読書

2020年07月29日

2009年6月13日からの三沢光晴を読んだ

2009年6月13日からの三沢光晴(長谷川晶一 主婦の友社)を読んだ。この本とは、市立図書館で偶然に出会った。背表紙だけで、たまごどんが読まなくてはならない本だと分かった。

正直に言おう、この本を読んでたまごどんは涙が止まらなかった。50近いオヤジが読んで泣いてしまう本というのは滅多にない。この本はその滅多にない本だった。

プロレス興行が成立するためには、選手やレフリー、団体の裏方、プロレスジャーナリストが必要だ。2009年6月13日の広島グリーンアリーナNOAH大会もそうだった。その日のメインイベントは齋藤彰俊&バイソンスミス組 vs 潮崎豪&三沢光晴組。週刊プロレスの記者やカメラマンが広島に現地入りし、三沢の付き人だった鈴木鼓太郎も三沢の買い出しを行っていた。いつもの、なんてことのない日常。

この本は三沢最期の1日から始まっている。三沢の生い立ちや、当時の慢性的な体調不良のこと、それでも休むに休めないNOAHの事情のことが読者に説明されながら、焦点はメインイベントに収斂していく。齋藤彰俊が放った三沢へのバックドロップで、事態は急変する。三沢が動かないのだ!三沢はしばらく意識があり、西永レフリーは試合を止めろという三沢の意思表示を聞いている。西永レフリーはすぐに試合を止め、斎藤&バイソン組の勝利を称えた。直ちにリングドクターがリングに上げられ、三沢の蘇生処置が施された。落合カメラマンは撮影を逡巡する。異常事態であることはすぐに悟った。俺は、三沢という友人が苦しんでいるこの状況を撮影するべきなのか?

この本が書かれる前に、NOAHの全面協力のもとで、関係者への取材が行われている。取材の窓口は、当時の週刊プロレス編集長だった佐久間一彦氏が担当した。しかし本を読めばわかるが、この本の実質的な主役は佐久間氏だ。彼は自問する。「なぜ自分は、あの現場に居なかったのか」。

佐久間氏は訃報を受けてから、週刊プロレスの通常号と増刊号を作り上げるために奮闘する。本文から引用しよう。

>三沢が亡くなってからの四日間、自宅にも戻らず、ゆっくりと眠ることもできなかった。肉体的には過酷な日々だったものの、佐久間の中にある「三沢さんのためにいいものを作りたい」という思いが原動力となっていた。(p142)

舞台は6年後に移る。当時の関係者もそれぞれの人生を歩んでいた。佐久間氏もベースボールマガジン社を退社した。リングドクターを務めた武田氏も二宮氏も、結婚されたり病院経営に奔走している。選手会長だった森嶋も引退し、潮崎と鼓太郎は全日に移籍した。けれども彼らは三沢の思い出と感謝を語った。そして齋藤彰俊も。

佐久間氏と齋藤彰俊との会話に、たまごどんの涙腺は決壊した。長くなるが引用しよう。
******************************************
「あのときの『週刊プロレス』はご覧になりましたか?」
齋藤はすぐに答える。
「見たと思います。」
ここから、佐久間の「独白」が始まる。
「あのとき、僕が編集長でした。あの場面の写真を使うかどうか、会社から一任されました。僕はあの日、会場には行っていません。でも、写真を見る限り、”原因はこれじゃない”と判断しました。だから、誌面に掲載しました。それによって読者がどう判断するのか、僕にはわかりませんでした。でも、少なくともプロレスをずっと見てきた人なら、あのバックドロップが特別に危険なものではないとわかると思いました。あのとき、斎藤さんはクラッチを外していましたよね?」
「はい」
「ロックしたまま投げる方が明らかにリスキーだったのに、齋藤さんはクラッチを外していました」
「そうなんです。そうおっしゃっていただけると本当に助かります。クラッチを組んだままあの角度で投げると、すべての衝撃が首に行くんです」
「受け身が取れないですからね」
「そうです。それをわからない方は、”クラッチが外れたのは明らかに齋藤のミスだ”と言う人もいました。それに対して反論はしませんでしたけど、今、そうおっしゃっていただいて…」
六年分の思いを込めて佐久間が答える。
「個人的な問題なのですが、この六年間、”掲載したことははたしてよかったのか?”。この思いはずっと結論を出せずにいたんです…」
齋藤もまた万感の思いを込めて答える。
「はい。”いつもと変わらないバックドロップだった”と書いて下さって、本当に助かりました。佐久間さんを含めて、いろいろな方がすごく好意的にして下さったことは、本当に感謝しかありません。どうもありがとうございました」
思わず涙が込み上げてくる。ぐっとこらえたものの、喜びとも安堵とも違う、それまでに感じたことのない不思議な感情が佐久間を襲った。
六年間の胸のつかえが、ようやく取れた気がしたー。(pp.234-236)
*******************************************
img_1 (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 05:16|PermalinkComments(0)

2020年01月07日

「西洋の自死」を読んだ

正月休みで読んだのが「西洋の自死(ダグラス・マレー著、町田敦夫訳、東洋経済新報社)」である。500ページを超す本だが、なんとか読み終えた。この本のテーマはEUに雪崩込んでいる移民についてだ。

たまごどんがスウェーデンの性犯罪について調べたとき、その犯罪数の多さにビックリしたものだ。なぜこんなにスウェーデンでは多いのだろう?日本とスウェーデンとの法律の違いによるものかもと検討したが、法律の違いでは日本とスウェーデンとの違いを説明できなかった。さらに調査をすすめると、移民が性犯罪の原因となっているとの情報が得られた。

結論から言うと、Why does Sweden have One of the Highest Sexual Assault Rates in the World?の記述は本当だったということだ。欧州では移民が行った性犯罪が警察組織によって隠蔽され、被害者も口を閉ざすことで加害者である移民男性に加担した。それもこれも、人種差別主義者と避難されることを恐れたためだ。

>2000年代を通じて、移民の集団による地元女性への性的暴行の問題は公然の秘密になっていた。それは誰もが口にしたがらないことだった。その件に触れることさえ、ひどく下劣で不愉快なものを感じさせたのだ。色黒の男たちが白人女性を陵辱する趣味持つなどと匂わせることすらが、憎むべき人種差別主義から出た言葉のように感じられた。(同書p300)

この本を読むことで、たまごどんは欧州の移民政策の理由をよく知ることが出来た。ドイツは移民が大量移住したことで、テロ件数も犯罪件数も急上昇した。欧州は、世界の問題も国内に取り込んだことになる。

たまごどんの考えは固まった。命の危険のある難民はともかく、日本は経済難民を受け入れるべきではない。日本政府は今まで通り難民認定審査を厳しく実直に行ってほしい。人手不足を解消する切り札はAIと自動運転技術の社会導入だ。無人タクシーや無人トラックを実現し、イノベーションの力で人口減時代を切り開こうではないか。

1504550196_702163_1504557356_noticia_normal_recorte1-1024x523
boox_bk-4492444505

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:57|PermalinkComments(0)

2019年12月17日

通勤時間は読書タイム

たまごどんが会社に通うために、自転車で栗東駅→栗東駅から野洲駅→野洲駅からバスを使っている。待ち時間を考えると、片道1時間の旅だ。


おかげで読書が進む進む。ハラリの「サピエンス全史」を読み終え、今は「ホモ・デウス」に移っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:59|PermalinkComments(0)

2019年07月05日

「医者が教える最善の健康法」を読んだ

医者が教える最善の健康法(名取宏、内外出版社)を読み終えた。作者の肩書は内科医となっていて、NATROMさんの最新刊だ。この本は、医学的に効果があることがデータで示されている健康法について触れている。喫煙が非常に有害であること、がん検診が必ずしも効果を出さないこと、ためしてガッテン系の健康食品の効果が疑わしいことを説明している。

健康法に効果の有り無しをどうやったら言い切れるのか?その指針は疫学研究、コホート研究、ランダム化比較試験などのエビデンスだ。人類が辿り着いたこうした判断基準で、個々の健康法を判定しているのが、この本の最大の特徴だ。こうした視点は今までの健康法には無かったと思うので、ぜひ手にとってくれる人が増えるといいなと思っている。しかし、NATROMさんが印税生活でウハウハになるのもちょっと嫌かな。いかんいかん、ついたまごどんがピータンになってしまったわい。

この本でたまごどんが一番面白かった箇所は、「パラシュートに関する研究」だ。一種のパロディなのだが、エビデンスはよく考えないと何をしているのかわかなくなることを、この例は示している。

お薦めですよ。
D9OLuhAUIAE5gFc



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 07:34|PermalinkComments(0)

2019年03月24日

「海賊とよばれた男」を読んだ

百田尚樹の海賊とよばれた男をブックオフで購入し、二日間で読み終えた。小説の主人公は国岡鐡造、舞台となる会社は国岡商店とされているが、それぞれモデルがある。国岡鐵造は出光佐三で、国岡商店は出光興産だ。

他の登場人物はというと、実名もいれば仮名もいるようだ。作者である百田尚樹さんは、どういう基準で小説にしたんだろうか。玄庵のように全部実名が一番いいと思うけど、出光興産は創業者一族がまだ権力を握っている会社なので、実名には差し障りがあったのだろうか。

話を小説に戻そう。この話は面白い。小説は終戦直後からスタートし、瓦礫の山とお粗末な食糧事情の中で、わずかに残った社員に国岡は宣言する。「ひとりの馘首もならん!」 戦争から戻ってくる社員も含め、どんな仕事でも探して雇用することを決意する。国岡は収集した美術品を売って資金にし、ラジオ修理の話に飛びついて糊口を凌ぐが、本業である石油販売には戻れなかった。国岡商店は石油配給統制会社(石統)から締め出されていたためだ。

石統は、日本への石油輸入再開の条件としてGHQから出された、旧海軍の燃料タンクから燃料を浚うという、非常に過酷な仕事を国岡商店にさせた。ここでの作業態度がGHQの目に止まり、国岡商店は石油販売業者として再出発する。

2章は青春編だ。ここで初めて国岡鐵造の生い立ちと国岡商店の設立が語られる。たまごどんでも終戦直後のシーンから小説をスタートさせるだろう。国岡鐵造の再出発シーンが、小説全体のハイライトとなっているからだ。時系列にこだわらずに回想シーンで描写するのは、百田の筆力だと思う。

敗戦国日本が受けてきた二等国扱いが、実業家の視点から描かれている。国岡商店が大きくなるにつれて、メジャーと呼ばれる石油大手からの妨害が強くなり、北米からの石油輸入が困難になった。

国岡鐵造は大勝負に出た。石油の国営化を宣言したばかりのイランに対し、タンカーを送り込むことにしたのだ。当時はイランの石油はイギリスの所有物という考えが浸透していて、イランから石油を購入した者は、イギリスからの報復を覚悟しなくてはならなかった。イランとの交渉は極秘裏に進めなくてはならない。国岡は腹心の部下である武知と国岡正明(鐵造の末弟)をイランに向かわせる。交渉は難航したが、ついに合意にこぎつけることができた。タンカーは飯野海運の日南丸を準備している。

ところが飯野海運はタンカーを出さないと国岡商店に通告してきた。重役たちは重い沈黙の中で安堵感も漂っている。無理もない。もしイギリスの逆鱗に触れたら、タンカーを拿捕される可能性が高いのだ。それは国岡商店の倒産を意味する。国岡鐵造は決断した。自社の虎の子のタンカーである日章丸をイランに送ると。

日章丸の船長である新田に計画を打ち明け、彼は即決した。他にも保険問題、外貨割り当て問題をなんとかクリアしてすべての準備は整った。乗組員はサウジアラビア行きと思わせておいて、航海途中で真の行き先を告げることにする。国岡鐵造にとって、国岡商店にとって、正真正銘の大博打だ。

ちょっと煽りすぎたかな。続きは読んでいただくとして、この小説は読んで損はない。今ならブックオフで1000円出せば、文庫本の上下巻が買えるだろう。


国岡鐵造は「黄金の奴隷たる勿れ」を座右の銘とし、他にも「士魂商才」「人間尊重」を唱えた。タイムカードによる勤怠管理はせず、定年もなかったらしい。どんな会社だったのかな。たまごどんも一度働いてみたかったが、現代なら「勤怠管理すらないブラック企業」と言わていたりして。

海賊とよばれた男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:31|PermalinkComments(0)

2019年02月02日

噂の眞相編集長 岡留安則氏の死去

噂の眞相の編集長だった岡留安則氏が、肺がんのために亡くなった。享年71歳。

反権力・反権威を謳った噂の眞相はどこまでも怪しく、岡留氏の個人商店という感じだった。扱う記事は政局、皇室、パチンコ利権、北朝鮮ネタ、東京地検ネタ、同和利権、ホンカツや小林よしのり、プロレス界のゲイ事情、芸能ゴシップ座談会、オウム真理教ネタなどなど、ほぼ全てのジャンルに渡っていた。特に東京地検ネタは協力者がいたんだろうな。最終的には検事長の首を獲ってしまった。

たまごどんは大学時代から読んでいた。筒井康隆の連載も、本多勝一のコラムも、ナンシー関の消しゴム版画+コラムも、無法地帯だった読者投書コーナーも、全て熟読していた。良くも悪くも、時代を引っ張った雑誌だったと思う。ウワシンを読まないのはダメだが、ウワシンを盲信する奴もダメだ。7割の真実と3割のフェイクが混ざった、新宿ゴールデン街の匂いを放っていた雑誌が噂の眞相なのだからな。

たまごどんが重宝したのは、ウワシンの1行ネタだ。「星新一 植物人間状態」と書かれてから2週間ほどで星さんの訃報がニュースとなったのにはビックリしたものだ。今思い出したが、ウワシンから排除された宅八郎は、岡留編集長の訃報を聞いてどう思っているのだろう。

世の中をナナメ35度の角度から見る、自分の感性を大事にする。岡留編集長の思想までは受け継いでいないが、彼の行動指針は今でもたまごどんに受け継がれているように思う。故人に合掌。
thumb300x255-images681992sim




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:19|PermalinkComments(0)

2018年11月22日

ウマルさん、本を出すってよ

拘束された安田純平ことウマルさんが、自らの体験記を早くも出版するそうだ。えらく早いな、オイ。ウマルさんが正直に体験したことを書いたのなら、案外面白い本かもしれないが、「私は不幸にも拘束されたが、不屈の闘志で精神を折られることはなかった。」とかの、クソみたいな自慢しか書かれていない気もする。

たまごどんは書店で定価では買わないだろうなあ。ウマルさんに印税が入るのが癪だし。

1542520026183



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 07:47|PermalinkComments(0)

2018年09月29日

週刊金曜日の新編集長は植村隆氏だそうな

「週刊金曜日」を発行する株式会社金曜日が、元朝日新聞記者で韓国カトリック大学客員教授の植村隆氏(60)を社長兼発行人としたそうだ。ありゃりゃ。この人は朝日新聞在籍のときに、朝鮮人慰安婦が日本軍に強制連行されたという新聞記事を署名入りで書いたことで有名になった方だ。彼の記事は吉田清治の捏造証言をクオリティペーパーが裏付ける結果となり、慰安婦問題で大きく日本の国益を損なわせることになった。

Wikiによると、週刊金曜日も植村氏を擁護する特集を組んでいたという。

>週刊金曜日は同誌が掲載した植村擁護の記事を求めた66ページの特別号を発行した。執筆者は能川元一、中島岳志、辛淑玉、西野瑠美子、吉方べき、神原元、徃住嘉文、長谷川綾。

金曜日が植村氏を擁護するってのは主義主張から分かるけど、彼を編集長に迎えちゃ駄目だろう。もう「中立の立場から見て…」というポーズすら取れないのかねえ。金曜日は創刊時から定期購入していたたまごどんだが、購入を中止してから5年以上は経つ。金曜日のインチキ医療擁護に辟易したのがメインの理由(その1その2)だが、読む記事の内容の無さも相当だった。なにせ、結論が決まっている雑誌だったからなあ。

週刊金曜日編集長の交代理由は経営不振も大きそうだ。創刊時5万3000部が、時期は分からないけど1万3000部ではアカンやろ。普通の雑誌ならば休刊だと思うけど、よく続けられているね。どこからか資金が入っているのだろうか。タブーなき雑誌が謳い文句の金曜日だが、この辺がタブーなのかもしれない。

植村氏に対する櫻井よしこ氏の批判をWikiより引用しよう。

「挺身隊は勤労奉仕の若い女性たちのことで慰安婦とは無関係だ。植村氏は韓国語を操り、妻が韓国人だ。その母親は、慰安婦問題で日本政府を相手どって訴訟を起こした「太平洋戦争犠牲者遺族会」の幹部である」とし、「植村氏の「誤報」は単なる誤報ではなく、意図的な虚偽報道と言われても仕方がないだろう」と書いている。

朝日新聞を辞めた植村氏は韓国カトリック大学客員教授となり、日本軍従軍慰安婦問題を提起したことを評価され、第24回キム・ヨングン民族教育賞を受賞されています。韓国からのご褒美ですね。チョー分かりやすいんですけど。

CUtAU6kUkAApD3MDQx1s5BUIAAicJU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:23|PermalinkComments(0)

2018年08月18日

先崎九段は鬱病だった

将棋と文才に溢れる異色の棋士である先崎九段は、去年の順位戦を休場した。この時点では原因が分かっていなかったが、彼は鬱病を患って闘病していた。なんでそれが分かったかというと、彼の書いたうつ病九段を読んだからだ。

鬱はこわい病気で、自殺リスクが極端に高くなる。たまごどんはそのことを頭では分かっていたつもりだったが、実際に先崎さんが自殺衝動を語るところはビビってしまった。こんなになるんだなぁ。この本を読んで初めて知ったが、先崎九段のお兄さんは精神科医なんだそうだ。彼の尽力もあり、先崎九段は慶応大学病院精神神経科に入院する。

棋士は這ってでも対局場に向かうべし。不戦敗なぞもっての他。将棋指しに受け継がれているこの精神に従い、先崎九段は何とかして不戦敗を避けようとするが、医師の先生と実の兄に説得されて3月末までの休場を決めた。もっとも鬱は物事が決められなくなる病気であり、どういった経緯で休場期間が3月末までとなったのかについては、本人にも記憶が無いそうだ。先崎さんの奥さんは囲碁棋士の穂坂繭さんで、彼女は「先崎学が将棋を指せないなんて‥」と泣き崩れた。そうだよなあ、将棋少年がそのまま大きくなったような人間だもんなあ、先崎九段は。

鬱の回復期に、彼は七手詰が解けなくなっていることに驚く。復帰に向けて将棋勘を取り戻そうと足掻く描写は面白く、本書の白眉かもしれないが、この辺りは実際に読んでもらうことにしよう。最後に、先崎九段の兄である精神科医の言葉でこのエントリを締めたい。

「うつ病は必ず治る病気なんだ。必ず治る。人間は不思議なことに誰でもうつ病になるけど、不思議なことにそれを治す自然治癒力を誰でも持っている。だから、絶対に自殺だけはいけない。死んでしまったらすべて終わりなんだ。だいたい残された家族がどんなに辛い思いをするか」
「修羅場をくぐったまともな精神科医というのは、自殺ということばを聞いただけでも身の毛が逆立つものなんだ。究極的にいえば、精神科医というのは患者を自殺させないというためだけにいるんだ」
(同書 pp173-174)

51x8KvtXKHL__SX344_BO1204203200_

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:37|PermalinkComments(0)

2018年06月11日

捏造の科学者を読んだ

ブックオフで購入した捏造の科学者(須田桃子,文藝春秋)を読み終えた。たまごどんも当時は小保方博士のことをよく取り上げていて(その1その2その3その4(笹井氏の自殺))、今読み返してもそんなにピント外れなことは書いていないようなので安心した。もっとも、小保方さんの再現実験成功という記事を引用していたのがアレだけど、今となってはかえって貴重な情報かな?

著者の須田桃子氏は毎日新聞科学環境部の記者で、STAP細胞のプレスリリースから関与している方だ。そのため、最初の興奮状態から疑惑の発生に至った経緯が生々しい。笹井芳樹 CDS(理研発生・再生科学総合研究センター)副所長、若山照彦 山梨大教授とのメールでのやり取りやヒアリングは、実に興味深かった。若山氏は論文のアクセプトまでにSTAP細胞を再現しないとと焦りながら、小保方氏にやり方を確認し、彼女から培地を送ってもらい、数十回もトライしている。しかし、iPS細胞より遥かに効率よく発生するはずのSTAP細胞は姿を現さなかった。(p204-241)

小保方氏は不正が明らかになった段階で、若山教授にその罪を負わそうとしている。しかし彼の無実は意外な経過で明らかになった。STAP細胞研究チームがWeb上で公開していたSTAP細胞の遺伝子配列情報のデータから、八番染色体にトリソミー(通常2本の染色体が3本になっていること)が見つかったという。これはたかだか1週間の培地で出来たとされるSTAP細胞ではありえないことだ。

一連の研究を通して、STAP細胞は塊として評価されている。ここは重要な点なので、本文から引用しよう。

>論文では、STAP細胞を常に塊の状態で性質を調べ、キメラマウス作製などの万能性を証明する実験でも、バラバラの細胞ではうまくいかなかったため、塊のまま受精卵に注入している。査読者は「それでは、一個のSTAP細胞が、胎児と胎盤に分化する能力があるのか分からない。」「本当に多能性を持っているのか十分に証明できていない」と指摘した。塊の中に、胎児だけになる細胞と、胎盤だけになる細胞が入り混じっているかもしれないからだ。(p310)

>小保方氏らは査読コメントが返ってから追加実験に取り組んだが、(中略)万能性の証明実験を単一細胞でやり直した形跡はない。(p311)

須田さんは疑惑が明らかになるにつれ、なぜこうした不正が起きてしまったのかに興味が移っていく。彼女なりの回答は、iPS細胞という画期的な成功により京都大学iPS細胞研究所が2010年に設立されたことで、CDSに焦りがあったというものだ。その焦りは、CDSに小保方氏を採用する後押しをし、そして共同研究者ですら再現できなかったSTAP細胞の成功を既成事実とした。一流科学誌のネイチャーの焦りもあったようだ。山中教授のiPS細胞に関する論文はセルに掲載されたもので、どうしてもSTAP細胞をネイチャーは載せたかったのだろうと須田氏は推測している。ネイチャーの編集者は、査読者が指摘した疑問点(上記の多能性の証明)や修正点を十分に反映させることなく、記事掲載を決定した。

査読資料の精査を依頼されたある専門家の言葉が、この騒動を的確に表現しているようだ。
「一流誌への投稿に慣れ、幹細胞分野での信用もある笠井氏や丹羽氏が著者に入ったことで、STAP論文は初めて論文としての体を成し、編集者も賢明な判断ができなくなったのではないでしょうか。くさった丸太を皆で渡って、たまたま折れずに渡り切れてしまったということでしょう。」(p323)

たまごどんはSTAP騒動でまだ分かっていないことがある。小保方さんの研究成果は本物だとする人たちがいて、そうした彼女を擁護している方々は、自然科学のルールに疎い層がほとんどなのだ。彼/彼女の動機は一体何なのだろう。この大衆心理について、だれか解説してくれないかなあ。
無題




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 02:38|PermalinkComments(0)
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives