たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

将棋

富山県アマ名人戦予選

結果は‥

本戦トーナメント2回戦負け





だめだこりゃ。

藤井四段の才能

加古川青流戦の都成竜馬四段と藤井聡太四段の一戦を紹介しよう。都成竜馬四段は、えちぜんピョンも認める若手有望株のイケメン棋士だ。今期の成績は5勝2敗。特筆することはその2敗がいずれも藤井四段によるものだってことだ。藤井四段と早くも三度目の対戦になる。もう負けられないよね。都成四段が先番である。

ゴキゲン中飛車から陣形を厚くし、藤井四段の玉が3筋で漂っていると思われた89手目の局面を示す。藤井四段の次の一手は相当に見えない。
都成四段vs藤井四段(1)










ここで藤井四段が指した手は△1五歩!端攻めなのだ。このタイミングなら入るということか。確かに先手玉の弱点は端だが、むき出しの自玉なのだ。突き捨てが入ったのを確認してから、4ニ玉と落ちる。
89手目から△1五歩▲同歩△4ニ玉▲3四歩と進行したのがこの図。ここでたまごどんにとって驚愕の手が出る。
都成四段vs藤井四段(2)










藤井さんは△7ニ飛と指した!この手が何故凄いかというと、▲6一銀が激痛に見えるのだ。どこに飛車が逃げても▲2四角で生きた心地がしない。先手は金銀四枚に守られた要塞だ。飛車を横に逃げて凌ぐのかな‥
以下は▲6一銀△7六飛!▲2四角△4一玉▲3三歩成と進む。飛車は縦に使うのか!藤井さんの凄みは、この玉形で凌げていると見切っていることだ。7ニ飛の段階、いやもっと前の局面でここまで見切り、指せると判断する。これは強すぎでしょう!!

勝又六段と藤森五段の解説で、歴史に残るだろうやり取りがあった。
>勝又六段が「(都成四段の)何が悪かったの?」と問いかけると、藤森五段は「相手です」と答えた。

この勝利は、若かりし羽生さんの順位戦での必至逃れを彷彿とさせるなあ。大駒を王手で配置して3ニ歩で詰みを逃れた名局である。とにかく藤井さんの才能は本物だ。こりゃなんとしても藤井四段扇子を手に入れなくては!

都成竜馬四段は新人王戦で優勝している実力派イケメン棋士だ。27歳で独身です。
都成竜馬四段

イケメンの佐々木勇気五段

藤井四段の30連勝を阻止したのが、佐々木勇気五段である。現在23歳だが、プロ入りしたのは16歳だから、もう7年目になるのか。順位戦はC級1組である。2016年度は最多対局賞を受賞した。対局が多いということは、トーナメントで出来るだけ勝ち続けること、番勝負を戦うことが重要であるので、佐々木五段の実力も相当なものだ。最近は横歩取り6八玉という戦型で脚光を浴びた。通常の横歩取りでは角交換後の2七角に備えて5八玉とするのだが、2七角を先手で打たれて馬を本当に生還させないのだろうか。

佐々木勇気さんは将棋界でも有数のイケメンで、よく和服を着ることから和服王子と言われているそうだ。そういえば今期NHK杯でも和服で挑んでいたなあ。女性ファンの胸キュンキュンがいっぱい詰まったブログもなかなか読ませてくれた。たまごどんは中村太地六段推しだけど。

棋士は難しい局面になると眼光が鋭くなる。羽生さんだって、若いときにはついつい相手を睨みつけていたのだ。棋士の怖い顔は真剣に読んでいる証なので、女性ファンも大目に見てやって下さい。往年の米長名誉棋聖の眼光もかっこよかったんよ。

おそらく日本のどこかで、腐女子たちはこんな妄想を繰り広げているのだろう。藤井少年に格の違いを見せつけた和服の佐々木勇気五段が、「藤井‥まだ俺には勝てないよな。」と言いながら、藤井少年のネクタイを掴み‥(BL妄想が暴発中)。やっぱり佐々木さんは棋風通り攻めなんだろう。

s_y1

加藤一二三という男、ありけり

今、NHKで放映されている加藤一二三という男、ありけりを見ている。やっぱり面白い先生だなあ。ひふみんがクリスチャンになったのが昭和46年ということは今回はじめて知った。

ひふみんの引退については、ここここで書いています。

2017062900015_1



藤井四段が29連勝

藤井聡太四段が竜王戦本戦トーナメントで増田四段を破り、29連勝を達成した。この勝ち方がまあ強い。5三桂と6五桂という重い形をキレイに捌いて、万全の態勢で寄り切った。

たまごどんも藤井四段の扇子が欲しいなあ。彼、年内にタイトルを獲りそうなんだよなあ。

20170525-OHT1I50124-T

ひふみんの本当の引退

たまごどんは以前ひふみんの引退を取り上げたことがある。C級2組順位戦で三度目の降級点がつくと、棋士はその年度の棋戦に全て敗れた時点で引退しなくてはならない。ひふみんは残った唯一の棋戦である竜王戦6組昇級者決定戦の一回戦に挑んだ。相手は高野智史四段。新進気鋭の若武者だ。

ここまで来たら、矢倉を指さない訳にはいかんでしょう。加藤一二三先生に矢倉で教わるラストチャンスだ。局面は後手番である高野四段の端攻めが決まり、形勢の針は後手優勢から勝勢へと進んでいく。高野四段がトドメの2八飛を指した。ここからは日本将棋連盟ライブ中継から引用しよう。

**********************************
(2八飛は)19時48分の着手。▲5七玉は△6七金まで。▲3八合も△3六桂と打てばよい。詰みまでの手数は長くない。加藤は少しの間、盤上から視線を外した。19時51分、加藤は席を立つ。しばらくして、記録係が加藤側に残り時間の早見表を出した。加藤は残り1時間。高野は正座を崩さずにいる。20時3分、加藤はまだ戻らない。高野も足を崩した。対局室は長い沈黙が続いている。20時9分、加藤が戻ってきた。

加藤は(3八角と)指した。そして盤側にいる観戦記者に「今日は感想戦無しで。後日感想を送ります」と声をかける。

(3六桂と打たれ)この局面で加藤が投了した。(中略)加藤は本日をもって現役を引退。

終局後の感想戦は行われず、加藤はすぐに将棋会館をあとにした。高野は終局後、次のように話している。「加藤先生の引退がかかった一番ですから、全力でやろうと思いました。加藤先生は以前に指したときよりも気迫を感じました。最後の対局相手になれたことを光栄に思っています。」(以下略)

***********************************

どうだろう。棋士の男気が伝わっただろうか。それと、御年77歳のお爺さんが将棋に負けて悔しがる姿も、引退せざるを得ない状況に抗う姿も、棋士の本気なのだ。加藤九段の対局数は2505局(歴代1位)、1324勝は歴代3位、1180敗は歴代1位で、そのキャリアには木村、升田、大山、中原、米長、谷川、羽生、そして藤井さんとシノギを削った勝負将棋がある。

今日は中原さんとの第40期名人戦(持将棋1局、千日手2局を挟み、フルセットを戦った十番勝負)で名人を奪取したときのカッコいいひふみんの写真を飾ることにしよう。お疲れ様、加藤九段。
252343_photo

藤井四段、26連勝達成!

将棋界のニューヒーローである藤井四段が順位戦に登場した。初戦の相手は瀬川五段。サラリーマンからプロ試験に合格したという異色の棋士だ。たまごどんとしてはどちらにも肩入れできず、二人とも頑張れとしか言いようがない。両者共に居飛車党なので、激しい将棋になるのだろうな。中盤の飛角交換から瀬川さんが苦しくなったようで、飛車を追うために3八桂と投資した局面では後手の藤井さんが優勢だ。しかし、ここからの瀬川さんが強かった。7筋の攻めを余しつつ、遊び駒だった3八桂を4六に跳躍させたのが91手目のこの局面だ。これで難しくなった。いやむしろ瀬川さんの方が優勢か?

91手目 4六桂










藤井四段は38分を投入して6三金と躱した。本譜は5四桂、同金、6六桂と進んだが、6六桂ではなく5五銀ならどうなったのだろう?8八歩成なら5四銀と開き直る。ここで先手玉に詰みがあるのかどうかがたまごどんには分からなかった。アプリの解説には4六桂が優ったとあり(3四の地点を封じていて、自玉も広くなる)、実際その通りだと思うが、これでも瀬川さんが負けていると思う。

瀬川さんも全力で戦ったが、藤井さんを止めることはできなかった。藤井さんの対局予定を見ると、27戦目は東大生との朝日杯、28戦目は澤田六段との再戦となるようだ。最多連勝タイ記録がかかった一戦が澤田さんとはねえ。こういうのも巡り合わせなのだろうな。ここを突破すると、竜王戦本戦トーナメントが29戦目だ。相手は増田四段で、もちろん強敵だ。

たまごどんは藤井四段をリスペクト&応援しています。

藤井聡太四段、20連勝

たまごどんは日本将棋連盟アプリを購入した。月額500円近くかかるが、これも藤井四段のためだ。昨日の相手は澤田六段。彼だっていすれタイトルを争う棋士になると目されている若手実力者だ。舞台は棋王戦の予選トーナメント決勝で、これに勝つと本戦トーナメントにコマを進めることができる。

10時から始まった対局は相掛かり腰掛銀となり、後手番の藤井四段の誘導で千日手となった。指し直し局も相掛かりとなり、お返しとばかりに澤田六段は徹底した手待ち作戦をとる。先手の藤井四段は4五歩と打開した。局面は藤井さんが受け切るかどうかの局面になりそうである。

澤田六段の7二桂に、藤井四段は6三歩成〜4三角成〜5二銀と攻め合いを選んだ。この時点で、藤井四段の持ち時間は1時間以上あるのに対し、澤田六段の持ち時間は僅か8分である。優勢を意識した澤田六段は、6六とまで藤井玉の包囲網を築いた。

藤井さんは4三銀成。この手は詰めろでないので、詰めろが続けば澤田六段の勝ちだ。7七金の縛りに、藤井さんは6八歩と受けた。次の詰めろは必至になるが、さらに銀を渡さなければならず、澤田玉は詰むか否かの勝負になる。とにかく澤田六段には時間がない。局後の感想戦によると藤井四段に誤算があり、4三銀成は敗着になりかねない手だったそうだ。澤田さんは銀を渡して必至をかける局面を選んだ。あとは藤井さんの王手ラッシュをしのげるかどうか。

問題の局面がここ。121手目の7六桂だ。取ると6七歩で詰めろが消える。7五玉は7七角成〜6六銀以下、詰んでも文句は言えない。澤田六段は1分将棋で、指運にすべてを託すしかない。彼は同金を選択した。検討では7五玉で後手玉に詰みはなく、澤田六段の勝ちだったようだ。この将棋は155手で藤井四段が勝ちをもぎ取った。
121手目 7六桂











この将棋は、彼の公式戦ではっきり負けとなった初めての将棋だった。その局面に持ち込んだのは澤田さんの実力と執念だ。一人千日手で体制を崩さずに、先手の仕掛けを受け止めた。神経をすり減らす手順で消費時間に差がついたことも敗因の一つなのだろう。将棋界一の賞金首である藤井四段を相手に、「澤田ここにあり」を示した一局だった。

藤井さんはこれで公式戦20連勝だ。連勝には不思議の勝ちがつきもので、神谷八段が持つ連勝記録(28連勝)も見えてきた。竜王と棋王の本戦トーナメントに進出した藤井四段から、ますます目が離せません。

藤井四段に期待しよう

最年少棋士・藤井聡太四段と一流棋士が非公式戦で対局する「炎の七番勝負」は藤井四段の6勝1敗で終了した。将棋界の絶対王者である羽生さんにも勝ったのだから恐れ入る。彼の場合は、まだ強さに底を見せていない感じがあって、この先どうなるのかという期待と不安があるなあ。囲碁界にイ・チャンホ(李昌鍋)が登場したときもこんな感じだったんだろうか。彼が「20歳までに世界チャンピオンになりたい。」と発言したとき、藤沢秀行名誉棋聖は笑ってこう返したそうだ。「ずいぶん謙遜したね。」それもそのはず、李昌鍋は当時まだ13歳だった。

炎の七番勝負は大変面白かった。藤井四段は公式戦で負けなしの13連勝。彼の将棋は逆転が少なく、序盤でポイントを上げていて、バランスが取れていると思う。終盤の剛腕で引っくり返していた羽生四段より強いのは間違いない。中終盤が鬼だった羽生さんの強さが完成したのは、田中寅彦九段戦などで序盤の大事さを学び、序盤センスを人一倍磨いてからだ。

たまごどんが次にしてほしい一戦は、藤井聡太四段vs 最強の将棋ソフト PONANZAとの番勝負だ。電王戦が終わってからになるだろうが、実現してほしいなあ。AbemaTVさん、お願いしますよ。
fujiiSota_7_main

桐山九段を語る

今日のNHK杯戦は桐山九段と飯島栄治七段との一戦だった。今期で加藤一二三九段と森けい二九段が引退するため、将棋界の最年長は桐山清澄九段となる。相手の飯島七段は前期までB級1組に在籍した実力者だ。御年69歳の桐山さんには厳しい相手である。先手は桐山九段だ。

桐山さんはA級に14年在籍し、棋聖3連覇と棋王を獲得し、タイトル戦になる前の王座戦や第1回全日本プロ将棋トーナメントで優勝した名棋士だ。名人戦では中原さんが4-1で桐山さんを退けている。たまごどんは中原さんの将棋本で強くなっていったので、同年代のライバルだった桐山さんはよく知っているのだ。言動がひふみんや森九段ほど目立たないのでキャラ的に損をしているが、実力者だった。

飯島さん相手に良くなった局面もあったみたいだが、駒を渡せないという制約が大きく、勝ちきれなかった。7四桂の前に2二とと捨ててスピードアップを図るべきだったのか。2三飛成が時期尚早だったのか。少し先手がよさそうな局面だとたまごどんは判断したが、受けも攻めも条件が多いようなので、実際は後手が勝ちやすい局面かもしれない。

桐山九段には残念な結果となったが、相居飛車の切り合いの将棋を往年のファンに魅せることができた。次は桐山九段の代名詞である「いぶし銀」を見たいです。
o0368025813920201962


Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ