たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

野球

松中の引退

2004年に三冠王に輝いた松中信彦が引退することになった。42歳で19年間の野球人生にピリオドを打つことになる。ソフトバンクを退団して現役続行のオファーを希望していた彼だったが、声がかかることは無かった。

2004年の成績は130試合出場、3割5分8厘、44本塁打、120打点というもので、全く凄い数字だなオイ。後年は怪我のために出場機会が減っていき、あれほどのスーパースターとしては寂しい終わり方になった。鍛え上げた肉体は、そのまま格闘家になってもいいんじゃないと思わせる凄みがあったんだが。

第二の人生の方が遥かに長いのだから、松中にはしっかりと歩いてほしい。写真はマッスル松中にしました。
img_0

球界番長よりもビックリ!

これ‥野村か!?

無題

捕まった清原

清原が覚醒剤所持の現行犯で捕まった。清原が見習った先輩は村田兆治や山田久志ではなく、江夏豊だったようだ。

ついこの前、ダウンタウンの番組に出演した清原は、「僕はクスリしていません!」って喋っていたけどなあ。
画像は清原が最後に輝いた仕事のときにしておこう。新庄との野球解説は歴史に残るぞっ。

E94o7LT







リアル岩田鉄五郎

千葉ロッテマリーンズの池田重喜寮長が2016年シーズンも、打撃投手兼任で業務を行うことになった。00年より寮長を務め、11年からは二軍の打撃投手も兼任していた。今年5月1日には70歳を迎え、球界でも異例の古希の打撃投手誕生となる。

凄いなあ。たまごどんとしては、投げたときに池田さんが「にょほほ〜〜」と叫んで頂けると完璧なのだけど。

mar15071618010002-p1
61237MR3FNL

まさかの逆転劇

プレミア12で、日本がほぼ手中にしていた勝ちを逃してしまった。大谷の出来が凄かったと聞いていたので、油断していたなあ。たまごどんがTVを見たのが9回の攻防だ。則本が火だるまになり、あっという間の逆転劇だった。

うーん、結果論かもしれないけれど、大谷の続投なら勝ちだった筈だ。あるいは則本と心中するか。あそこで松井では荷が重かったか。小久保監督の経験不足の面が出てしまった。

プレミア12のメキシコ戦

プレミア12の第二戦はメキシコ戦で、たまごどんは6回からTVで見始めた。メキシコといえば、第一回WBCでの恩を忘れてはならない。あの時の主役はイチローではなく、アメリカのクソ審判、ボブ・デービッドソンだった。アメリカ戦で完璧なタッチアップをアウトとし、アメリカ相手に敗れた日本は、アメリカvsメキシコ戦でメキシコが勝つことを祈るしかなかった。ところが次のアメリカ戦が完全に消化試合となったメキシコチームは練習を休み、ディズニーランドに行ったという。ダメだこりゃ。

しかし、メキシコはアメリカ相手に善戦した。審判にはもちろんデービットソンもいる。彼はメキシコのホームランを二塁打扱いとした。これに発奮したメキシコチームはアメリカに勝利し、その結果、日本はWBCを制覇した。大会中はメキシコ大使館に感謝のメールが殺到したという。今振り返ってみると懐かしいねえ。

そんなメキシコ戦だが、6回以降はむしろ押され気味に展開した。打てそうで打てないのが、初顔合わせの投手ということなのか。たまごどんは小久保監督が表情に出しすぎていることが気になった。9回表のメキシコの攻撃は2死3塁、マウンドには巨人の沢村。追い込んだ沢村が選択したのはフォークだが、少し高くきたところをセンター前に弾き返された。

その裏になって、やっと本来の全日本メンバーの力を取り戻せたようだ。山田のツーベースから筒香を歩かせ、中田との勝負を選択したメキシコバッテリー。これは中田燃えていますよ。

初球を大ファールし、いやが上にも盛り上がるベンチと応援団。最後はメキシコの投手の腕が振れなくなったところを狙い撃ち、サヨナラで決めてくれた。いやいやありがとう!おかげでビールが旨いですよ。
img_0

ソフトバンク日本一

ソフトバンクがヤクルトを下して日本一になり、それと同時に今シーズン最後の野球が終わった。ソフトバンクは強かったね。点差以上の力の差を感じたのは、たまごどんだけではなかった筈だ。MVPは李大浩で、文句なしの選出だ。

今夜は呑み明かして下さい、華丸大吉さん。

bbl1509190900005-p4

山田の三発

ヤクルトの山田の三連発によってヤクルトは快勝した。まあよかった。今日負けていたら、また「野球観が変わった」というセリフを聞くことになっただろう。シリーズ全体の流れを変える三発になるかもしれない。明日の摂津の出来がカギになるかな。

20151027-00000155-jij-000-3-view


DNAはラミネス新監督

ちょっと出遅れた話題で恐縮だが、キヨシの後任はラミネスだそうだ。うーむ、実績は十分だし、ファンサービス精神は最高点を付けられるな。

98年V戦士から選ぶってのはないんだろうか。佐々木とか鈴木尚典とかが候補なんだろうけど、佐々木は切り札って感じかなあ。今回の選考では進藤が最後まで監督候補に残っていたらしいが、ラミネスの実績に負けたんだろう。太洋ホエールズ戦士からの監督はなさそうだなあ。ヒゲの斉藤とかエース遠藤とか田代では、若いファンから「誰この人」ってことになってしまい、客を呼べる監督とは程遠いんだろう。

ラミちゃん、頑張ってや〜〜。

1445200257936

盛田の死

今日はヤクルトが巨人を破ってCS優勝を決め、日本シリーズ出場権を獲得した日だ。たまごどん予想ではホークス有利だけど、とにかくいい試合を見たい。

元ベイスターズのセットアッパーだった盛田幸妃が亡くなった。享年は僅かに45歳。盛田のエゲツないシュートを経て佐々木の打てる訳ないフォークで締めるという、94年頃の横浜の必勝パターンが、たまごどんにとって盛田の一番の思い出になる。彼は現役時代に脳腫瘍を患い、リハビリから見事にプロ野球の舞台にカムバックした。この時はたまごどんも嬉しかったけど、やはり腫瘍が出来やすい体質だったんだろうな。引退後にも腫瘍が見つかり、人生の後半は病魔との戦いの日々だったようだ。

たまごどんとほぼ同年代の死になる。そういった訃報もこれからは多くなっていくんだろうな。
盛田投手、安らかに。

t0d5S

Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ