たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

スポーツ

平昌オリンピックが終わりました

女子カーリングの銅メダル、女子パシュートでの金メダルを喜んだたまごどんですが、平昌オリンピックも閉幕しました。視聴時間が最も長かったのはカーリングで、これは長野五輪からずーとそうだ。今回全く見ていないのがタイム系のスキー競技なんだけど、TVでやっていたのかね?ボブスレーやスケルトンは?ジャマイカチームへのソリ提供の話題しかたまごどんの耳には入ってこなかったけど。

カーリング娘が全国区の人気になってくれて嬉しいし、小平と李相花とのハグはよかったと思う。でも今回のオリンピックの主役は北朝鮮だった。
1519014160385
1519224853025
1518350259244


宇野昌磨選手の背景には何があるんだろう?

今日は平昌オリンピックの男子フィギュアスケートで、羽生結弦くんが金メダルを獲得してオリンピック連覇を成し遂げた。その演技は細かいミスこそあったものの、数多いライバルの誰にも手の届かない内容で、誰もが納得する金メダリストだったと思う。たまごどんは奥さんとTVで観戦し、羽生くんの金メダルを確信していた。

銀メダルは宇野昌磨選手だ。たまごどん夫婦は最終滑走の宇野くんの演技を見ながら、「これではメダルは無理かなあ」と嘆息していた。羽生くんの演技とは比べようもなく、スペインのフェルナンデス選手や中国の金博洋選手に比べてもかなり見劣っていたからだ。ジャンプは軸がブレていて、回転も果たして足りているのかどうか。ステップでもフェルナンデスの方が遥かに滑らかだった。譬えになっているかどうか分からないが、羽生くんをハーフパイプのショーン・ホワイトとすると、宇野くんは成田童夢くんなんだよね。回転がカクカクして高さもない。いいところ、5位くらいかなあ。

と思いながら見ていたら、まさかまさかの銀メダルですよ。なにそれ?どゆこと?あの演技で300点を超えるっていわれては、羽生くんの神演技に対して失礼だと思うけどな。表彰式の間、羽生くんとフェルナンデスは仲睦まじく談笑していた。彼らはブライアン・オーサーをコーチにしている同門ということで仲が良いのだろうと思うけど、本当は宇野くんと話したくなかった?

大人の事情によってフィギュアの点数が変わることについて、たまごどんはキム・ヨナから学んだ。宇野昌磨選手にはどんなバックがあるんだろう。

たまごどんはフィギュアを熱心に見てるファンではなく、今回のオリンピックで宇野くんの演技を初めてまともに見た素人だ。でも、彼が銀メダルっていわれても、困ってしまうよ。

AS20180216003120_comm

モルゲッソヨが立つ!

平昌オリンピックが開幕した。開幕式では崩落が起こらないかハラハラしていたが、無事に乗り切ったようだ。たとえ観客が少なくガラガラだったとしても、事故よりはいい。それに式帰りの混雑も少しは緩和されたんじゃないかなあ。
1518191069741













開会式で出てきた怪鳥もなかなかのインパクトだったが、今最も注目されているものは、プレスセンター前にあるオブジェ モルゲッソヨだ。
全身銀色で、頭部をすっぽりと隠すヘルメットを被り、直立した状態で3体並んだ筋肉質な男性の像。膝から下は無く、台座からにょきっとそびえている。なんだこのオブジェは?ボランティアに来た韓国人の誰に質問しても、返ってくるのは「知りません(モルゲッソヨ)」という答えだけだ。このオブジェはモルゲッソヨ(像)と呼ばれることになり、日本のAA職人、加工職人が腕を競う題材となっている。
1518074721616

















遠目でみると男性器、近くで見ても男性器。世界中の記者が待ち合わせ場所にモルゲッソヨを指定しているという。よかったなあ、韓国が誇る独創的なオブジェだ。世界に向けて胸を張って堂々とモルゲッソヨの起源を主張すればいい。

動くモルゲッソヨと、タートルネックボーイの上野クリニックCMをおまけに付けておきます。

平昌オリンピックまであと4日

平昌オリンピックって本当にやるんかなと思わせるようなドタバタが続いている。開会式における低体温症の心配、雪不足はどうやら解消したと思ったら、今度は会場が倒壊する恐れがあるってよ。スノボとフリースタイルスキーの競技場となるハーフパイプ会場は今も建設中だ。2000人のボランティアが、あまりの待遇の悪さに逃げ出したそうだ。ノロと思われる集団食中毒も発生している。リハーサルでのセキュリティチェックもグダグダだったようだし、トイレ不足も深刻らしい。

オリンピックのドタバタ以上にヤバイのが、朝鮮半島を舞台とした米朝戦争の危機だ。もしも北朝鮮がオリンピック前日の2/8に軍事パレードを強行したなら、アメリカは黙殺しないだろうと鈴置さんは分析している。アメリカは完全に戦闘モードに入っていると考えられる。米朝戦争は、起きるか起きないかを論じる段階ではなく、いつ起きるのかを論じる段階なのだ。

韓国は北朝鮮に対して度を越した配慮をしているが、日本に対しては、朝鮮合同チームが掲げる朝鮮旗に竹島が描いて嫌がらせしたりと、草の根活動に忙しい。トチ狂っているなあ。まあいいけど。

しかし、オウム事件のクライマックスといえる「地下鉄にサリンを撒いてから2週間」の予感もある。数多くの出来事が時々刻々と起きていたあの高揚感だ。当時は、麻原が「私は潔白だ」と歌い、上祐が吠え、井上が整形逃亡し、信者の子供が警察を見て泣き叫び、清水四姉妹が弔いの舞を踊り、横山弁護士がタバコを吸えないと訴えた。平昌オリンピックまであと4日間。全てをこの目で確かめなくては、死にきれないってものですよ。
151780475478815115919546971517800783293

東京オリンピックのマスコット候補

東京オリンピックのマスコット候補がお披露目になった。3つの候補がこちら。
bdd73_1110_20171207-104958-1-0000












ウは、妖怪ウォッチに出てくるジバニャンとPontaカードのポン太にしか見えないので、実質アかイの一騎打ちだと思う。てか、これが最終候補?とガッカリする気もあるんだけどなあ。海外オタクからの認知度も高い初音ミクをオリンピックマスコットに昇格するの方が良いんじゃね。日本独自の進化を遂げた地方のゆるキャラでも、これらの候補よりは全然いい。オリンピックマスコットをくまモン、パラリンピックマスコットをひこニャンとかね。

まあどれでも、落書きが動いていたバルセロナオリンピックマスコットのコビーよりかは100倍マシだけどね。コビーに笑ったたまごどんが、数年後に長野オリンピックのマスコット「スノーレッツ」のあまりのあんまりさに唖然としたという話は、どこかで書いた気がする。
1972cobi460mig

サロンパスの広告ならここしかない!

グラチャンバレーを見た人は、サロンパスの広告の位置に感動したに違いない。

久光製薬での社内会議でこの案を発言した奴、あんたは凄いよ!!オイラは尊敬するよ!

FdsXI


カーチ・キライ監督の思い出

女子バレーボールのグラチャンで、日本vsアメリカ戦を見ていた。日本の監督は天才少女中田久美、そしてアメリカ監督はミスターバレーボールのカーチ・キライだった。

カーチ・キライと聞いても誰それ?という若い方も多いと思う。たまごどんは中学と高校時代にバレーボール部だったので、カーチ・キライはよく知っているのだ。彼はアメリカ男子バレーボールの黄金期(ロス五輪とソウル五輪で金メダル)を築いた男で、恐ろしくレシーブが上手かった。彼がレシーブをして、そのままスパイクする。身長は191cmと世界基準では高くないがジャンプ力があり、ブロックアウトを狙うスパイクがクレーバーだった。当時のアメリカチームは、キャプテンとしてチームを鼓舞するカーチ・キライと、熱血漢で気合重視のスティーブ・ティモンズという二枚看板だった。後にたまごどんはストリートファイターのガイルを知り、スティーブ・ティモンズに思いを馳せることになるのだが、それはまた別の話だ。
img_211252462_1168010646547978_270846862_nref_upload





















































余談だが、この時のアメリカチームの特集になると、そのイケメンぶりからカーチ・キライとスティーブ・ティモンズが特集されることが多かった。たまごどんの贔屓選手は、スキンヘッドがトレードマークのサミュエルソンだった。この頃はパワーのあるピンチサーバーとして使われていて、彼がアメリカ代表の顔となるのはもう少し後のことだ。たまごどんがサミュエルソンを贔屓にした理由?やっぱりいい男ってムカつくよね。
01m002
























話がそれた。その後カーチ・キライはビーチバレーに転向する。後に日本でも川合俊一朝日健太郎がビーチバレーに転向するのだが、当時は都落ちという感覚だったように思う。おいおい、カーチ・キライともあろうお方が砂場で何やってんのよ。しかし彼はビーチバレーでもアトランタ五輪の代表選手となり、見事金メダルを獲得した。流石はミスターバレーボール!

彼はアメリカ女子バレーボール代表の監督としてコートに戻ってきた。くそっ、やっぱりいい男だな。
image38-300x225-300x225


浅田真央さんの引退会見

今日家に帰ってきたら、奥さんがミヤネ屋を録画してくれていた。有難く浅田真央ちゃんの引退会見を見せてもらった。

真央ちゃんと呼んでいた彼女ももう26歳、たまごどんもよく考えると真央ちゃんのことをブログによく取り上げていた。年齢制限のためにトリノ五輪代表になれなかったことや、バンク―バー五輪での判定についてソチ五輪代表選考を兼ねた全日本フィギュア選手権のこと、そしてソチ五輪でのフリーで魅せた神演技についても書いていた。探せばもう少しあるかもしれないな。

たまごどんはフィギュアの採点が特にキム・ヨナでおかしくなることを理解したので、真のチャンピオンは浅田真央だったと思えるようになった。なので金メダルを獲れなかったからといって、彼女を責める気になれない。彼女にこそ、国民栄誉賞がふさわしいのではないだろうか。これほどに国民を沸かせた選手は、スポーツ界広しといえどもそうは居ないよ。

引退会見の堂々とした語り口にたまごどんは感心した。日の丸を背負ったエースの風格というか品格が漂っている。それなのに素敵な笑顔で、全ての質問に対し誠実に答えてくれるのだ。この会見を見ただけでも、彼女のファンになる人がいるかもしれません。本当に素敵な女性です。
2089046_201704120336752001491965912c

稀勢の里にアッパレ!

左腕が全く使えない状態の稀勢の里が、照ノ富士に本割で勝ち、決定戦でも同じく照ノ富士を小手投げで勝利した。正直たまごどんは、追加の怪我をしないようにと思っていたので、この結果には驚いてしまった。照ノ富士の足の怪我も酷い状態だったんじゃないのかなあ。とすれば、琴奨菊戦で照ノ富士が見せた変化を責めるのも酷なことだと思う。

本割での照ノ富士の負けで、流れが変わったかなあ。照ノ富士が十分の体勢になったのだが、照ノ富士の足がついていけずに稀勢の里に逆転負けした。おそらく照ノ富士も足の痛みが再発したのではないだろうか。でなければ、持久戦でじっくり組み合って、間違いなく勝ちにいけたと思うのだ。本割と決定戦で頑張った稀勢の里にケチをつける訳ではないが。

新横綱の優勝は22年ぶりになるそうだ。おめでとう稀勢の里!明日からは怪我の治療に専念してな。
C71PSZQVsAATeGG


さようなら、ミホノブルボン

ミホノブルボンが老衰のため亡くなった。享年28歳。生涯成績8戦7勝、うちG3勝、G2勝の名馬である。

たまごどんが競馬を齧った時期に活躍した馬であり、戸山調教師と共に記憶している。戸山調教師が病床で書いた鍛えて最強馬をつくるは、当時のたまごどんの本棚にあった。生まれた当初のミホノブルボンの評価は低く、そのセリ値はわずか700万だったそうだ。

戸山調教師は栗東トレーニングセンターの坂路でミホノブルボンを徹底的に鍛え上げる。血統的にはスプリンターだったミホノブルボンだが、「スタミナ面の不安はハードトレーニングによって克服可能である」という戸山さんの信念だ。ウッドチップがクッションとなるために脚部への負担が軽減され、筋肉をいじめることが出来る。レースの時のミホノブルボンは、筋肉の鎧を身に着けていた。

ミホノブルボンは逃げ馬とされているが、その圧倒的スピードに他馬がついてこれないというのが正しい表現だった。生涯唯一の敗戦は、菊花賞でライスシャワーに負けた2着である。ミホノブルボンは幻の三冠馬となった。戸山さんは、菊花賞の敗戦はキョウエイボーガンの逃げを許した小島騎手の騎乗ミスだと断じていたが、これはよく分からないし、勝負事でタラレバはご法度だろうな。

引退後は種牡馬となったが、重賞勝ち馬には恵まれなかった。トレーニングの大事さを競馬関係者に改めて認識させたのが、ミホノブルボンの最大の功績になるのかもしれない。もちろん彼はそんなことと無関係に悠々自適に暮らし、28歳の大往生を遂げた。競馬ファンに愛された名馬に合掌。
・゚・ロ・ホ・ヨ・・ワ・・jpg
Profile

たまごどん

Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ