将棋

2020年07月22日

ミクロコスモスを解説する

さて、今日は最も長手数の詰将棋の解説に挑戦しようと思う。その詰将棋は、1986年に当時早稲田大学の学生だった橋本孝治氏が発表し、ミクロコスモスと名付けられている。たまごどんの解説の目標は、「将棋を知らない人にも、ミクロコスモスが長手数となるメカニズムについて理解できる」だ。

プロ同士の将棋は平均して120手前後、入玉模様になって200〜250手程度だ。世界最長の詰将棋は何手詰なのだろうか。正解は1525手詰。

まずは初形から見ていただこう。なんじゃこりゃ!攻方の玉以外は全ての駒が使われている全駒配置だ。こんなの解ける訳がない!
ミクロコスモス(初形)

大丈夫だ、水先案内人のたまごどんがついている。まずは18手進めた画面に進めよう。ここから魔法が起こる。手順は▲6三歩打△7二玉▲8三と△6三玉▲8四と△8三桂打▲7四と△6二玉だ。この8手進んだ局面(26手目)を並べてみよう。
1_持駒変換

18手目と26手目とを比べると、盤面が全く同じ配置で、攻方の持駒が歩から桂馬に変わっている。これが持駒変換という機能だ。18手目の局面になると、同じ手順を経て歩あるいは香を桂馬に変えることが可能だ。

続いて、盤面の51から11までの成駒に注目してほしい。26手目から▲61と〜▲12成香と動かすことで玉を二段目の好きな位置に送ることが出来る。これを「と金送り」とか「金知恵の輪」という。

持駒に桂馬を持ち、と金送りで王様を動かすと、玉方の香車が横に動く機構が出現する。原理はこうだ。玉方の合駒選択は歩と香と桂。その中で桂馬はここでは打てない。もし打つと、持駒変換の手順に出てくる桂合が出来なくなり、詰んでしまう。玉方は歩があるうちは歩を打ち、持駒変換で香桂交換になったら歩切れの玉方は泣く泣く香合をするという仕掛けだ。こうして香車が横に動くことになる。

いや、ここの解説は読み飛ばして構わない。香車位置変換により、玉方が香を合駒することで香車が横に動くこの仕掛けのイメージを持ってくれれば十分だ。102手目、162手目、266手目を並べておこう。玉方の香車と歩の配置しか変化していないことが分かる。
2_香車位置変換

竜が24に、香車が34になったときに盤上の別の駒が働くことになる。それが99馬だ。76歩で盤の隅にいた馬が戦線に加わる。この馬が次に動くのは89で、その時は1筋に香が配置されてなくてはならない。馬が次に進むのは88だ。馬がノコギリの刃のように進むので馬ノコと呼ばれるが、この馬ノコを進めるためには、持駒変換+と金送りをして香車位置変換のうち一手だけ指し、さらに持駒変換+と金送りをして香車位置変換を一手だけ指し…、を繰り返す必要がある。

ようやく見えてきた。ミクロコスモスは3つの歯車が組み合わさって出来ているメカニズムで構成されているのだ。これを図示しよう。
ミクロコスモスのメカニズム

一つ目の歯車は持駒変換+と金送りだ。これが進むことで2つ目の歯車である香車位置変換の一手が進む。これを進めるためには桂馬が必要なので、持駒変換してと金送りをして、香車位置変換の一手を進める。そして香車位置変換がある配置になったところで、3つ目の歯車である馬ノコの一手が進む。馬ノコが99馬から88馬に進むためには実に340手が必要だ。そして馬は66まで進めなくてはならない。馬ノコの局面をピックアップした。手数に注目してほしい。それぞれ285手目、625手目、973手目、1321手目だ。1321手目の局面に、馬の軌跡を赤矢印で示した。
3_馬ノコ

66馬からは収束に入る。13香の形にしてから竜を切り飛ばし、玉を中段に追いかける。66馬はこの時の脱出防止のためだった。

どうだろう。たまごどんは今回の記事を書くために相当な時間を費やしているが、将棋を知らない方にも「なるほど!」と膝を打って頂けたであろうか。

ミクロコスモスの詰手順の解説動画のリンクを貼っておきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 21:11|PermalinkComments(0)

2020年07月18日

藤井棋聖の誕生

藤井聡太七段が渡辺明棋聖に挑戦した第91期棋聖戦は、3勝1敗で藤井七段が奪取し、藤井棋聖が誕生した。17歳11か月でのタイトル保持は最年少記録となる。余談だが彼の誕生日は7/19なので、17歳のタイトルホルダーを見れるのは今日までとなる。

最終局となった第4局も、将棋の内容が素晴らしかった。8筋にと金をつくり、飛車の取り合いを望んだ38銀から、逃げ道封鎖の86桂。渡辺玉はがんじがらめとなった。彼はコロナ騒動で対局がつかなかったときに研鑽したのだろう。また一層の凄みを身に纏った感じがする。思えば挑戦者決定戦での永瀬二冠戦から、尋常でない強さだった。それにしてもだ。名人戦に挑戦中で棋界最強の呼び声高い渡辺三冠からタイトル獲っちゃうかねえ。

少年ジャンプ編集者だったら、「いくらなんでも…。もう少しリアリティがないと読者は引いちゃいますよ。」とアドバイスするだろうが、事実は漫画よりも奇なのだ。

「諸君、脱帽したまえ。天才だ」
この台詞は、若きショパンをウィーンの楽壇に紹介したシューマンの言葉だそうだ。しかし現代日本では藤井聡太さんを紹介するときの枕詞となったようだ。おめでとうございます、藤井棋聖。

wst2007170012-p1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 06:46|PermalinkComments(0)

2020年07月09日

鬼となった渡辺棋聖

渡辺棋聖に藤井聡太七段が挑戦する第91期棋聖戦、カド番に追い込まれた渡辺棋聖が鬼の指し回しで、藤井七段に完勝した。たまごどんは会社の和室で、将棋部員とリアルタイムで見ていたのだ。トッププロの終盤の迫力に唸りながら、至福の時間を満喫した。

渡辺棋聖が意地を見せたな。今後も藤井七段とは死闘を続けなくてはならない。彼に勝つために練りに練った作戦をブツけて、貴重な一勝を捥ぎ取った。今期の棋聖戦は実に面白い。

思い出すのは羽生さんが初めて名人戦に挑戦したときの第四局だ。米長名人が6七玉という棋士の本気の手を指し、以降は羽生さんに将棋を指させなかった。この名人戦は4勝2敗で羽生名人が誕生することになる。

おっと、ついつい藤井さんへの期待が溢れてしまうな。

※6七玉の情報がネットに無いことに気付き、たまごどんは憤慨した。仕方ないので、当時の棋譜から再現しました。先手が米長名人、後手が挑戦者の羽生棋聖です。
第52期名人戦第四局 米長名人vs羽生棋聖


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:46|PermalinkComments(0)

2020年06月23日

藤井七段、王位戦の挑戦者となる

王位戦挑戦者決定戦で藤井七段が永瀬叡王・王座を破って、初の王位戦挑戦権を得た。これで藤井七段は棋聖戦と王位戦でのダブル挑戦となる。永瀬さんは辛いな、藤井七段に往復ビンタされてしまった。

新型コロナで対局が出来なかった時期に、藤井七段はまた強くなったようだ。木村王位にも頑張ってほしいけど、たまごどんは藤井七段有利と判断しています。理由は藤井七段が強いから。


2017年の加古川清流戦で都成竜馬四段と藤井聡太四段が対局し、都成さんが優勢と思われた局面から藤井四段が逆転した。この将棋を解説した勝俣六段と藤森五段の感嘆交じりのやりとりは伝説となっている。
勝俣六段「都成くんの何が悪かったの?」
藤森五段「相手です!」


20200622-OHT1I50268-L


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:06|PermalinkComments(0)

2020年06月06日

藤井七段、棋聖戦に登場!

藤井聡太七段が棋聖戦挑戦者決定トーナメントで佐藤(天)九段と永瀬二冠(王座・叡王)を破り、棋聖戦挑戦権を獲得した。彼は屋敷九段の記録を31年ぶりに塗り替え、タイトル挑戦の最年少記録者となった。

棋士も新型コロナウィルスによる影響を受けている。名人戦も叡王戦も延期されたし、三段リーグのスタートも遅れてしまった。棋聖戦挑戦者決定トーナメントは準決勝から延期されていて、藤井七段のタイトル挑戦最年少記録は絶望視されていた。

しかし、日本将棋連盟は関係者と話し合ったのだろう。棋聖戦準決勝を6/2に、棋聖戦決勝を6/4に、そして棋聖戦の第一戦を6/8に行うことにした。この過密日程は普段ならあり得ないが、藤井七段の最年少タイトル挑戦を期待したものに疑いはない。粋な計らいだと思うし、新型コロナ騒動がなければ最年少記録には挑戦できていたのだしな。

だからといって、棋士が忖度して藤井七段に負けてあげることはあり得ない。一流の棋士になるほど、チャンスを確実にものにすることがいかに重要かを、骨身に染みて知っているからだ。藤井七段の棋士レーティングは1位、通算勝率1位(8割超え!)であり、まださらに強くなる可能性を秘めている。彼を叩くとしたら、今しかない!

佐藤九段戦では優勢になってから手厚く佐藤九段の大駒を封じ込めた完勝だった。永瀬二冠戦では、永瀬流の粘りの手に対し、そっぽに成った27銀成で先手の攻めを誘った。こんな指し方も彼は出来るのか!たまごどんも日本将棋連盟中継ライブの画面から目が離せない。

藤井七段の棋聖戦挑戦が決まったのは19時44分のことだ。そして棋士レーティング1位と2位が番勝負で雌雄を決することが決まった。渡辺明三冠も対策はしているはずだが、どんな将棋を魅せてくれるのだろう。あと、藤井七段は和服の準備が間に合うのだろうか。杉本師匠も大変だよ。記録を破られた屋敷九段のコメントもよかった。

たまごどんには予感がある。もしこの棋聖戦で藤井七段が戴冠したら、彼を段位で呼ぶ機会は当面無くなるだろうと。当面ってのは10年間くらいのイメージです。
202006040000643-w1300_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 06:26|PermalinkComments(0)

2020年03月07日

惜しくも西山朋佳さんは次点

今日は奨励会三段リーグの最終日であり、西山朋佳さんは四段昇段の目を残して2番を戦った。彼女は2連勝で全日程を終了し、通算成績は14勝4敗だった。しかし競争相手の服部慎一郎三段、谷合廣紀三段が崩れなかったため、同星の頭ハネでプロ棋士への切符は西山さんに届かなかった。

次点を捥ぎ取ったことは立派だし、彼女は人事を尽くした。来期こそ女性初のプロ棋士誕生を見させてほしい。

谷合さんは東大大学院の博士課程に在籍する英才で、「Phytonで理解する統計解析の基礎」という本を執筆している。彼はプロ棋士志望と聞いているが、ドクターコースでの研究と将棋棋士が両立するほど棋士は甘くない職業だし、どうするんだろう?東大卒の棋士は片上大輔七段と渡辺弥生女流初段がいる。

これを書くために片上さんを検索したら、彼は北尾まどか女流棋士と離婚していたそうです。ビックリしたなあ。

今期の奨励会三段リーグ成績を貼っておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:58|PermalinkComments(0)

2020年02月25日

将棋YouTuberがプロ編入試験に合格した

将棋界にプロ入りするには、26歳までに奨励会三段リーグを突破する方法と、プロの編入試験を受験して規定の成績を残す方法とがある。後者の方法は瀬川晶司六段が切り開いた道だ。

元奨励会の折田翔吾さんはアマ棋戦で活躍し、プロとの対局に勝ち進み、棋士編入試験受験資格「現在のプロ公式戦において、最も良いところから見て10勝以上、なおかつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア・女流棋士の希望者、四段以上の正会員の推薦のある者」を満たして受験していた。

彼のユニークな点は、受験費用をクラウドファウンディングで募ったところだ。結構な額が集まると、彼は受験対策に乗り出した。時間設定を本番に設定し将棋強豪と対局したという。その将棋をアゲアゲ将棋YouTuberとして解説したそうだ。時代、でもあるんだろうな。たまごどんは、自分の夢のために手段を尽くす姿勢がむしろ好ましく思っている。

折田さんはプロ編入試験で本田圭五段に競り勝ち、通算3勝1敗でプロ編入試験に合格した。うむ、見事なり!本田五段は現在棋王戦に挑戦している新進気鋭の若手棋士だ。たまごどんは、「ここは負けるだろうから、最終戦になるんだろうな」と考えていた。これからはプロ棋士の折田翔吾さんとなる。頑張ってほしい。
e4d05eb6-s














元女流棋士の竹俣紅さんが、フジテレビのアナウンサーに内定していたそうだ。これもまた人生だな。頑張れ、紅ちゃん!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:24|PermalinkComments(0)

2020年02月04日

藤井聡太七段のB級2組昇級

今日はC級1組順位戦の9回戦があり、ここまで全勝の藤井聡太七段が勝つとB級2組に昇級が決定する。相手は高野秀行六段。今期は6勝2敗で、昇級の目も僅かながら残っている。将棋は角換わりに進んだ。

高野さんは藤井七段対策を嫌というほど練ってきたという。高野六段から見ると、極めて近い将来、将棋界の第一人者になるだろう藤井七段と、順位戦という本場所で戦えるまたとないチャンスなのだ。先番は藤井七段だが、彼に勝って天下に「高野ここにあり」を示したい。それは昇級よりも大きなことなのかもしれない。

藤井七段の模様が良いのだろうと思っていたが、6七銀と絡まれたときにどうするのかがたまごどんには分からなかった。藤井さんは明確な解答を示してくれた。3四歩、3二金、5五馬(図)、桂馬を取った5五馬が決め手だった。以下7八銀成、同玉、55銀と進むが、銀のキキが3三から無くなり、3三銀が詰めろで入る。となると、3四桂に3一玉が敗着だったのだろうか。彼はどの段階から5五馬で勝つプランを見ていたんだろう。

C級1組順位戦はもう一局を残している。C級で指す最後の1局は消化試合だが、彼は全力で勝ちに向かうだろう。来期はB級2組初参戦となる藤井七段だけど、もちろん大本命となるはずだ。

おめでとうございます、藤井七段!
藤井七段の決め手



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:55|PermalinkComments(0)

2020年01月29日

谷川さんのB級2組陥落

永世名人資格を持つ名棋士の谷川浩司九段がB級2組に陥落した。

伝家の宝刀である角換わり戦法が、AIによって解析されつつあるのが痛いのかな。陥落が決まった千田戦は、全く谷川先生らくしくない凡戦でした。

丸山さんの例もある。頑張れ、谷川九段!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 07:35|PermalinkComments(0)

2020年01月16日

藤井聡太七段、C1順位戦で無傷の8連勝

本日アプリで配信された小林裕士七段と藤井聡太七段のC級1組順位戦をアプリで観戦した。


なんかね‥もうね
藤井聡太七段が強すぎる!

もともとの終盤の精密さに加えて、序盤からでも仕掛けていく速さがある。デビュー当時の29連勝よりも更に強くなっているんじゃないかな。

これは他の棋士が色めきだつ訳だ。豊島名人竜王も渡辺三冠も永瀬二冠も、彼と戦うための準備と覚悟をしているんだろうな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:14|PermalinkComments(0)
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives