たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

社会

カルロス・ゴーンの逮捕について

世間であれだけ騒がれているゴーンのことを書かない訳にはいかないだろう。ゴーンは、有価証券報告書虚偽記載によって逮捕されている。日産の解任理由は法人費用の私的流用によるものだ。有価証券報告書虚偽記載だが、どうも大した犯罪ではなさそうなのだ。

>上述のように役員報酬に関する虚偽表示のみで、経営トップであるゴーン会長が逮捕される事態に発展することは、通常では考えられません。一部報道にあるように、ゴーン会長が日産自動車の資金を私的に流用するなど、重大な不正行為を行っていたことを重視し、東京地検特捜部が逮捕に踏み切ったと見るべきでしょう。

東京地検特捜部が逮捕罪状に有価証券報告書虚偽記載をつかったのは、証拠が明らかだからだろうな。法人費用の私的流用を罪状にすると、私的と公的とを切り分ける必要があるので、証拠固めが難しかったのではないだろうか。

今回の逮捕劇は、主に2つの見方があるようだ。日産幹部がルノーとの経営統合に前向きになったゴーンを排除したという日産のクーデター説と、ルノーが言うことを聞かないゴーンに変わって、後継者を準備しているという説だ。たまごどんは日産クーデター説に軍配を上げるけど、どうなんでしょうかね。事実が明らかになることは当面無い気がする。

まあ少なくとも、ゴーンの脇が甘々だったことは間違いない。
post_18146_02

河野大臣はやるなあ

今の日本政府には韓国の揺さぶりに対する頼もしさがあると思う。安倍総理がブレていないこともそうだが、河野外務大臣の対応が素晴らしいのだ。

11/6の外務大臣会見記録を読むと、大臣の回答が簡潔でわかりやすく、そしてブレないことに痺れてしまう。会見記録の中で、河野大臣はブルームバークのインタビューに答えたと言及していたので読んでみた。ここもいいね。徴用工に触れた部分を引用しておこう。

>河野大臣は「韓国政府と国際法に基づく合意を結んだとしても,その合意を韓国大法院が望めばいつでも覆すことができるのであれば,それは,いかなる国にとっても韓国政府との間で物事を進めることが難しいことを意味する」と述べ,「韓国はこの問題にまず対処しなければならない」とし,そうでなければ関係は前進しないと付け加えた。

大臣が言いたいことは他にもあるのだろうが、ここにフォーカスすることで、韓国政府の無茶苦茶ぶりが浮かび上がってくるという仕掛けだ。韓国政府に媚びずに、彼らの出方を見守るという姿勢にも頼もしさがある。日本のカードは強力で、何枚でも切ることが出来る。そりゃ出来れば韓国経済と繁栄を図った方がいいだろうけど、韓国は日本にとってワンオブゼム、替えの利かない国ではないのだ。逆に日本は韓国にとって替えが効かない国です。おっと忘れていた。韓国が北朝鮮と赤化統一したら、鵜飼経済からは脱却できると思うよ。

ブルームバークのインタビュー動画はここで見ることが出来る。徴用工に関するインタビューは案外短く、TPPや日米の経済枠組みに関する質問が多いので、朝鮮半島について知りたい人には物足りないインタビューかもしれない。にしても、河野大臣の英語は聞き取りやすい。彼がどの程度アジア訛りなのかまではよく分からないが、文のセンテンスが短くて、主張が理解しやすいのがいいのだ。

韓国の反応は、今のところこんな感じだ。国際世論の支持が全く無い主張をしなくてはならない韓国外務省の役人には同情するけど、助けてはやらないよ。恨むなら自国の政府を恨んでください。

800x-1

安田純平さんの解放

安田さんが解放された。なぜ今のタイミングなのかについては、読んだ中ではこの記事が一番説得力がある。反体制派が劣勢の状況で、周辺国の思惑もあり、非武装地帯の設置合意で小康状態だったこと。ヌスラ戦線が人質の換金の必要に迫られていたこと、外交的に中東で孤立していたカタールが日本に恩を売りたかったこと、などが説明されていた。

========================================
 安田さんの解放は、シリア内戦が最終局面に向かうという現地情勢が大きいが、もう1つには、中東で外交的に孤立するカタールが積極的に動いたことも要因だろう。安倍晋三首相は、カタールのタミム首長やトルコのエルドアン大統領との首脳会談の際、安田さん解放への協力を水面下で要請しており、解放によって日本政府はカタールやトルコに借りをつくる形となった。

 カタールと敵対するサウジは目下、トルコ・イスタンブールを舞台にした暗殺疑惑で大揺れだ。サウジ人著名ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏を、実権を握るムハンマド皇太子が主導して暗殺したのではないかとの疑惑の目が向けられ、国際社会の批判にさらされている。

 カタールは、サウジが暗殺疑惑で国際的に窮地に立つ中、日本政府に外交的な支援を期待するとともに、ジャーナリストの解放という人道問題に尽力したことを世界にアピールして外交的な苦境を緩和したいとの狙いもあったとみられる。
========================================

安田さんは無事に解放され、人質代としてヌスラ戦線は300万ドルを手にした。武器も食料も買えるので、内戦の犠牲者は更に増えるだろう。さらに「日本人を誘拐すると現ナマになる」という成功事例を世界に向けて発信したことになる。安田氏の思惑とは違うだろうが、彼は戦争に加担してしまった。

個人的には、安田さんの財産なり、安田氏の行動を支持する人からのカンパなりで、今までの発生費用を出してもらいたいけどな。拘束されたときの手記を出版してくれれば、たまごどんも買うかもよ。ところで、韓国人のウマルさんの話はどうなったの?

人質ビジネス、か‥。こんな感じかね。
****************************
日本国籍をお持ちのアナタに朗報です!
誘拐されるだけの簡単なお仕事です
報酬は身代金の5%!
交通費、誘拐されている間の食費、居住費は全額支給致します!
****************************
201808yasuda-ysd024

日本はアメリカからハーグ条約の義務不履行国に認定されているそうな

この記事によると、米国務省は日本をハーグ条約の義務不履行国の1つに認定したそうだ。

この記事は色々と興味深い。日本の場合、離婚のときに子供が小さいと子供の親権は母親になることがほとんどだ。ここによると、平成27年度における調停離婚や審判での親権は、母親9割で父親1割なんだそうだ。子供が10歳以下だと「大多数」と表現されていたので、まず父親に勝ち目はないと思ったほうが良さそうだ。

しかし、そうした日本の常識が通用しないケースも有る。国際結婚だ。

*************************************
国際結婚などが破綻したとき、一方の親がもう片方の親の了承なしに子を自分の母国に連れ帰ることがある。連れ去られた親側から見ると、これは違法性が高い行為。そこで子をひとまず元の常居地国に返還することを定めたのがハーグ条約だ。日本は2014年に批准して、18年2月までに23件の返還命令を出している。
*************************************

ハーグ条約を批准していて返還命令も出している。それなのに日本が義務不履行国だって?その内情はこうだ。強制執行は、まず返還しない日数に応じて金銭の支払いを義務づける間接強制を行い、間接強制後2週間経過しても返還されなければ、執行官による解放実施が行われる。ところが、この解放実施というのが心許ないのだ。幼稚園や小学校への立ち入りは原則認められてない。それに解放は子が債務者と一緒にいるときに限られるそうなので、親が子供を親戚に預けてしまうと執行官は何も出来ない。

こうやって日本はKidnappingの国と認定されてしまうのか。国際結婚のリスクとして啓蒙して欲しい。

今回の記事の裏付けのために、日本の父親が親権をとれない理由を調べたのだが、もうゲンナリした。母親による子供の連れ去りから母子行方不明を経て、でっち上げDV(DV捏造)で訴えられた父親はどうなるか。結論はこうだ。

>裁判所の判決で父親が親権や監護権を取得した判例が過去に殆どありません。

奥さんがなぜDVをでっち上げるかというと、2つの理由があるという。

************************************************
1.有責配偶者からは離婚の申し出が出来ない為、夫からDVを受けていた等言う事にして夫を有責配偶者にする。
2.やってもいないDVを立証する事は困難ですが、その「DVをやっていない」という立証をしなくてはなりません。 結果的に裁判にて立証を行っていくと最低でも半年以上かかってくることになり、継続性の原則を有効にする為です。
*************************************************

ここの継続性の原則とは、子供の現状(生活)を尊重し、特別な事情がない限り、これまでに子供が育ってきた環境を今後も継続した方がいいという考え方である。つまりDVが捏造だろうと、その審理には時間がかかる。かりに半年かかったとして、その間は母親と子供が共同生活をしている。すると継続性の原則から、親権は母親が有利になるということだ。それだったら、親権が欲しい母親は、夫のDVをでっち上げますって。事実そうした事例も多くあり、DV捏造が明らかになっても、親権は母親というのが法曹界の常識らしい。ほう、そうかい。拉致被害者は今まで30年以上北朝鮮で暮らしているんだから、継続性の原則で北朝鮮にいるほうが幸せだとでも、裁判官は主張してくれるのかね。

離婚の原因が奥さんの浮気でも親権には関係ないという。日本の民法が時代に合っていないと思うけどな。ハーグ条約は、民法改正のきっかけになって欲しいよ。
なお今のところ、たまごどん夫婦に離婚の兆候はないので、読者の皆さん安心してください。

16f62_1238_43a168cf_c0888058


玉城デニー沖縄県知事の公約

沖縄県知事は玉城デニー氏となり、たまごどん的にはかなりビックリする結果となった。というのも、土曜日に彼の掲げる政策を調べて、そのあまりの実現性のなさに、たまごどんは「だめだこりゃ」と唸ってしまっていたのだ。彼は沖縄の最低賃金を上げるつもりなんだそうだ。その政策は韓国で絶賛失敗中なんだけどな。他にも

・普天間閉鎖
・辺野古中止
・沖縄を1国2制度にする
・関税をゼロにする
・消費税をゼロにする
・沖縄は国の補助金頼りにすべきでない

とある。関税率や消費税率って県の権限で変えられるものなの?そもそも普天間閉鎖と辺野古中止は両立しないとたまごどんは思っているんだけどな。

「沖縄を1国2制度にする」って何よ。かなり不気味な公約だなおい。

新潮45の休刊とLGBTについての考察

新潮45が休刊となることが決まったそうだ。休刊の原因は、LGBTに対して「生産性がない」と主張した杉田水脈氏を擁護する特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」が批判を浴びたためだ。特に、小川榮太郎氏の寄稿した「政治は生きづらさという主観を救えない」が問題とされている。たまごどんは雑誌を未読なので、記事の引用部分しか小川氏の寄稿を読んでいないことを断っておく。一部引用する。

>「LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものなのだというなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう。SMAGとは何か。サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す。(小川氏)

批判の一つに、「痴漢は犯罪なので、LGBTと比べること自体がおかしい」というものがある。それはその通りだ。だったらSMAL(Lはロリコンを指す)ではどうか。先に引用した記事ではこれでも駄目と主張している。性的指向と性的嗜好が分かっていないという星氏の主張が批判の核になる。

>性的指向は、"恋愛や性愛"の対象をどの性別にするか。
>性的嗜好は、"性的な興奮"を何に対して感じるか。

ふーむ、その切り分け方は正しいのだろうか。たまごどんは異性愛者なので女性に惹かれるが、女性を性愛の対象と見ることもあれば、女性に対して性的な興奮を覚えることもある。両者を明確に切り分けている訳ではない、と思っている。ゲイだってロリだって、同じなんじゃないかな。逞しい男性に惹かれ彼に抱かれたいと夢想するゲイと、可愛い少女に惹かれ彼女を抱きたいと夢想するロリに、果たしてどれほどの違いがあるのだろう。突き詰めて考えると、LGBTはいいがSMALは駄目とは言えないように思うのだが。

ゲイについて触れると、たまごどんの親はピーターを化物扱いだった。最近のテレビに良く出てくるオネエタレントを、彼らはどんな気持ちで見ているのかは聞いていないな。世代によっても受け取り方は変わるだろうし、要は慣れという感じもする。と考えていくと、いずれSMALにだって「何てことはないよね」と世間に受け取れられる時代が来るかもしれないのだ。

新潮45の特集は、LGBTだけを特別視する風潮に一石を投じる可能性があったと思う。一応断っておくが、たまごどんはLGBTの方を差別する気はないし、彼らが法的に結婚したいのなら出来るようにしてあげればいいと思っている。ただ、レズやバイを性的マイノリティとして認めるなら、サドやロリも同様に認めないとおかしいんじゃないと言っているのだ。

新潮社はLGBTを批判してはいけないというポリティカルコレクトに対して白旗を上げ、呆気なく休刊を決定した。言論機関の気概ってものを期待しちゃいかんのですかね。

新潮45


安田純平氏の謎

フリージャーナリストの安田純平さんがシリアで拘束されて行方不明になっている。この人はとにかく謎が多い人物だ。彼は、イラク日本人人質事件の三人(高遠菜穂子氏、郡山総一郎氏、今井紀明氏)の解放とほぼ同時に、渡辺修孝氏と一緒に解放された。それだけでなくイラク軍や警察に何度も拘束され、今回で5回目ということだ。

このときの人質事件は狂言誘拐じゃないかと囁かれているそうだが、その主張が正しいとするだけの証拠をたまごどんが握っている訳じゃない。4回の拘束をされた人間が、政府の忠告を無視して渡航して5回目の拘束を受け、「お願いだから助けてくれ」っていうのが虚しいのだ。助けたところでまた行くんでしょ。彼の支援者が街頭募金でも何でもして身代金を準備して、ヌスラ戦線とやらと交渉することは勝手だが、政府はもう十分に対応したと思う。風船おじさんと同じく、人間には馬鹿をする権利があるのだ。見たところ彼の血色も良さそうだし、まだ当分は大丈夫でしょう。

彼がSNSにあげた発言(下)を読むと助ける気力が失せます。西日本豪雨による被災者はまだまだ援助が必要であり、むしろこれからが本番だ。安田氏の解放のための身代金を、北朝鮮の拉致被害者を救うための予算に充てる方が、ずっと生き金のようにたまごどんは思える。

彼は韓国人のウマルだと発言したそうだ。政府も当初は「拉致された邦人は確認されていない」と言っていたという。彼が邦人じゃないとすると、日本政府の出番は無い筈なんだけど。彼のパスポートの国籍にはJAPANと書いてあるけど、不思議なことに名字が隠されている。一体どうなっているんだ?

まあいいでしょう。彼が日本人だとしても、彼を解放するために日本政府が身代金を支払う必要はないという結論に変わりはない。

(パスポートに関する追記)
安田氏は日本に帰化したが韓国籍を離脱しなかった二重国籍者だったようです。シリア入り時に日本のパスポートを使うと日本政府にバレるので、継続保持していた韓国パスポートで入国したようです。

日本政府の規定では、二重国籍者は日本国籍を保持できません。つまり、韓国パスポートを行使した瞬間、日本政府は日本国籍保持者だと認められないことになります。このため政府見解としては、「拉致された邦人は確認されていない」となるようです。

ネット情報なので、どこまで信用できるかは分かりませんが、辻褄は合っています。


201808yasuda-ysd024
1dd515d2-s
1533068206717
7a19e6ba

日本は死刑制度存続でやっていきましょう

オウム事件による執行により、日本における死刑囚の数は今日現在112人となったようだ。計算は2017年で125人の死刑囚数から、オウム事件で執行された元死刑囚の13人を引いて求めている。依然として112人もいるんだな。たまごどんは、法曹界の審議を尽くした結論が死刑であり、かつ冤罪の恐れがない死刑囚は、速やかに執行するべきという意見だ。

オウム事件に終止符を打ったのだから、日本赤軍事件についても死刑を執行するべきなのではないかと思う。大道寺将司や永田洋子のように病死で終わらせては駄目なんじゃないかな。もちろん、一部の日本赤軍犯が国外に逃亡しているために執行できない状況は承知しているが、オウム死刑囚が全員死刑執行されているというのに、日本赤軍死刑囚が自然死待ちというのも不公平だ。赤軍の死刑囚である坂口弘や、企業爆破犯の益永利明の執行を行うべきではないかと思う。まあそうすると、天寿を全うした大道寺や永田との差が生じてしまうのか。

死刑囚の中には同情するべき背景の人間もいるが、早く執行した方がいいのではとたまごどんが考えるのが、北九州監禁殺害事件の松永太死刑囚だ。彼は自分の手を汚さずに殺人を重ね、もう少しで完全犯罪を達成するところだった。彼の手口を知ってしまうと、他の死刑囚が可愛く見えてしまう。

秋葉原通り魔殺人犯の加藤智大死刑囚も、執行に障害はないと考える。日本に死刑制度があるばかりに、自殺できない人間が死刑を願って犯罪を起こすこともある。

まず無理だとは承知しているが、加藤被告には明日の午前9時に執行することを伝えて、最後の晩餐をとってもらいたい。彼の行動はすべてカメラに納めさせてもらう。加藤死刑囚が自身の念願だった死刑執行を前に平然といられるとは、たまごどんにはどうしても思えないのだ。このビデオは全国に放送しよう。こうすることで死刑への憧憬殺人の抑制に繋がるだろうし、この結果、死刑への憧憬殺人に巻き込まれる被害者も少なくなるだろう。たまごどんが死刑への憧憬殺人について考察したエントリを貼っておこう。

日本は死刑制度も含めてトータルの治安を保つことにしよう。国連やEUからの死刑反対の声は、ご意見拝聴しますくらいの態度で良いのではないでしょうか。

8faae1f6c7056a26f393e36d8d13e4ed

東京医大の女性差別

東京医大が私立大学支援事業の対象校に選定されるように便宜を図る見返りに、文部科学省の前局長である佐野 太容疑者の息子を裏口入学させた問題は、大学入試で女性受験者の点数を一律減点していたという問題に波及した。なんでも2011年から現在まで、女性受験者の点数は一律減点にし、入学生の男女比が男7:女3になるように調整していたらしい。

大学側の言い分は、女性医師は結婚や出産で離職する可能性が高く、系列病院の医師が不足する恐れがあるからだそうだ。いわゆるM字カーブ問題である。女性医師は卒業後11年目で就業率76%となり、その後上がっていくんだそうだ。かといって、医師になりたい女性から、女性だからという理不尽な理由で入試の点数を奪われてしまうというのもやるせない。

今年の入試で一律減点をする度胸のある医学部は無いだろうから、医学部に合格する女性の比率が凄いことになるかもしれないな。

医者は激務だ。そして科によっては、人手不足が顕在化している。政府には、女性が輝けるためのバックアップに励んでほしいものです。
ma_ti04

スウェーデン新法:「明白な合意のない性行為はレイプ」

7月1日からスウェーデンで、明白な合意のない性行為をレイプと見なす新法が施行されたそうだ。

************************************
新法では、性行為に及んでいる当事者らのうち、一方が自由意志で行為に参加していない場合、もう一方の行為はレイプと見なされる。

 これまでレイプは暴力や脅しを伴う性行為と定義されていた。だが政府発表によれば、今後は暴力や脅迫を伴わない性行為や、被害者の弱い立場につけこんだ性行為でなくてもレイプの罪で起訴されることもあり得る。

 新法はレイプ事件を裁く判事らに対し、性行為の際に言葉や身ぶり、その他の行為によって合意の表現が成されたか否かに注視して判決を下すよう求めている。(下線部はたまごどん)
*************************************

スウェーデンの既婚男性は、奥さんと性交基本契約書、性交同意書の締結をするのだろうか。女性を口説こうとする男性は、バーの様子からベッドインまでの録画も必要かもしれない。男性は女性と合意があったと思っていても、翌日には警察が踏み込んできて、合意のない性行為罪で逮捕されるかもしれないのだ。だいたい、「私は貴方に欲情し、今から私のペニスを挿入したいと思っていますが、つきましてはこの合意文書に署名していただけませんでしょうか」と彼氏から言われたら、女性は興醒めしないのだろうか。「合意の表現が成されたか否か」って、赤の他人の判事様はどうやって判断するってーのよ。YES/NO枕の有無でかね。

引用したHPは、こう締められている。

>最新の公式統計によると、スウェーデンでは昨年に報告されたレイプは7000件を超えており、前年比で10%増加している。

たまごどんは、スウェーデンの議員さんは別の法律についてよく検討するべきなんじゃないかと思うんだけどなあ。
img_16600a15716ca919b83b366c865aa3bc175949
Profile

たまごどん

Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ