たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

テレビ

加藤一二三という男、ありけり

今、NHKで放映されている加藤一二三という男、ありけりを見ている。やっぱり面白い先生だなあ。ひふみんがクリスチャンになったのが昭和46年ということは今回はじめて知った。

ひふみんの引退については、ここここで書いています。

2017062900015_1



「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」を見た

NHKスペシャル 天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探るを見た。羽生さんがリポーターとなり、人工知能の関係者に話を聞くという構成だ。羽生さんの凄さを紹介するシーンもよかったのだ。「この局面では5四歩としたいです。」と結論付けた羽生さんの視点は、アマチュアのそれと明らかに異なっている。羽生さんは言う。将棋の強さは読まないことにあるのだと。
1463314631631
1463314643854





















AlphaGoを開発したデミス・ハサビスの経歴も凄い。
1976年ロンドン生まれ
4歳でチェスをはじめる13歳でFIDEマスターに (14歳以下で史上2番目のレーティング。日本人では羽生善治に与えられた称号)
「コンピューターは脳と同じことをできるか?」という疑問を抱き、チェスから人工知能研究に転向
17歳で「Theme Park」というシミュレーションゲームを開発

1997年 2年飛び級でケンブリッジ大学を卒業
1998年 ゲーム会社を設立して成功する
2005年 ケンブリッジ大学博士課程で脳神経科学の研究を開始(「人工知能の研究には、まず人間の脳を研究すべき」と考え)
2007年 発表した論文が科学誌サイエンスのBreakthrough of the Yearに選ばれる
2009年 ロンドン大学で認知神経科学の博士号を取得
2011年 人工知能を研究・開発するベンチャー企業DeepMind Technologiesを創設
2014年 Googleが500億円以上で買収する


羽生さんとハサビス氏はチェスを通して会話をし、英語で意思疎通を行った。なお、番組では羽生さんは英語を巧みに操っていて、これは番組の演出ではない。将棋のタイトル戦では海外対局が組まれることがあり、そのときのインタビューの経験から「英語が出来た方がいいな」と羽生さんは感じて、自己研鑽を積まれたそうだ。

番組はディープラーニングの簡単な説明と、アルファGoとイ・セドルとの対局がメインで構成されていた。人間唯一の勝局となった4局目で、イ・セドルの勝因となった割り込みはアルファGoの思考を狂わせたが、それをバグという言葉で片づけてしまうのはもったいないと思う。ディープラーンニングはいずれ人間社会に大きく影響していくだろう。それはそれで楽しみにしているが、たまごどんはもう一つの楽しみがある。

羽生さんは、いずれ人間代表として人工知能と戦う覚悟を決めていると思う。そのために人工知能の癖を研究しているのだろう。強い敵と戦いたい、それは棋士の本能だ。電脳戦での第一局ではポナンサが山崎叡王を圧倒したが、仮に山崎さんが第2局もポナンサに敗れたとしても、たまごどんは羽生さんなら勝ってくれるのではと期待している。

清水ミチコの神演技

いろいろな記事で触れられていたが、真田丸で旭姫として登場した清水ミチコが神演技だったんだな。

静止画にすると怖くなってしまった。Σ( ̄ロ ̄|||)

1462321848212



中村ゆうじさん、お疲れさまでした

TVチャンピオンのMCで、大食いシリーズの実況を長年務めていた中村ゆうじさんが、次の爆食女王を最後に勇退されるそうだ。引用した記事からは、彼がTVチャンピオンのMCも勇退することになるのかは分からない。TVチャンピオンを放送していない富山に住むたまごどんにとって、中村ゆうじさんをTVで観る機会は大食いシリーズの放送だけであった。

大食い&早食いは、もともとTVチャンピオンの人気企画だった。たまごどんは比較的早い段階から見ていたと思う。女性に限って言うと、赤坂さんという伝説のフードファイターに驚愕したり、ギャル曽根という全国区のスター誕生を見守ってきた。ギャル曽根は中村ゆうじさんが名付け親であり、後から考えてもこれ以上ない抜群のネーミングだったと思う。

中村ゆうじさん、お疲れ様でした!
photo_02

たくみお姉さん、お疲れさまでした

おかあさんといっしょで歌のお姉さんをしていた三谷たくみお姉さんが、4月で交代となる。たくみお姉さんは、たま子の成長の節目を、その歌声で刻んでくれた。「妖怪しりとり」や「数字のうた」から、たま子は歌い始めたんだよなあ。

たくみお姉さんは、8年間歌のお姉さんを務めたという。3月31日の放送回が最後になるそうだ。この間はスキャンダルもご法度だったようだし、自分の人生を謳歌してほしいです。春からはいつもニコニコのたくみお姉さんの笑顔が見えなくなると思うと、寂しいですなあ。

aaBDBtb



館長兼マンチョウのチン子さん

録画した月曜から夜更かしを見ていたら、群馬にある珍宝館が紹介されていた。たまごどんは昔ここに行ったことがあるのだ。その昔、20代のたまごどんはすばるピョンと友人たちとで、何か面白いものがあるなと立ち寄った。暇を持て余した男衆が暇つぶしにはちょうどいいと立ち寄った珍宝館は、実はとんでもない処だった。

それもこれも、館長兼マンチョウのチン子さんの客いじりの見事さのせいだ。1分に1回以上の下ネタの荒らし、性に関する展示物もなかなかの迫力だったが、やっぱり一番ゼニが取れる展示はチン子館長のマシンガントークなのだ。たまごどんの昔の写真を漁れば、この時の写真もある筈だ。べべ観音を拝む友人を撮ってどうすると、当時のたまごどんに小一時間説教したいですね。

たまごどんの心配は、チン子館長の後継者育成だ。みうらじゅん風に言えば、チン子館長は人間ボク宝なんだからな。久しぶりにチン子さんの顔を拝見しました。お元気そうで何よりです。

1454339934477

ジタバタンとタベタンの軍拡戦争

日曜日の夜にNHKで放送するサイエンスZEROは、たまごどんのお気に入りの番組だ。本日見たのは、録り溜めしていた6名の若手研究者のプレゼン大会だ。名古屋大学の鈴木麗璽准教授が、生命進化のシミュレーションをしていた。

捕食生物タベタン、被捕食生物ジタバタンが1700世代後にどうなっているのかをシミュレーションするというものだ。個体間に差がある、個体差が生存率の違いを生じる、そして個体差は遺伝する。ダーウィンが喝破した進化のレシピをプログラムに入れさえすれば、仮想世界での神の視点を持てるのだ。うーむ、こんな面白いことが仕事っていうのはいいなあ。でも一番良かった点は、仮想生物のネーミングセンスではないでしょうか。

ドーキンスが作った仮想生物のバイオモルフでもたまごどんは心をトキかせたけど、現在のシミュレーション技術は凄く進化しているなあ。今日のタイトルは、ドーキンスの名著「延長された表現型」の軍拡戦争から拝借しました。

a9e67647e2066fb46b02c90bf34046c0





辺見マリの洗脳告白は素晴らしい!

今日、録画していた「しくじり先生」を見た。元木のラーメン屋失敗談の次に登場したのが辺見マリだ。彼女に関するたまごどんの知識は、ヘビを巻き付けたヘアヌードの人だよなくらいの知識だったけど。

彼女の口から、拝み屋との出会いに始まる洗脳の手口が語られていく。バラエティにはキツい題材だったように思うけど、全ての日本国民が知っておくべき内容でもある。洗脳手法の解説として、マインドコントロールとは何かの作者である西田公昭先生が登場する。この本はたまごどんも読んだことがあり、良書として推薦しておこう。

番組の最後で西田先生が推測しているように、拝み屋K、新拝み屋A、マネージャーを含め、全てグルだった気がしてならない。しかも相当に年期が入ったチームなんだろう。拝み屋Kが辺見さんの相談相手になり、彼女が最も大事にしている家族を足掛かりにして、集金マシーンに仕立てていく。拝み屋Kを蒸発という形で舞台から降ろし、いよいよ本命のAが動き出すのだ。彼らの手口は巧妙で、実によく計算されている。

辺見さんが奪われた財産は5億円。ここには人間関係を金に換えさせた分、娘の収入に手を付けた分も含まれている。最後にAは洗脳が解けることも厭わずに、ウソの自叙伝やヘアヌード、ダイエット教室で彼女に稼がせ、骨の髄までしゃぶり尽くした。これはレアケースであり、大金を稼ぐ目途の無い信者は教祖に貢ぐ働き蜂となるのが普通だ。たまごどんが学生の時には、住んでいたアパートに、統一教会信者の珍味売りが訪問したこともある。彼らは財産が無く、自分の肉体を酷使して金を稼ぐしかないのだ。

以前にもブログに書いたことだが、娘にしてほしくないのは犯罪と破壊カルトへの入信だ。辺見マリさんは辛い自分の体験を公にすることで、破壊カルトに警告を発してくれた。彼女は家族の幸せを思って行動し、その行動が彼女の家族を苦しめる結果になった。この番組を見た子供たちは、マインドコントロールの恐ろしさを知ってくれたんじゃないでしょうか。であれば、辺見さんの勇気も報われたということだろう。

WS0000781

ヒロシ復活の狼煙

しくじり先生に登場したヒロシに、笑いの神様が降りて来た。とにかく容赦ない笑いだった。関根勤に「あなた、今までにTVでいくら稼いだんですか!」と詰め寄り、「一発屋は自分だけでなく、両親と子供までも絶望に叩き落とします。つまり、三世代揃ってゾンビになります!」のくだりは、久しぶりに腹を抱えて笑いました。

ヒロシがようやく前向きになり、これからの人生を歩こうと決意表明してから、彼の持ちネタを披露する。「ここでいろんなことを語ったけど、どうせ一発屋として死んでいくとです。」

いやぁ〜〜、ヒロシってこんなに面白かったのか。たまごどんはスター誕生の瞬間を目撃したのかもしれないな。
Untitled22

池上彰氏の韓国番組騒動

6月5日に放送されたフジテレビの金曜プレミアム「池上彰緊急スペシャル!」。この日のテーマは「知ってるようで知らない韓国のナゾ」で、たまごどんは本日youtubeで見た。実は番組で韓国の女子高校生にインタビューするシーンがあり、その字幕が全く合っていないということで問題になっているのだ。

韓国の女子高生は日本についてインタビューされ、「文化がとても多いですね。そして外国人が本当にたくさん訪れてくれるようです」と答えたらしい。しかし字幕は「嫌いです。だって韓国を苦しめたじゃないですか」だったという。この映像の事実関係(インタビューと字幕が合っていないこと)は間違いないようだ。フジテレビは編集ミスと主張しているから、この前後の会話でそういった言葉があったのかもしれないけれど、これは想像にすぎない。

たまごどんが知りたいのは事実だ。今回の池上氏の解説は事実を淡々と語るというもので、いわゆるネトウヨとされている主張にも、韓国の主張のみを垂れ流す立場にも与していない構成だった。正直言うと、全然深堀できていないなという印象が拭えないけど、韓国の事実を知る入門番組としては機能したと思う。

引用したHPでは「韓国は棚からぼた餅式にできた国だ」がデマと書かれているけど、何がデマなんだろう?韓国の国の在り方については、番組でも比較的時間をかけて丁寧に解説していた箇所だと思ったけどな。

どうしても韓国が正しいと思いたい方は、この番組のワンシーン(5秒くらい)の字幕に噛みつき、「だから池上氏の韓国番組は捏造だ!」と騒いでいる。HPから引用しよう。

=======================================
つまり、フジテレビのこの「報道番組」はこの韓国人女子高生の言葉を翻訳したのではなく、悪意を持って捏造したと断ずる以外にこの現象を説明することはできません。韓国人の発言を捏造して「反日」に仕立て上げて放映し、日本人の嫌韓感情を煽った以上これはれっきとしたヘイトスピーチです。

報道番組を名乗りながらデマをまき散らし、ヘイトスピーチを行ったフジテレビと池上彰はこの件について明確な釈明を行う義務があります。
=======================================

たまごどんは「(日本を)嫌いです。だって韓国を苦しめたじゃないですか」と発言する高校生が韓国ではすぐに見つかるだろうと考える。なのでこのワンシーンをフジテレビが捏造する意味が無く、おそらくは単純な編集ミスだったんだろうと思う。にしてもだ、池上氏が中道・中立を意識して構成しただろう本番組に対して、韓国マンセーな方々は「ヘイトスピーチ」と言っちゃうんだなあ。韓国政府や韓国人について、池上さんはかなりオブラートに包んで発言して、「日本人は韓国に対してもっと大人になれ」というのが結論だったんだけどねえ。

たまごどんの番組の感想?結局これが結論かよ!でした。

top
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ