日の西武戦(メットライフドーム)で7―3で勝利し、2年ぶり20度目のリーグ優勝を飾った。

あの戦力で優勝しない訳ないだろ!と突っ込みたくもなるが、シーズン前半は楽天に相当走られたし、工藤監督にも心労があったのだろう。外野から見た感想と、やっている当事者の感覚は違うものだからね。でもなあ、チームの投手防御率が3.06で、チーム本塁打が150だろ。柳田とデスパイネがガンガン打って、東浜と千賀とバンデンハークがローテーションで回り、後ろにサファテが居る。そりゃ優勝するでしょうよ。優勝を決めたソフトバンクと2位の西武とのゲーム差は実に14.5差となった。

まあヤッカミはこのくらいにしよう。おめでとう、ソフトバンクホークス!

2017パ・リーグ順位表
10560558




埼玉県勢初の夏の甲子園優勝

埼玉県代表の花咲徳栄が広島県代表の広陵を14―4で破り、夏の甲子園での全国制覇を達成した。埼玉県勢では初優勝となるんだそうだ。浦和学院が優勝したとたまごどんは記憶していたけど、それは春の選抜大会だった。

埼玉県には春日部共栄とか浦和学院とか、強豪校が多いイメージがあるけど、優勝するのは難しいねえ。ここを見ると全国制覇していない県が一目で分かる。岡山が優勝していないんだよね。お隣の広島は7回も優勝しているというのに。山梨も東海大甲府や日本航空高校が頑張っているけど優勝できていないんだ。他は長崎、南九州、山陰、北陸、東北か。青森や宮城は惜しかったけどなあ。ダルビッシュの居た東北高校、準優勝2回の光星学院かスポーツ校の青森山田高校かが、いつの日か東北初の優勝旗を持ち帰ってくると信じましょう。
夏の甲子園優勝県
















長野が優勝しているのは知らなかった。記録を見ると1928年の松本商ということらしい。うーむ。



広島カープが強いね

もうマジックが出たのか。

長いこと野球見てないなあ〜。
(^^;)

赤松選手の闘病記

「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」を見ていたら、広島の赤松選手の闘病記が出てきた。初期の胃ガンと診断された赤松は胃を半分摘出した。摘出した胃の生検で、リンパ節転移が見つかった。医者からは飲み薬による1年の治療と、点滴と飲み薬による半年の治療を提案された。赤松は一日も早く復帰するために、後者を選択している。

ガン治療患者がアスリートの場合は、競技に戻ることが最終目標だ。赤松は抗ガン剤の副作用で減ってしまった体重を、夫人の食事面のサポートもあり乗り越えている。今のところ転移は見つかっていない。あとは、一軍で戦えるだけの体力と試合カンを取り戻すことだけだ。頑張れ赤松!
9717_0021
20170717-01856499-nksports-000-9-view






















同じ番組で、愛甲の失踪騒動はスポーツ新聞のトバシ記事として構成されていたけど、これって本当なのかね?

永射が亡くなった

最近は訃報が続く。「たまごどんが行く!」でも取り上げた元プロ野球選手の永射保が亡くなった。享年63才。死因はガンだという。左殺しの永射についてはここで取り上げている。

飲み屋のオヤジだった永射に、NHKの球辞苑という番組が取材に来た。テーマは「左殺し」。そりゃ永射に取材しなくちゃ嘘ってもんだろう。くっそー、番組を見たかったな。
番組の様子はここで分かる。左殺しの異名は伊達ではなく、体の上下連動を軸としたローリング技術によって打者のタイミングを狂わしていたそうだ。ローリング技術の中には、足の着地点をカモフラージュするテクニックも含まれるそうな。「ソレイタのときはど真ん中の真っ直ぐでいい」という永射の発言に、たまごどんはプロ根性を感じるね。
故人に合掌。


たまごどんが行く!で訃報が続く理由は、たまごどんがそうした年代になったということだろう。現役当時を知っていて、思い入れのある選手が亡くなる時期なのだ。それだけオジさんになったということだな。たまごどんの出来る範囲で、彼らの凄さを少しでも伝えていけたらと思っている。
89aeb0cc-s



巨人が勝てません

巨人が10連敗していて、次負けると球団ワースト記録に並ぶそうだ。その記録は第一次長島監督ということのようだ。たまごどんがたま子の年齢では、記憶に残ってないわなあ。

ところで、菅野は怪我でもしたのかね?アイツがいたら連敗は止まると思うんだけどな。
20170604-01835001-nksports-000-3-view

WBCオランダ戦

これは、まさに、死闘!

※画像はあとで貼りかえますね。
20170308-00010040-fullcount-000-3-view

Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ