たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

社会

森友学園問題は、どういう犯罪に該当するんでしょうか

森友学園問題が世を賑わかせている。森友学園の教育は、彼らが忌み嫌っている筈の北朝鮮や韓国が行っている幼児への反日洗脳教育と同じじゃないのと思うのだが、そこには触れないでおこう。

この事件はどういった犯罪なんでしょうか。国有地を森友学園側に安価に払い下げたという贈収賄罪なのか、安倍総理大臣の妻が名誉校長という公人だったということが問題なのか、はたまた日本会議というバックが問題なのか。

ニュースで「金を持ってきたと思ったので『無礼者!』と言ったんだ」と勇ましく語る鴻池祥肇元防災担当大臣の証言は信じられるのか。彼を飛び越えて財務省と森友学園側が直接交渉したということは事実なのか。現在流布している森友学園に関するニュースを整理しても、森友学園事件がどういった犯罪に該当するとされていて、その犯罪が成立できるだけの要件を満たせているのかどうかが、たまごどんにはよく分からない。

ジャーナリストや政治家が裏付け調査を進めて、隠されていた不正が明らかになるならいいけど、アッキード事件と叫ぶしか能のない山本太郎議員にはこれっぽっちも期待できないでしょう。

AS20170303005081_commL

性労働者は安全な職場を求めています

以前にたんぽぽさんのところで性風俗について議論していた時に、たまごどんはSWASHという性風俗に従事する女性の権利保護を訴える団体のことを知り、ブログで紹介したことがある。久しぶりに覗いてみると、かなり更新されていた。たまごどんが興味を持った記事は、セックスワークにおける労働条件・職業満足度調査(ナショナル・アグリー・マグズ(NUM)とリーズ大学の共同研究)だ。

この調査は性産業従事者の実態を把握することにあるが、彼もしくは彼女の希望は安全な職場と、家族や恋人からのスティグマ(烙印)から逃れることにあることが分かった。リンク先から論文(英語)も読めるので、興味にある方は確認してください。犯罪/暴力の回答項目をSWASHさんの記事から引用しておこう。

***************************************
・回答者のほぼ半数(49%)が、犯罪を報告しても警察が真面目に取り上げてくれるかどうかに「確信がない」又は「大いに確信がない」のいずれかを回答した。

・回答者は、自分の安全を高められる方法としては、セックス産業の合法化又は非犯罪化を通じた方法が一番であると考えている。回答者の42%が、これらの政策の変更が安全性を向上させる方法だと提案している。
***************************************
労働者が安全な職場を求める、あったり前のことだよな。次の文章はなかなか手厳しい。

***************************************
これらの調査結果から生じる提言?
 調査結果は、「スウェーデン・モデル」への動きがセックスワーカーの安全にとって害になることを一層示す証拠となっている。我々は、セックスワーカーが団結して合法的に労働できるようにするよう提言したい。セックスワーカー自身が、これを自分たちの安全を高めるための第一の方法だと考えているからである。セックスワークに根を張るスティグマを最小限にし、それによって、偏見と判断がセックスワーカーにもたらす害を減らすためには、社会の振る舞いを変える必要がある。その中心として非犯罪化を伴う政策が提言されるべきである。その目的は、法執行[警察の手入れ]の恐怖をなくすことによって警察との関係を改善し、搾取的な状況へと資源を回すことにある。
***************************************

この中にあるスウェーデンモデルとは、スウェーデンが1999年に制定した売春防止法のことで、女性や男性が売春をすること自体を禁止しないが、男性または女性が、性行為を目的として買うことを禁止しているという世界唯一の法律だ。この法律が狙った効果を出せているかは、ここを読んだ方が各々判断してもらうことにしよう。

もっとも、たまごどんが読んでいる記事がSWASH寄りに偏っている可能性は否定できない。他の主張を掲げている団体が性産業従事者に行った聞き取り調査で、これと違う結果があるときは情報をお願いします。
写真はスウェーデンでお客さんを誘っているワンシーンで、元記事はこれです。
original

トランプ大統領による移民受入れ停止

トランプ大統領が移民の受入れを停止したことで、アメリカが混乱している。

【ニューヨーク=上塚真由】トランプ米大統領がテロ対策として難民・移民の受け入れ停止や凍結などを命じる大統領令に署名したことを受け、28日までに170人以上の難民らが米国への入国を拒否された。ロイター通信が報じた。自国の安全確保を最優先に掲げ、難民・移民に不寛容な政策を断行するトランプ政権の方針に各国首脳からも批判の声があがっている。

トランプ大統領は移民受入れ停止を堅持するようだ。たまごどんが見たところ、トランプ大統領のブレーンが上手く機能していない気がする。国務省の高官が辞任しているという報道もあるのだ。大統領選での公約を実行したいトランプ大統領には、それを実現可能な政策に落とし込むスタッフが決定的に不足している。こりゃまだまだ揉めるぞ。

アメリカが大国である最大の理由は、人種を問わずに優秀な人材が集まってくる点にあるとたまごどんは思っている。特に科学分野がそうだ。古い例だが、アインシュタインフォン・ブラウンエンリコ・フェルミなどの超一流の頭脳がアメリカに渡り、アメリカを勝利に導いてくれた。冷戦時代のサハロフ博士のように自由な研究を求めて、そして富と名誉を求めて、研究者はアメリカを目指したのだ。その結果アメリカの科学水準は他国を圧倒し、アメリカという超大国の力の源泉となっている。そのことを理解できないほどトランプは馬鹿ではないと思うのだが‥。

移民受入れ停止に懸念を表明したグローバル企業は多い。こうした反対の声はトランプの中で想定内なのかどうか。正直、就任早々ここまでハラハラするアメリカ大統領は初めてです。
yu_order1

アメリカ大統領選を再考する

ヒラリー氏の得票数がトランプ氏よりも200万票リードしているという記事を読んだ。現行のアメリカ大統領選挙であればありうる話だ。トランプは大富豪ではあるが、資金調達力はヒラリーの方が上だ。地盤、看板、カバンに負けると判断した州、具体的にはニューヨーク州とカリフォルニア州になるが、こうした州をトランプは捨てた。そして全精力を接戦州(スウィング・ステート)につぎ込んだのだ、大統領選挙で勝つために。

トランプの選対本部長は三回変わっている。最初はコーリー・ルワンドウスキー2番目はポール・マナフォートだ。2回もの選対本部長の交替劇は、大統領選の事実上の終焉となるはずだった。
3番目の選対本部長であるケリー・アンコンウェイが、トランプを大統領の椅子に座らせた立役者になる。

>ケリー・アンコンウェイ氏(勝利演説後にトランプが指差している女性)は、共和党の女性支持者を増やした実績のある世論調査専門家。今年8月に、トランプ氏の3人目の選対本部長に就任しました。

彼女の選挙戦は見事だった。自陣にはまだ劣勢と煽って奮起を促し、各州の支持層を分析した。ヒラリーのメール問題という追い風が吹いたにせよ、ほぼ互角で終盤戦を迎えることができた。彼女が選んだ最終演説の地はミシガン州だった。ノースカロライナ州が劣勢と分かったアンコンウェイ氏は、急遽ミシガン州を獲りにいったのだ。その賭けは、ミシガン州もノースカロライナ州もトランプの勝利という、陣営にとって最高の結果となって花開いた。

投票数で全てが決まるなら、鳥取県知事(有権者数57万人)よりも世田谷区長(有権者数70万人)の方が民意を反映していることになる。アメリカは歴史的な背景から代理人選挙を選択し、今日までこの方式を実行しているのだ。そのルールはヒラリーだって熟知している。票の不正操作が行われていたなら別だが、トランプは民主的なルールに則って大統領の座を射止めたということを忘れてはいけない。

たまごどんは、今回のトランプ陣営の選挙戦略を、2007年7月29日の参議院選挙における民主党の戦略(正しくは小沢の戦略)と同じように評価する。トランプはここからが正念場だ。民主党のような瓦解の道に進んでいくのか、それとも‥

偉大なアメリカを取り戻すために彼がどんな手を打つか、たまごどんは期待と不安を抱きつつ見守ることにしよう。

<追記>
「偉大なアメリカを取り戻す(Make America Great Again)」は大統領選挙におけるトランプのスローガンです。

ケリー
無題


オウム事件での死刑執行の条件を考察する

世紀末の日本で起きた事件と言えば、オウム真理教による殺人事件だろう。松本サリン事件、地下鉄サリン事件に代表されるテロ事件を頂点とした一連のオウム事件は、日本犯罪史で特筆されていくんだろうな。

オウム関連の犯罪で、裁判が結審していない人は平田、菊池、高橋が最後になるんだろうか。彼らの刑が確定すれば、麻原死刑囚の刑執行を止める表向きの理由はなくなると思う。彼の精神鑑定も責任能力アリだったと記憶している。アーチャリーの手記では、麻原は責任能力を問える状態ではないと書かれていたが。
同一事件の死刑執行は同時に行うという原則がある。とすると、麻原の死刑では、元オウム信者の死刑囚13人が同時に執行されるということになるんかな。執行日は刑務官もキツい一日になるので、彼には一週間以上の休みを与えてほしい。

オウム事件の死刑囚は人を殺した加害者であるけれども、麻原に騙された被害者でもある。それでも法に照らせば、彼らに下された死刑判決は正しい。死刑執行のタイミングは、平田・菊池・高橋の三被告の刑の確定と、土屋・遠藤・中川の上告棄却となってからということになりそうだ。

***********************************************************
オウム真理教の死刑囚の一覧は以下の通りです。

岡崎一明死刑囚 (坂本弁護士一家殺害事件)
松本智津夫死刑囚 (坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン、地下鉄サリン事件)
横山真人死刑囚 (地下鉄サリン事件)
端本悟死刑囚 (坂本弁護士一家殺害事件、地下鉄サリン事件)
林泰男死刑囚 (松本サリン事件(殺人幇助)、地下鉄サリン事件)
早川紀代秀死刑囚 (坂本弁護士一家殺害事件)
豊田亨死刑囚 (地下鉄サリン事件実行役)
広瀬健一死刑囚 (地下鉄サリン事件実行役)
井上嘉浩死刑囚 (地下鉄サリン事件)
新実智光死刑囚 (松本サリン、地下鉄サリン事件)

加えて、土谷正実、遠藤誠一、中川智正は控訴審までに死刑判決が下されましたが、上告中です。
***********************************************************
m_E38197E38191E38184E38197E38285E38186


WHOが不妊者の定義を変えるようだが‥

今日見つけたこの記事、最初は意味がよく分からなかった。

>世界保健機関(WHO)は、独り身の人を障害者と同一視する。新しいスタンダードによれば、性的なパートナーを見つける能力のない人は、子供を作れない人、不妊者とみなされる。新聞The Telegraphが伝えた。

The Telegraphの記事を探して読むと、最初の日本語の"障害者扱い"が誤訳で、不妊者(infertile)が正しいようである。障害者はdisable とかhandicapped personとかだろうしな。

性的パートナーがいない人を不妊者と定義する狙いは、顕微授精などの不妊治療を独身者にも開放しようということらしい。ふーむ、狙いとしては分からなくはないが、社会的なインパクトも大きい気がする。てか、性的パートナーが出来た瞬間に、不妊者が健常者に変わるってことなんだよな。不妊治療を受けている夫婦から見て、彼らはどう映るんだろうか。

東京都知事選を予想する

 東京都知事選の予想をたまごどんがしてみておこう。新東京都知事は小池百合子氏、次点は増田寛也氏で、鳥越俊太郎氏はかなりの差を付けられる惨敗となる。予想得票率は小池氏38-43%、増田氏28-35%、鳥越氏20-25%だ。

鳥越氏はもともとイメージだけの男という印象があったけど、第一声のピンボケ発言で「あれれ?」となり、女性スキャンダルによって女性有権者からもソッポを向かれた。選挙後半は宇都宮賢児氏の応援も呼べず、政策論争も出来ず、打つ手なしで選挙戦を終えた。負けを悟った民進党の岡田代表は辞意を表明している。記事が面白いので引用しておこう。

**************************************
都知事選をめぐっては、元々民進党都連が元経済産業省官僚の古賀茂明氏(60)の擁立を決めていたが、岡田氏が主導する形で党本部が鳥越氏の擁立を進め、事実上都連の意向を「ひっくり返す」形になっていた。その揚げ句の「負け戦」となれば岡田氏の責任が問われるのは確実で、記者からは

  「責任を取らない形で、今(不出馬を)表明したのではないかと勘繰ってしまう」

との指摘も出たが、岡田氏は

  「それをゲスの勘繰りって言うんじゃないですか」

と反発。
**************************************

もしも4党が古賀氏もしくは宇都宮氏で戦っていたら状況は変わっていただろうけど、歴史にイフは無い。鳥越氏の支持層が誰に投票するかと言うと、増田氏だろう。鳥越氏の望みが消えた次のモチベーションは、「小池百合子だけは都知事にさせない」になっている筈だ。この得票が読み切れないので増田氏の得票率予想の範囲が大きくなっている。ただ、小池氏と増田氏の逆転には至っていないというのがたまごどんの見解だ。

小池氏のネガキャンはあるけど、大きなうねりには至っていない。酷いものでは小池氏をナチス的と称するネガキャンもあったが、何をもってナチスとするのかは今一つ明確ではない。

小池氏は都議会解散を明言していて、この点を評価する有権者も多いようだ。都議会のドンである内田茂も戦々恐々としていることだろう。繰り返しになるが、新東京都知事は小池百合子です。

20160707-00010000-bfj-000-2-view

サンシャイン牧場とポケモンGO

「mixi」などのソーシャルネットワーキングサービス上で展開されているゲーム「サンシャイン牧場」が、2016年8月26日正午をもって終了すると、運営元のRekooが発表した。さもありなんと思う。会員同士の相互協力がウリだったこのゲームも、課金イベントの乱発がユーザーに飽きられてしまっていた。ゲームをしなくなったマイミクは数知れず。運営元もやる気をなくし、ここ1年ぐらいは放置プレイが続いていたと思う。

たまごどんは牧場の開墾を全て終え、天空牧場に2マス分の開墾地を設けた状態である。糞ゲーだけど、糞ゲーを続けること自体は不思議と苦にならないのだ。会社に行く前に虫を取ったり水やりをしたりして、寝る前に収穫するということを延々としていた。たま子も手伝ってくれて、親子のコミュニケーションツールが無くなることがたまごどんにとっては一番の打撃かな。課金は一度もしたことが無い。

サン牧はミクシィ参加者を増やすことに貢献し、サン牧に勢いが無くなると同時にミクシィも下火になった。たまごどんの友達の多くはミクシィではなくFacebookで日常報告している。

今はポケモンGoをやっているたまごどんだが、レベル4のヨチヨチさんだ。モンスターを探してはみるものの、スマホのGPS検出に時間がかかるので、メンドくさくなっている。とりあえずはレベル5にならないとダメみたいなので、気長に続けていくつもりだ。

やくみつるがポケモンGOを批判している。正直いって、「人は人、自分は自分」でいいんじゃないだろうか。たまごどんには、スマホ片手にポケモンをゲットすることと、やくの趣味であるトイレットペーパー収集とで、優劣を付けろと言われてもとても判断できない。家族からの評価では、かさばるトイレットペーパー収集の方が不評な気がするけどな。

sample
102
Coc9aeHVIAAVnPY



19人刺殺事件を考える

神奈川県相模原市の障害者施設で、26歳の元職員の男が障害者19人を殺害した。その動機の解明はこれからだろうが、ナチスドイツと同じ優性思想が彼にあったことは間違いないようだ。

かなり昔のことになるが、たまごどんの母親が障害者施設で働いていて、時々は手伝いも頼まれたりしていたので、たまごどんも障害者の補助や介護が大変なことは人より理解しているつもりだ。CPのような重篤な障害者になると意思の疎通すら難しく、リハビリ病棟のような回復劇もない。障害を持つ子の親になるということは、口で言うほど簡単なことではないのだ。たまごどん夫婦は妊娠中に出生前診断を受けている。幸いにも胎児に問題は見つからず、たま子は健常者として生まれ成長しているが、もし診断で胎児に異常が見つかったらたまごどんはどう行動しただろう。これは今でも結論が出ていない。

優性思想の怖いところはその歯止めが利かなくなることだ。障害の重度に応じて命を奪ってもよいとする思想は、容易に高齢者や半身不随者にも行きついてしまう。アーリア人だけが生存を許される世界に、たまごどんは住みたくない。

記事によると、元職員の男は人権意識にも職業倫理感にも乏しかったようだし、障害者を下に見る傲慢さもあった。そうした人間がいることに不思議はないが、職を辞めた後で障害者を安楽死させるための殺人を犯すというのはやはり尋常ではない。彼は自分の犯罪行為で死刑になることを理解していて、このメンタリティは狂信者のものだ。彼にとっては、障害者の命を奪うこと自体が救済行動だったのだろう。これはオウム真理教のポアと同じだ。

「魂の救済」を成し遂げた植松聖は笑みを浮かべながら、刑場へと続く手続きのために護送されていった。
b738acd2

ドイツで頻発するテロ

ドイツで銃声と爆弾が乱れ飛んでいる。ドイツ南部アンスバッハで、野外コンサートを狙った自爆テロが24日に起き、1人が死亡、15人が負傷した。容疑者は27歳のシリア人の男性で、難民申請を拒否されたことで自殺未遂も起こしていたそうだ。

ドイツでは他にも、18日にビリュツブルクでのアフガニスタン人少年の犯罪(4人が重軽傷)、22日にドイツとイランの二重国籍の男が起こしたミュンヘンでの銃乱射(9人が死亡、27人が負傷、犯人は自殺)。僅か1週間でテロが溢れている。

テロだけが問題ではない。移民によるドイツの犯罪率も上昇しているという。1年前に受け入れた100万人を超える移民により、2016年の第一四半期に69000件の犯罪が増加したという。記事には、移民の犯罪は1月から3月の間に18%以上減少したというから、少しくらいは改善しているのだろうか。でもこの数字も、ドイツ経済がおかしくなったらすぐに爆発するような気がするけどね。

一般のドイツ人の反応はこことかここにあった。移民受入れ政策は失敗だったというのが大方の反応で、これは当然だと思う。移民を受け入れるというのは彼らとともに社会を作るってことだし、それには「同じ国民」という意識が無いと厳しい面があるのだ。ミュンヘンの銃乱射の犯人は、「俺はドイツ人だ!」と叫んだという。ドイツ国籍を取得した外国人移民が、直ちにドイツ人になる訳ではない。就職・結婚・昇進などで移民とドイツ民との差別待遇に直面すると、移民は社会に絶望する。そして彼らは、たやすくISIS団の勧誘に乗っかってしまう。

正直、たまごどんにはドイツが移民にどう対処するべきかの良い知恵が無い。何の前触れもなく、社会への不満を隠していた移民がショッピングモールで銃を乱射する状況下で、どんな政策が効果的なんだろう。

8


Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ