漫画

2020年07月27日

先輩がうざい後輩の話を読んだ

今週末は家族で長浜市に行き、命の洗濯をしてきた。コロナ禍のため県内旅行だったが、美味しいディナーと広い風呂でだいぶリラックスできた。

ホテルをチェックアウトしての帰り道で、ブックオフを見つけたので立ち寄った。初見のブックオフは時間がかかるが、久しぶりに本買いを楽しんだ。

そのときに買ったのが、先輩がうざい後輩の話(しろまんた)の1,2巻だ。110円と安かったので、試し読みである。これが案外面白かった。熊タイプの武田先輩と、子供体形を気にしている五十嵐双葉ちゃんの恋模様が主題だが、同僚の神田くんと桜井さんの恋模様もなかなかにいい感じだ。調べてみると現在5巻まで出ているそうだ。

ブックオフで探すターゲットが出来たということで。

senpai-uzai20-2




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 00:58|PermalinkComments(0)

2020年06月02日

ジョージ秋山氏の死去

漫画家のジョージ秋山氏が亡くなった。享年77歳。

ジョージ秋山の漫画は浮浪雲くらいしかまともに読んでいない。ブラックジャックの巻末に載っていた秋田書店の宣伝に銭ゲバの挿絵があったかな。絵が当時としても古臭く、あまり好きではなかった。俳優の山城新伍が主人公雲の声優をしたアニメ浮浪雲はそこそこ楽しんだかな。坂本龍馬が雲の息子の新之助に「米はライスじゃ」と教えたという仮想幕末エピソードしか記憶していないけど。

彼は在日朝鮮人の父親を持つ子沢山家庭に育っていて、そのせいか複雑な性格だったそうだ。たまごどんの生まれた1971年頃に、彼はアシュラとか銭ゲバなどの話題作を多く発表している。世の中銭ズラ。

沼正三の家畜人ヤプーに触発されて出来たのが、少年チャンピオンに連載した女尊男卑の漫画ゴミムシくんだ。女性の黄金を男が食べることが社会常識になっているという世界観で、これを少年漫画誌で連載したというのが信じられないな。ジョージ秋山氏のヘタウマな画力でかろうじでギャグマンガとして成立していたんだろうか。ゴミムシくんの画像は、スカトロではなくSMの鞭打ちを貼っておく。

故人に合掌。
銭ゲバ
ゴミムシくん
ジョージ秋山氏死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 05:17|PermalinkComments(0)

2020年02月19日

ハルロックは面白い

少し前のことになるが、ハルロック(西餅、講談社)全4巻をまとめ買いした。この漫画は、おそらく史上初の電子工作漫画だ。Arduino(イタリア製のプラットホーム)やRasberry Pi(英国製の手のひらサイズPC)などの用語がボンボン出てくる。この漫画が曲がりなりにも4巻まで出版された事実こそが、日本文化の懐の深さを証明していると思うのだ。

たまごどんも今の部門になって、Arduinoによる電子工作を勉強する機会が得られた。ハルロックの主人公である向坂晴ちゃんを目指して、たまごどんも頑張ることにしよう。

ボッチ・ザ・LEDを小松さんに説明するときの晴ちゃんは、とてもイカしていました。

画像は、呼びかけ応答リモコンが自身の電池切れを叫んで伝える向坂家の情景です。
ハルロック





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 00:31|PermalinkComments(2)

2020年02月10日

今日は手塚治虫先生の命日

2月9日は漫画の神様 手塚治虫先生の命日となる。手塚先生は長年の無茶がたたり、61歳で亡くなった。平成元年になったばかりの出来事だ。

たまごどんは当時高校生。それでも手塚治虫先生がもうこの世にいないことが、あまりにショックだった。

命日までちゃんと覚えている有名人は少ない。たまごどんにとって、手塚治虫と三沢光晴は別格なんだろうな。

話は変わるが、AI手塚治虫の漫画には興味がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 08:18|PermalinkComments(0)

2019年11月10日

吾妻ひでおの思い出

今日は吾妻ひでおの漫画について語ることにする。彼の漫画を最初に読んだのは少年チャンピオンのふたりと五人だったかなあ。がきデカとドカベン目当てでチャンピオンを読んだだけだし、なんと言ってもまだ思春期前だ。彼のゲイの描写も尖りすぎていたので、ゲイと言えばドリフでのオチに出てくる、男が好きな男という知識しかないたまごどんには猫に小判だった。

たまごどんの漫画遍歴には常に兄貴が関係する。たまごどんが中学くらいのときに、奴がスクラップ学園やけくそ天使を買ってきた。やけくそ天使は吾妻さんもノビノビと描いていたようで、オソソとかのアダルト用語はこの漫画で覚えた。とにかく可愛い女の子が描きたい!という吾妻先生は、週刊少年誌の連載には向いていなかったんじゃないかな。吾妻ひでお先生の功罪は、日本にロリコン文化を根付かせたことだろう。蛭児神建(ひるこがみ・けん)なんて、吾妻先生の漫画がなかったら絶対知っていないもんな。

TVアニメ化されたなな子SOSは、四国の民放の少なさのためにマトモに見ることが出来なかった。瀬戸内テレビのジャミジャミ画像を恨めしく思ったものだ。SF作家の新井素子の文に吾妻ひでお先生が絵をつけた、ひでおと素子の愛の交換日記は、たまごどんの愛読書となった。

自身のアル中やうつの経験を描いた失踪日記の前になるが、彼は真っ黒なウンコが出てきたという漫画を描いている。健康不安はだいぶ前から感じていたんだと思う。吾妻先生は結局酒によって命を落とすことになった。

今はただ安らかに。合掌。
9784835455631_1L
bookoffonline_0015014084




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 09:58|PermalinkComments(0)

2018年08月31日

ワンピースの謎

ワンピースの尾田栄一郎氏は、さくらももこさんの追悼にイラストを発表した。とてもいい話だと思う。けどなあ、ワンピースには長年の疑問があるのだ。

そもそもこの漫画、何が面白いのだろう。絵はさほど上手いわけではなく、海賊同士の友情がメインのようだが、話は冗長で、展開が遅すぎる。昔たまごどんは、漫画喫茶で20巻ほど読んだが、いつになったら面白くなるのだろうと困惑したものだ。「ぼくの地球を守って」で同じ質問をして、友人を嘆かせたという話は以前にしたな。

なんというか、エグザイル的世界観にハマれないと駄目なのかなあ。
Dlp7MyhVAAAsB9-





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 07:41|PermalinkComments(0)

2018年06月17日

まいっちんぐマチコ先生

最近はランドセルを見に行ったり、プリキュアショーを見に行ったり、ワールドカップを見たりしている。アイスランドvsアルゼンチン戦はなかなか面白かった。メッシを囮にした組立をしておけばアルゼンチンの勝ちだったよな。セルビアvsコスタリカ戦は、後半のアッチッチなヒートアップが面白かった。

そんな中で、気になったニュースがこれ。まいっちんぐマチコ先生の実写映画化だ。

気付いてなかったけど、奥さんの名前もマチコだ。しかし現実は、マチコ奥さんの言動にたまごどんがまいっちんぐである。結婚生活ってのは夢がないねえ。

f8336_1235_3df673db_0483b28b



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:52|PermalinkComments(0)

2018年05月29日

花とゆめの休刊

昔はもっとも元気の良かった少女漫画雑誌だった「花とゆめ」が休刊することになった。(休刊したのは別冊花とゆめです。指摘していただいたすばる氏に感謝!)たまごどんは兄貴の買っていた柴田昌弘氏の紅い牙・ブルーソネットから意識したと思うが、あまりハマって読んだという記憶はない。中途半端にエロいので、もっとエロくしろ!と思っていた。

ちゃんと気合を入れて花とゆめを読んだのは大学生の頃だ。読んでいた作品は、ここはグリーン・ウッド(那州雪絵)、なんて素敵にジャパネスク(山内直美 原作は氷室冴子)、僕の地球を守って(日渡早紀)、パタリロ!(魔夜峰央)、動物のお医者さん(佐々木倫子)、ガラスの仮面(美内すずえ)くらいかな。大学生というのは暇を持て余していて、人生の中でバカを貫き通せる貴重な黄金時間なのだ。当時はスマホなど影も形もない。もっともたまごどんは、当時の看板連載だった僕の地球を守ってにハマることなく挫折した。

花とゆめが無くなることには一抹の寂しさを覚える。ガラスの仮面も完結できないで終わりそうだな。
2007091910280005186JDRNWML2139-3


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:59|PermalinkComments(2)

2018年05月08日

よつばと!14巻

よつばと!の14巻が発売されていたので、早速購入した。13巻は2015年11月27日発売で、14巻は2018年4月28日だから、2年5ヶ月ぶりの新刊ということになる。ガラスの仮面で鍛えられているとはいえ、相当に間隔が空いたものだ。腰帯には「祝よつばと!15周年」と書かれていたのが少し笑えた。

この巻では「おひめさま」が一番心に染みた。5歳の女の子はお姫様が大好きなのだ。あさぎさんがゴミ袋で作ったドレスのレシピは欲しいなあ。少しググってみるとこんなサイトが見つかった。たまごどんが作るドレスは人形用だから、まだ良しとするか。

14巻ではとーちゃんの妹の小春子さんが登場した。小岩井家の構成については少しづつ明らかになっているが、よつばのお母さんやよつばの誕生については全く不明だ。よつばと!はまだまだ終わりそうにないし、たまごどんとも長く付き合っていきそうです。

81op5RAKd1L



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 03:41|PermalinkComments(0)

2018年03月26日

エコエコアザラクの思い出

エコエコアザラクを描いた古賀新一さんが亡くなっていた。享年は81歳。

彼の代表作はなんといってもエコエコアザラク。この時代はホラーブーム、オカルトブームが全盛の頃で、つのだじろうの恐怖新聞や楳図かずおのホラー漫画が世に受けていた時代だった。

ヒロインの黒井ミサが可愛いのに怖く、彼女が行う黒魔術の儀式で裸になるシーンは、思春期に入っていたたまごどんに刺さったもんだ。当時のチャンピオンはドカベンやがきデカ、らんぽうといった子供向け漫画から、マカロニほうれん荘やブラックジャックなどの大人向けの漫画までが高い水準で揃っていて、漫画家が面白いものを描こうとしのぎを削っていた。

当時のたまごどんは、黒井ミサだったら呪い殺されてもいいかなと思ったが、今読み返してみるとやっぱりこれで死ぬのは嫌だなあ。エコエコアザラク、エコエコザメラク。
a66bf23e


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 01:11|PermalinkComments(0)
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives