ニュース

2021年01月10日

富山の大雪

北陸地方で大雪になっていて、北陸道では車が立ち往生して自衛隊に救助要請を依頼したそうだ。たまごどんが5年ほど過ごした富山市街でも異常な積雪となっている。奥さんのママ友さんたちからライン経由で写真が送られてきていたが、これはアカンね。一日中雪かきしたという報告も、もう諦めたという報告もあった。

コロナ関係なく巣篭りとなる。たまごどんは2007年に富山に長期出張したときに、あまりの大雪と日照時間の短さに頭がクラクラしたものだ。富山の関係会社も注文殺到で休日出勤とかしているんだろうか。頑張ってほしいです。




th302d at 09:24|PermalinkComments(0)

2020年12月29日

俺の凶器は将棋盤

昨日は羽田雄一郎参議院議員(53歳)が新型コロナで亡くなったというニュースが飛び込んできた。参議院補欠選挙をやるみたいだけど、長野県を束ねてきた千曲会は誰を推すんだろう?ついでに、昨日は犬のおじさんの誕生日でもあった。おめでとうございます!

さて、今日たまごどんが取り上げたニュースはこれ。70代男性と60代男性が、将棋の勝敗で揉めて、喧嘩になったそうだ。そのときに使われた凶器が将棋盤である。

もし、6寸盤で殴ったら傷害罪だな。これが2寸盤以下なら暴行罪くらいか。角を使ったかどうかでも、罪の軽重はかわりそうだ。将棋だけに、詰み(罪)は重要でしょう。

この二人の棋譜が見たいものだ。「後手 7二金、先手 頭上に将棋盤、後手 駒台で応戦、先手 更に将棋盤(角)、後手 流血、…」みたいな感じでしょうか。

将棋での喧嘩に、将棋盤を使ってはいけません。ダメ、絶対。負けそうになったら、ミッシェル・ガン・エレファントを聴くのが最善手なのだ。

20180804105952



th302d at 02:26|PermalinkComments(0)

2020年11月07日

娘に性暴力の父親に懲役10年の判決


娘に性暴力を加え続けた父親に、実刑判決が下った。

特筆する点は一審判決が無罪だったことだ。父親が娘に性暴力したという事実関係では争っていないので、かなり異常な判決に思える。実刑が出てよかったと思う。

ただ、懲役10年が妥当かというとどうもなあ。10年後の娘さんは29歳になる。過去のことと割り切れるかどうかも分からないし、自分の居場所を知られるのではないかという恐怖もあるだろう。とにかく、この親父は刑務所で反省してもらわんとな。

th302d at 00:24|PermalinkComments(0)

2020年10月13日

中核派非公然活動家の犯罪

なんだかなあと思った記事を紹介する。

中核派非公然活動家を名乗る男が、虚偽の免許証で新型コロナ給付金を騙し取ろうとしたそうだ。
============================================
居住実体のない住所地を申告して更新した運転免許証を使い、新型コロナウイルス対策の特別定額給付金の支給を申請したとして、警視庁公安部は12日、免状不実記載などの疑いで、住居・職業不詳、過激派「中核派」非公然活動家、八木康行容疑者(48)を逮捕した。公安部によると、黙秘している。

 逮捕容疑は令和元年11月、警視庁江東運転免許試験場(東京都江東区)で、実際には住んでいない江戸川区の同派活動拠点「前進社」を住所地と偽って免許を更新。2年8月、この免許を本人確認書類として同区に給付金を申請したなどとしている。

 公安部によると、八木容疑者は、集会やデモなど表向きの活動に参加する公然活動家と、実際にゲリラ活動などにおよぶ非公然活動家をつなぐ「脈管(みゃっかん)」と呼ばれる連絡担当役だったという。

 中核派をめぐっては、最高幹部で、昭和44年から非公然活動家として潜伏していた清水丈夫議長(83)が今年9月、約50年ぶりに都内の集会で姿を見せた。公安部は、八木容疑者と清水議長との接点などについても確認を進める方針。
============================================

中核派は非公然活動家に活動資金を渡せなくて、新型コロナ給付金詐欺をしたってことか。八木さんの中では、自分が転覆しようとする政府から金を盗む義挙に化けていたのかもな。しかし、48歳といえば、たまごどんとほぼ同年齢だ。この令和の時代でも中核派っているんだなあ。

清水議長さんとやら、もっと若手(?)の面倒見てやってやれよ。




th302d at 00:19|PermalinkComments(0)

2020年09月27日

竹内結子さんが亡くなったという。

携帯を弄っていた奥さんが「ひゃあ!?Σ(゚д゚;)」と悲鳴を上げた。何があったん?
「竹内結子さんが亡くなったって!」

普段なら「へー」で終わるけど、竹内結子さんはたまごどんでも顔と名前が一致する女優さんだった。
「な、なんだってぇ!(((( ;゚д゚)))」

噂では自殺ということなので、ここではそれを信じよう。産後うつだったのかなあ。
とりあえず、奥さんは相当にショックを受けていた。

幸せはお金では買えないのかなあ。
ご冥福をお祈りします。

th





th302d at 23:29|PermalinkComments(0)

2020年05月14日

検察庁法改正案について調べてみた その2

その1はここです。

さて、たまごどんが気になった記事というのはこれ。この騒動の発端が河井克行前法務大臣の起訴にあるという説だ。大筋だけ話すと、2019年の参議院選挙(立候補は奥さんの河井案里氏)で公職選挙法に違反した河井氏を起訴しようと広島地方検察は動いていた。その時に多額の選挙資金が自民党から拠出されている。この金が安倍総理の弱みになっているというのだ。

当時の広島選挙区(定数2人)には、自民党から河井案里氏と溝手顕正氏が立候補した。自民党同士の共食いの結果は、自民からは河井氏が当選し、国民民主党の森本氏が漁夫の利を得る形で当選した。溝手氏は無念の落選となる。ここまでは公知の事実だ。

安倍総理が河井氏の逮捕からの選挙資金スキャンダルを嫌い、河井氏の起訴を避けるために検察に圧力をかけたというのがLITERAの説だ。検察庁法改正案強行に加えられた定年退職の規定は、役職定年後もその職にとどまれるというものだ。これで検事に政権への忖度と萎縮をもたらすことが狙いだという。

まあ、そういう効果が無いとは言えない。「なんとしても黒川検察長を検察総長にしようとする官邸の動機は、黒川氏への褒賞人事だ」という説よりは説得力があるように思う。でもなあ、定年延長というエサが内閣への捜査の手心になるという説もリアリティに欠ける気がするけどな。

安倍総理が起訴されるとして、その容疑も分からない。自民党出身の総理が自民党本部を通して選挙資金を分配することは自然だし、その金額が多いのも広島選挙区が激戦区だったからで済む話ではないのか。検察は総理の起訴に持ち込めるの?それとも火のないところに煙を立てて総理の辞任が目的なのかな、モリカケのように。

ここまでかなりのサイトを読み、かなりのツイッターに目を通した。たまごどんの結論は、「検察庁内部で権力争いがあることは間違いなさそうだし、黒川検事長を検察総長にしたい意向が安倍内閣にある(あった?)のは事実のようだ。だが、何かを揉み消すとか検察庁に政権の影響力を持たせるという説は違うんじゃないかな。」だ。




河井氏の起訴容疑は公職選挙法違反で、ウグイス嬢などへの金銭授受だ。総理の首を獲るにはショボい案件のように思える。安倍総理にかかった疑惑を整理してみると、「もうちょっと灰色近い黒色の疑惑は無かったのかな」と思うのだけど。

※たまごどんの知らない事実をご存じの方は教えてください。

th302d at 20:10|PermalinkComments(0)

検察庁法改正案について調べてみた その1

コロナ関連ニュースに交じって、検察庁法改正というニュースが入ってきた。たまごどんは検察庁法もその改正の動きも全く知らなかったので、「なにそれ?」から調べ始めたことを告白しておこう。

検察長および検察正の定年は63歳。検察総長の定年が65歳となっていて、これを延長する法改正である。まず、これに反対する人の意見は、改正の目的が黒川弘務 東京高検検事長の検事総長就任にあるとする。黒川氏は現在63歳で本来なら定年退職になる。しかし、安倍内閣は閣議決定で、彼の定年を半年間延長させている。今回の法改正はそれを事後承認するものだ。現在の検事総長は稲田氏で、慣行によると今年の7月に交代となる。その後釜に黒川氏を据えるのが真の目的なのだ。

この改正を問題なしとする人の意見はこうだ。そもそも国家公務員の定年延長は既定路線で、今回の話も2008年からのものだ。それに、この法改正の施行日である令和4年4月1日には黒川氏は退職しているのだから、彼とは関係しない法律だよ。

日弁連は定年延長を批判している。その大意は、「三権分立を脅かす」いうものだ。彼らによると、改正案は検事長らの定年延長の判断を内閣や大臣に委ねるもので、検察の政治的中立性や独立性を脅かすという。うーむ、検察庁は行政機関なのだが。郷原弁護士によると、検察は公訴権を独占しているので実質的に三権分立に違反するという。であれば、検察庁が行政機関であること自体を問題としないと筋が通らないのではないか。

ここまでの調査では、黒川検事長を検事総長にするために安倍内閣がバックアップしているとも言えなさそうだった。いや、当初はそういうつもりで黒川氏の定年を半年延長したのだろうが、稲田検察総長の抵抗にあって挫折したんだろう。この問題、検察内部からマスコミにリークされてないか?

「モリカケ問題で安倍総理が辞任を免れたのは黒川検事長の労であり、検事総長の就任がその褒賞だ」という説も無理すぎるなあ。たまごどんはモリカケ問題を調べ、加計学園問題に問題ないことを確認している。森友学園問題では政府関係者に自殺者が出てしまい痛ましいことだが、安倍内閣の問題ではないと認識している。それとも、もっとイケイケの検事長だったら安倍総理を起訴することができて、彼の有罪を勝ち取れることが出来ましたかね?

ツイッターには、「検事長は定年延長なんかしなくても再就職するものだから、定年延長なんか意味ないぞ」という意見もあったけど、キミは天下りを奨励しているのかと小一時間問い詰めたいですな。

しかし、検察官の定年延長で興味深い記事を見つけたのだ。それについてはその2で。
画像は、きゃりーぱみゅぱみゅさんのツイッターです。
top


th302d at 16:18|PermalinkComments(0)

2020年04月09日

風俗業従事者にも支援金支給へ

風俗業従事者にも金銭的な援助が為されるらしい。

>新型コロナウイルスの感染拡大による臨時休校で仕事を休まざるを得なくなったフリーランスの保護者に対する支援金支給対象から風俗業が除外されていることについて、菅義偉官房長官は6日、衆院決算行政監視委員会で「政府として要領を見直したい」と述べ、対象に含めるよう検討する考えを示した。無所属の寺田学氏への答弁。

まずはよかった。たまごどんは世帯あたり30万円の支給を受け取れない情勢だが、社会的弱者である風俗業従事者に生活資金が届くことを是と考えている。コロナウィルスの沈静化にも役に立つだろう。性欲を持て余した感染者が風俗業従事者に感染させるケース、その逆に、感染者である風俗業従事者がお客に感染させてしまうケースが抑制されることになるからだ。

この記事中に「性風俗従事者らの支援団体が2日に要件見直しを求める要望書を提出。」とあるが、その支援団体の一つがSWASHなんだそうだ。やるねえ。「性産業従事者の味方です」と口先だけの支援を訴える人間よりも、彼らは遥かに上を行っているよ。この政策に文句がある奴は、閑古鳥の鳴く歌舞伎町の写真をよく見ることだ。

さて、たまごどんは頑張って働きますか。働いて稼がないと、国に税金を収めることも、天下の回り物を使って経済復興の一助とすることも出来ないのだから。

sub-buzz-1230-1585812627-10


th302d at 00:00|PermalinkComments(0)

2020年02月13日

もうヤクなんてしないなんて、言わないよ絶対〜♬

今日はたまごどんの甥っ子の高校入試の結果発表がある日だった。会社から出てバスに乗り込むところまではそのことを覚えていたのだけど、スマホを開いて「槇原敬之 覚せい剤取締法違反で逮捕」のニュースが目に飛び込んできたため、甥っ子の入試結果のことが頭からすっ飛んでしまった。

クスリってのは止められないものらしい。たまごどんは昔TVで、「クスリをやめることは、自慰行為をやめることと同じだ」と言っていた医者を見た。クスリをやめる難しさを的確に表現した名言だと思う。ということは、井上陽水も、ASKAも、キヨマーも、ドリカムの西川も、長渕も、研ナオコも、押尾学も、クスリをやめるにやめられないのではないかな。

マッキーファンの奥さんも、「やっぱりクスリってやめられないんだねぇ〜」と嘆息していた。彼女はマッキーのコンサートチケットを購入していたが、彼の1回目の逮捕でツアーそのものが無くなり、チケットを返金してもらったという過去を持つ。うーむ、流石はたまごどんの奥さんだ、持っていますね。

そんなわけで、もう恋なんてしないの歌詞を深読みしてしまうニュースだった。恋人は金太郎ちゃんではなく、ヤクだったか。

あ、甥っ子は無事に高校を合格しました。

33ea239e7f68e09db067ce7b182556bf








th302d at 23:52|PermalinkComments(0)

2020年01月23日

宿泊無断キャンセルの狙いはTポイント!

無断キャンセルを繰り返していた母子が逮捕された。彼らの目的は「ポイントの不正取得だった。

手口はこうだ。彼らは、宿泊予約サイト「一休.com」により、複数のホテルで予約する。行くつもりはサラサラ無いので、無断キャンセルとなる。当然ホテル関係者は激オコだが、そんなことはこの親子の関心外だ。

宿泊予約サイトでは、宿泊を無断でキャンセルした場合、ホテル側が予約サイトに連絡をして、ポイントを取り消すことになっている。しかし、ホテル側がこの処理をしないと、ポイントは取り消されずに受け取れるという。彼らはそれを狙った。ポイントの取消処理をしない脇の甘いホテルであることを祈りながら、一休でひたすら予約をする51歳と30歳の親子。彼らは62枚のTポイントを持っていたそうだ。

思い返すと、Tポイントカードの取得は身分証明書の提示も無かったような気がする。にしてもだよ、これだけ苦労してポイントがたったの200万円分の詐欺って‥。計画的であることから悪質と判断されるだろうな。ポイントでホテル暮らしをしていたというのがまた笑える。お前ら、本当に笑いを狙ってないのか?

このスケールの小さい割に迷惑千万な犯罪は、令和の事件としてたまごどんの記憶に留めておくことにしよう。
今回の事件を、平成に起きた事件で喩えるなら、ミートホープの食肉偽造事件(その1その2)かなあ。そのくらいのバカ+インパクトがあるよ。

00430800CX



th302d at 23:49|PermalinkComments(0)
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives